パソコン工房「Lesance DT P2541」ベンチマーク編(2/3)

2013年3月27日

パソコン工房のLesance(レサンセ)デスクトップPC実機評価その2。

前回は分解編と称し、中身や外側をバラしてパーツの詳細を調査。今回は主にゲーム用のベンチマークソフトを利用しスコアを計測。1機種では判り難い為、同時に借りたノートPC(S3112/T)の結果も掲載して参ります。

3日間連続レビュー、2日目はベンチマーク編。

Windowsエクスペリエンス インデックス比較

主要構成のスコアから。先にデスクトップ、Windows7。

lesance-dt-01.JPG

次にノート、Windows8。

lesance-s3112t-0004.JPG

CPUのスコアはデスクトップが0.1、グラフィックはノートが0.2から0.5勝っており、他はのスコアは同じ。

CPUは以下。上がデスクトップ下がノート。

  • Celeron G1610(2.6GHz、2コア/2スレッド、2MBキャッシュ)
  • Core i3-3217U(1.8GHz、2コア/4スレッド、3MBキャッシュ)

ノート用Core i3は省電力版なのでクロック周波数が低め。デスクトップはCeleronにしてはそれが高く、ここで差が出ているのでしょう。

グラフィックも一応。上がデスクトップ。

  • インテル HD Graphics
  • インテル HD Graphics 4000

デスクトップとは言えCeleronの無印、ノートとは言え4000となっており、モバイル用Core i3の方が上とWindowsは見ているご様子。

これらを踏まえベンチマークスコアを見て参りましょう。

 

P2541とS3112/Tでゲーム用ベンチ比較

デスクトップ、ノート共にグラフィック機能はいずれもCPUに内蔵(統合)されており、主にグラフィック性能を測るゲーム用のベンチソフトを使うのはどうかと思うけれど、手持ちのPCがやたら古いCPUやグラボなら、現代最新の低性能PCと比較してみましょう。

タイムリープ

おそらくアダルトゲームと思われる、タイムリープというゲームのベンチマークソフトより。

深い意味は無いけれど、ベンチマークの際は以前からこれを入れていたので引き継いでおります。

設定はデスクトップ、ノートいずれも標準のまんま。

lesance-nb-s3112t-bench-02-setting.jpg

カメラ(視点)は動かさず放置。

lesance-dt-p2541-bench-time.jpg

上がデスクトップで13FPS、下がノートで28FPS。

FPSは1秒間のコマ数。せめて30無ければ滑らかやスムーズとは言えず、確かにデスクトップの方はコマ落ちが多めで、特にキャラクタがズームされ動いている時は9FPSまで落ちておりました。ノートの方は稀に気のせいかと思う程度にコマ落ち。

ノートはグラボ無しでここまでやるとは思わず、モバイル用インテルHD~4000なら、設定さえ落とせば3D処理も結構行けるご様子。

ファイナルファンタジー11(ヴァナ・ディールベンチ3)

FF11ベンチは、Highのみ、関係無いけれどデモをオフに変更。

lesance-dt-04.JPG

上がデスクトップ、下はノート。

lesance-dt-p2541-bench-04-ff11.jpg

デスクトップは3,704、ノートは3,096。

ファイナルファンタジーは確かCPU性能の高さも関係しており、その影響でデスクトップが勝ったのでしょう。

いずれもキャラクタが多いとか、視点が変わりまくる辺りではコマ落ちが発生し微妙にカクカクしておりました。

モバイルの省電力版とはいえ、Core i3がCeleronに負けるとは思わなかった。Celeronが凄いのか。

モンスターハンターフロンティア(絆、大討伐、無印)

モンハンはデスクトップ側のみ設定を2種類で計測。とりあえずループをオフ。

lesance-dt-p2541-bench-06-mhf-k.jpg

デスクトップは私が用意したモニタがフルHD(1920x1080)まで対応しており、1つはそれで。もう一つはノートに合わせてHD(1366x768)で。ノートは最大のHD解像度のみ。

