マウスよりウルトラブックLuvBook-Xシリーズ発売

2012年6月16日

マウスコンピューターより、ようやくウルトラブックが発売。

マウスと言えば新製品の発売が早く、ドスパラやパソコン工房を牽制するような低価格が特徴と思っておりましたが今回は遅め、しかも価格が約9万円なので安いとは言えず。意図が良く解らない新製品。

適当に見て参りましょう。

マウスのウルトラブック、直販モデル「LB-X200S」は約9万円

2012年6月15日発売。ニュースリリースは3日くらい前に出ておりましたが詳細が判らず待ち、当日これを書いております。

イメージを販売ページより。

luvbook-x-985.jpg

この画像の見せ方は上手い。Xをイメージしていると思われ、1枚でノート正面と背面のデザインが判る見せ方。

直販モデルの最安は正確には89,880円。主な仕様は

  • OS:Windows7 Home Premium 64ビット
  • CPU:Core i5-2467M(1.6-2.3GHz、2コア/HT対応、3MB)
  • グラフィック:インテル HD グラフィックス3000
  • メモリ:4GBx1(PC3-10600)※最大4GB
  • SSD:120GB(SATA3、ADATA製)
  • モニタ:11.6型ワイド光沢液晶(解像度:1366x768
  • 無線:IEEE 802.11b/g/n、Bluetooth4.0+LE
  • バッテリ駆動:約5.5時間
  • 重量:985g
  • 厚み:17mm

量販店モデルはCPUがi7-2657Mになりプラス1万円。

通販モデルは、OSがPro~になると約9.5万円(+0.5万円)、更にマイクロソフトオフィスPersonal 2010が付くと約11.5万円(+2万円)へ。

カスタマイズで良さそうな価格幅の3段階では有りますが、なぜかは完成品として3機種となっておりカスタマイズ無し。

パーツ選択のページは、光学ドライブやマウスなどの外付け機器のみ となっており、ほぼ何も選べず、OSのエディションやオフィスの有無さえ選択は無し。

構成で気になる箇所は、なぜか今更SandyBridgeが搭載。他社がIvyBridgeに乗り換え新発売している時期に良く判らない新発売。

その他はウルトラブックに有りがちなメモリ4GBx1が最大となっていたり、SSDは割安になって来た120GBを搭載。ADATAの120GBは2種類、現在の最安は8~10千円。メーカーまで書くなら型番も記載して欲しい所。

SSDの割にバッテリ駆動が短い原因はバッテリそのものの容量が少ないのでしょう。CPUは省電力、光学ドライブ無し、そしてSSD、ここまで省電力化して5.5時間(しかもJEITA測定)は短い。

特長は重量と厚みで、1kg切りは珍しく、17mmはMacbook Air並。個人的にはだからどうした思うものの、本当にノートを持ち運ぶユーザや、うすうすマニアには利点と言えましょう。

 

難点ばかりが目立つ「LB-X200S」の性能と価格と時期

いつもは利点と難点を同数としバランスを取っておりますが、今回は難点が多く利点が皆無と言えるほど。

個人的なマウスコンピューターの印象は、他のBTOメーカーと比較し

  • (提案が)上手い
  • (価格が)安い
  • (新製品が)早い

今回のウルトラブックは上手いとは思えず、安いとも言えず、今更な旧製品という印象がございます。

薄さと軽さ以外の特長が皆無な完成品ノート

LuvBook-Xのデザインが良いかどうかは個人の趣味なので別として、1kgを切る軽さは凄いけれど11.6型なので一般的な13.3型ウルトラブックより軽くて当然。その軽さの為にバッテリ駆動時間が短いならモバイル用途として矛盾しておりましょう。

薄さ17mm、最薄部5.5mmも凄いけれど、私にはなぜ薄いノートが良いのか理解できず、やはりここでもバッテリ容量に無理が出ている原因と推測。

OS(Windows7)のエディションさえ変更出来ない本当の完成品の為、これならLenovoやAcer、ASUSのウルトラブックで良いのでは。

まずい事に延長保証まで選択が無く標準の1年保証のみ。マウス側でさえいじらないベアボーンと思われ、故障すると修理費用が高額になり詰むパターン。

9万円なら型落ちのdynabookが買える価格

約1ヶ月前にASCIIを参考に作った一覧。

ウルトラブックの価格と性能の比較を一覧(2012年5月現在)

左の2つは完売なのでスルー、他メーカーも価格が下がっている物が有り。

この古めな一覧から見るとMacbook Airが近い性能なものの、Macより1万円も高いWindowsノートという事に。

右端のdynabookは現在最安は9万円。マウスと同等の構成かつWiMAXなど付加価値が多く、とどめはオフィスのHome and Businessが付いているので2.5万円の価値とするとオフィス無しのマウスのウルトラブックを選ぶ理由が無くなりましょう。

DELLの事としても書いたけれど、安くないマウスのパソコンを選択肢に入れる理由が無いわけですな。  

Ivy Bridgeと比較しメモリとグラフィック性能で劣る

Sandy Bridgeとの比較を簡単に書き出すと、Ivy~は

  • CPUに内蔵のグラフィック性能(インテルHD~)が向上
  • インテル7チップセットなら限界がPC3-12800へ向上
  • CPUそのものの性能または省電力性が向上

CPUやチップセットの価格は大して上がっておらず、今ここでSandy Bridgeで出してしまう意味が解らない。

半年以上前の新製品を今のタイミングで新製品として出すなら、それなりに価格が下がっていても良さそうなものの、9万円は高過ぎでしょう。

量販店モデル有り、基本的に完成品な事から、売れ残りベアボーンを大量に買い叩いたかと思いきや、この価格と性能で勝負するのはマウスらしく無い。

 

マウスよりウルトラブックLuvBook-Xシリーズ発売(まとめ)

何を考えているのか解らない程に高額。競合出来ない型落ちや値下がりパーツでの構成。そしてカスタマイズ出来ず、保証さえ伸びないマウスコンピューターのウルトラブック。

マウスは量販店モデルを分けており、直販(通販)モデルは自社サイト以外では販売せず、ショップ在庫なども流れないので値下がりは期待出来ない売り方。

BTOパソコンなら、メモリが今なら8GB、HDDが今なら1TB、など有るけれど、OSさえ変更出来ない仕組ではそれも期待出来ず。

  • Windowsで無くとも良いならMacbook Airが約8万円
  • 同じ性能でオフィス入りが良いならdynabookが約9万円
  • 安く高性能なウルトラブックが良いならASUS製が約8万円

どうしても11.6型で1kgが切れて最厚部でも17mmのWindowsウルトラブックが必要という限定されたユーザ以外には魅力の無い製品。

ASCIIが軽めにレビューしているので一部引かせてもらうと

バッテリーベンチは実測4時間18分と重量を考えるとまずまず。インターフェースは少なめですが、USB3.0を搭載し、1キロを切る軽さは大きな魅力です。

JEITA測定法(画面暗くしたりデタラメ)なら5.5時間。5時間以上がウルトラブックの要件になっておりますが、ASCIIの実測では余裕で切れている御様子。

USB3.0はIvy Bridge(インテル7チップセット)なら標準搭載なので特長に非ず。小型だから1kgを切ったのでしょう。

今回は量販店のオマケのような罠モデル。次回作に期待。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。