約3万円の激安ノート「Lesance NB P3534-SP」発売

2012年6月19日

レサンセの3万円ノートが6月16日発売で復活。

以前、パソコン工房が貸してくれた2011年末発売、3万円のレサンセ ノートは4月に完売。約2ヶ月を空けての新製品は性能がやや上がっております。6万円のウルトラブックに移行かと思っていた所、この価格は凄い。

今回は借りておらず、通販ページを適当に拝見。

いつも通り私が勝手に評価するシリーズで、パソコン工房から依頼されたわけでも金を貰った提灯記事でもございません。

 

「Lesance NB P3534-SP」29,980円(送料無料)

販売期間や台数は不明。パソコン工房のページでは夏のボーナス特別企画となっており、以前のレサンセと同様に予約販売中。

Lesance-NB-P3534-SP-bnr.jpg

価格は約3万、4万、6万、7万円(現在6.5万)の全4機種。 

lesance-2012-06-16-series.jpg

6万円以上なら同じレサンセシリーズのウルトラブックが買えてしまうのでスルーでしょうな。

性能のバランスから用途を考えると、CPUよりとSSDが付く分、こちらの方がストレス無く使えましょう。

ultrabook-lesance-2012-06.jpg

ちなみに、先日パソコン工房へ「このウルトラブックのSSDはキャッシュ用か」と問い合わせたところ「違う(独立した起動(C)ドライブ)」との回答有り。関係無いけれど、ドスパラからは未だに回答無し。

というわけで、3万と4万円のレサンセ2種類を見て参りましょう。

 

「Lesance NB P3534-SP」は29,980円(送料無料)

3万円の新レサンセ、主な仕様は以下の通り。

  • OS:Windows7 Home Premium 64bit(32bitとのセレクタブル)
  • CPU:Celeron B815(1.6GHz、2コア/HT無、2MB)
  • グラフィック:インテル HD Graphics ※CPUに内蔵
  • チップセット:インテル HM65 Express
  • メモリ:2GBx1(DDR3-1333)※空きスロットx1
  • HDD:320GB
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • モニタ:15.6型ワイド光沢液晶(解像度:1366x768
  • LAN:無線IEEE802.11b/g/n、有線1000Base-T対応
  • その他:USB2.0x3、D-Subx1、HDMIx1
  • バッテリ駆動:約3時間10分(JEITA測定)
  • 重量:約2.4kg(バッテリ含む)

完売の旧レサンセ(LNB-7HP-P3533-SP)の仕様はこれ。

  • OS:Windows 7 Home Premium(OEM版 32/64bitセレクタブル)
  • CPU:Celeron B800(1.50GHz、2MB、2コア/HT無、TDP35W)
  • チップセット:Intel HM65 Express ※CLEVO W255HU(W240HU/W250HUQ)
  • グラフィック:Intel HD Graphics(CPUに内蔵)
  • メモリ:2GBx1枚(PC3-10600)最大8GB、空きスロットx1 ※ASink製
  • HDD:320GB(5400rpm、8MB) ※SAMSUNG HM321HI
  • DVD:スーパーマルチドライブ ※東芝サムスン SN-208
  • モニタ:15.6型ワイド光沢液晶(解像度:1366x768
  • 有線:ギガ対応LAN、HDMI出力、D-Sub15pin、USB2.0x3 など
  • 無線:IEEE 802.11b/g/n

source:Lesanceノート、パソコン工房のPC評価まとめ(4/4) - BTOパソコン.jp

今回は現物が無いので詳細が判らないけれど、CPU以外は同じ仕様。

新製品も旧機種と同様にハードウェア部分のカスタマイズは無い為、ベアボーンに搭載のCPUが微妙に性能アップしただけでしょう。

価格が同じなので新製品の方が良いけれど、性能はクロック周波数0.1GHz(100MHz)の差なので大して変わり無し。

実機レビューその2でやっているように、このノートでもモンハンは可能。ベンチマークなども大して変わらないかと。

4万円のレサンセ ノートの方が良いかも知れない

3万円という、家庭用ゲーム機並の価格を優先するなら4万円は無しになるけれど、1万円差でCore i3はライトユーザ(軽めの用途)でも有利かも知れない。

3万円レサンセと違う箇所のみ。

  • CPU:Core i3 2350M(2.3GHz、2コア/HT対応、3MB)
  • メモリ:4GBx1(DDR3-1333) ※空きスロットx1
  • HDD:500GB
  • バッテリ駆動:約3時間(JEITA測定)

CPUがCore iシリーズになり動作クロックが上がりスレッド数が2倍、キャッシュ1.5倍。メモリは2倍になり、HDDはプラス180GBの増量。

代償としてバッテリ駆動時間が10分短縮。但し、JEITA測定なので全然あてにならないとし誤差程度でしょう。

これらに1万円の価値が有るかと言えば、パーツ単品で計算すると5~6千円くらいなので無いと思うけれど、Celeronではきつい場面が有ると思うなら、こちらの方が無難でしょうな。

個人的には他人に勧めるなら4万円の方、自分用なら3万円の方で充分。勝手にメモリを増設し、HDDをSSDに交換すると思う為。

計3年の延長保証に入るなら店舗の方が得

パソコン工房最大の利点と勝手に思っているサービスが延長保証の安さ。3~4万円で5250円は割高なものの、2~3年目に故障しない自信が有る人以外は追加を推奨。

そして今回は店舗販売のみで特典。

全国約90店舗!お近くの取扱店舗で実機を展示中!実際に見てご購入頂けます。 店舗におきましては、「3年間保証(有償)」を加入頂くとメモリが倍増となるキャンペーンを実施中

通販でもやれよと言いたいけれど、メモリ含むハードウェア部分のカスタマイズは無し。完成品ノートなので、店舗では在庫品のメモリを店員が取り替えてくれるのでしょう。

メモリ2GBが4GB、4GBが8GBになれど1~2千円くらいの価値なものの、更に上のモデルは8GBが16GBになるなら元が取れそうな勢い。

このノートはメモリ上限8GBと思っていたけれど16GB載るのでしょうか。

 

約3万円の激安ノート「Lesance NB P3534-SP」まとめ

CPU以外は同じと思われ、詳細は以前借りた3万円の旧レサンセ ノートのレビューを御覧戴くとして、気になる所はメモリの速度表記。

  • メモリ:2GBx1(DDR3-1333)※空きスロットx1

旧レサンセで私が発見した妙な箇所は、仕様では1333MHz(PC3-10600)なものの、実際の動作ではPC3-8500へ減速。メモリの仕様としては間違っていないものの、動作はやや速度が落ちる仕様。

体感で速度の違いが判らないレベルなものの、買う側としては納得出来ないかと。今回のレサンセから10600で動いているなら私の妄想なので失礼。

メモリ以外はレビューでほぼ絶賛したように、意味の判らない安さ。性能が高くなくとも良い用途なら気軽に買い替えや買い足し出来る価格なので、軽めの用途ならメインPCとしても使えるでしょう。

実機レビューは全4ページ、長文なので暇ならどうぞ。

パソコン工房のレサンセ ノートを評価・分解編(1/4) - BTOパソコン.jp
https://btopc.jp/select/lesance-note-break-up-1.html

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。