最新の絆ベンチより。上がデスクトップ、下がノート。

lesance-dt-p2541-bench-07-mhf-k.jpg

デスクトップのフルHDは419、HD763、ノート1,493。

デスクトップのフルHDは話にならないほどコマ落ちしており、これがゲームなら即死するだろうと思えるほどで、最も重い場面では体感2~5FPSくらいまで低下。

HDのみで比較してもノートはデスクトップの約2倍のスコアとなっており、FFとは違いモンハンはグラフィック性能を要するのでしょう。

続いて大討伐。

lesance-dt-p2541-bench-10-d.jpg

デスク~フルHD442、HD827、ノート1,658。ここでも2倍の差。

ラストは無印、モンハンベンチ第一弾の初期からあるやつ。解像度を変更すると履歴が残らなかったので3段になっております。

lesance-dt-p2541-bench-11-mhf.jpg

デスク~フルHD597、HD1,168、ノート2,304。

以上、FFは別として、タイムリープのFPS計測やモンハンベンチによるとノートの方がグラフィック性能は上。約2倍のスコアという結果に。

 

円周率計算時間「スーパーπ」で計測

純粋にCPUの処理性能を求めるかも知れない、円周率計算ソフトより。

lesance-super-pi.jpg

左がデスクトップ、右ノート。まとめへ行きましょう。

 

レサンセノート、デスクトップのベンチ比較(まとめ)

上からグラフにして参ります。DT=デスクトップ、NB=ノート。

g-time-bench.gif

FPSの差は約2倍。

13FPSでは、別の意味でのFPS(ファーストパーソン・シューティング)でもやろうものなら開始直後に即死出来そうなレベル。ノートでも厳しいでしょうな。

だいたいグラボ無しで3Dゲーム用ベンチをやっている私が間違っているわけで、ゲーム目的ならやはりグラボは載せましょうという意味としましょうか。

FF11のグラフ。

g-ff11-bench.gif

スコアが逆転した為、ノートのバックグラウンドで何か動いていたのかと思い、ノートンの試用版が全部消えているか確認したり、常駐を切りまくってみたけれど3回やっておおよそ上のスコア。

ゲーム用PCに必要な性能は、グラボ>CPU>その他と言えるくらいグラフィックとCPU性能は高い方が良い為、CPU内蔵(統合)グラフィックで無茶をしないよう。

続いてモンハン。

g-mhf-bench.gif

同じ解像度ならデスクトップ(Celeron、インテル HD~)より、ノート(Core i3、インテルHD ~4000)が約2倍のスコア。

HD解像度ならフルHDの約2倍のスコアとなっており、性能は低めでも手軽にゲームをするなら解像度は低い方が処理的には有利。但し視界が狭くなる為、やはりゲームなら性能を盛るべきでしょう。

ラストはスーパーパイ。時間は短い方が性能は高い為、変色。

g-super-pi.gif

デスクトップはノートより2割くらい処理が速い、かも知れない。

推測になるけれどスーパーπの計算がシングルコアでやっているとすると動作クロックが高い方が有利でしょう。Core i3はターボブースト無しの1.8GHzが最大なので、セレロンとは言え2.6GHzに勝てなかったのかも知れず。

以上、と思ったけれど、速度比較と言えばノートはUSB3.0が付いていたと思い出した為、手持ちのUSB3.0対応メモリを挿してCDMで計測。

usb30-sandisk-lesance.gif

左は私が今これを書いているメインPC、右はレサンセのノート。

違いは、私のPCのUSB3.0はX58チップセットなので簡単に言えば強引にUSB3.0が基板に載っており、レサンセのノートはチップセットによりUSB3.0ネイティブ対応なので速いのかと。

X58の方(左)はかなり速いHDDという印象なものの、レサンセ(右)のスコアを見ると一昔前のSSD、は言い過ぎかも知れないけれど、シーケンシャル(連続)読み書きの速さは素晴らしい。バックアップに良さそうですな。

以上。低価格PCの評価としてゲーム用のベンチマークまみれなやり方はどうかと思うけれど、インテルのCPU内蔵グラフィック性能の違いや、Celeronでもデスクトップ用の比較的高周波数の物なら結構良い数値になると判った次第。

約束なのでリンク>レサンセシリーズはこちら。製品個別のリンクは切れるかも知れない為、レサンセブランド一覧へ繋げております。

次回はデスクトップPCレビューの最終回、総評として「Lesance DT P2541」の利点と難点などを書き連ね終了致しましょう。

公開は明朝8時。公開後はこの記事の下へリンクが出現する仕組なので、暇なら引き続きお付き合い有れ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。