Lenovoの変形ノート「IdeaPad Yoga 13」評価と口コミ(1/3)

2013年6月20日

レノボのIdeaPad Yoga 13、実機レビューその1。

IdeaPad Yoga 13(以下、Yoga13)は半年くらい前に発売のWindows 8用パソコンで、ノート兼タブレットなので当然タッチパネルも搭載した全部入りPC。レノボが本物を貸してくれたので勝手に評価。

いつも通り連載にて「その1」。3回で終了。

以前、同じくレノボからゲームPCを借りてレビューしたけれど、本命はこちら。

私がレノボ製品好きとかYoga13を評価したいと思ったわけでは無く、単にWindows 8のタッチ操作を試してみたかったという、レノボ側の趣旨としては違うと思うけれど、結果として宣伝になる(かも知れない)のでよろしいかと。

OSがWindows 8という時点で叩くに決まっているけれど、Yoga13がどこまで失敗OSをフォローできているかが見もの。

ハードウェアのレビューという事で、価格コムのような考え方なら普通はWindows 8には触れないものかも知れないけれど、Yoga13は8有りきなのでセットとして。

なお、私は広告宣伝するつもりは無く、良いと書けば悪いとも書き、ダメと思ったならこき下ろして終わる、平常運転のヒツジ先輩で参ります。

評価その1は開梱、見た目編。

 

レノボ「IdeaPad Yoga 13」を開梱、分解は断念

写真は私が9千円のデジカメで撮影している為、何かとご容赦有れ。あまりにも元画像の色がおかしくなっていた写真は色調補正しております。

納品されたダンボール箱を開けると更に箱。緩衝材に挟まれており、これなら佐川急便が少々ぶん投げても大丈夫、かも知れない。

ここからの目薬は大きさ比較用で付属品ではございません。

ideapad-yoga-13-21-open.jpg

箱を開け本体を逃した所。省スペースかつ付属品を取り出し易い上手い工夫。

ideapad-yoga-13-22-option.jpg

付属品一式。電源ケーブル、ACアダプタ。紙類は保証書と注意書きが各1冊、問合せ先と簡易マニュアルが各1枚。

ideapad-yoga-13-23-ac.jpg

マニュアルはYoga13の基本的な使い方が図解されております。

ideapad-yoga-13-24-manual.jpg

表は端子やボタンなどの説明。

ideapad-yoga-13-25-manual.jpg

本体上空から。以後掲載する写真の中で、これが最も実物に近い色。

ideapad-yoga-13-26-rear.jpg

大きさの比較用に私が所有している15.6インチのノートと並べてみたところ。左のYoga13は13.3型なので若干小さめですな。左端は30cm定規。

ideapad-yoga-13-03-15inch-note.jpg

タブレットにもなるのでタブレットやiPod Touchとも比較。タブレットは7インチ。

ideapad-yoga-13-01-ipod-tab.jpg

デスクトップPCしか持っていない人用にフルサイズのキーボードとも比較。

ideapad-yoga-13-02-fullkb.jpg

Windows 8を起動し上空から。やたらと色が鮮やかなのは故意ではございません。元の色がおかしく自動補正したらこうなったというだけ。

ideapad-yoga-13-09-top.jpg

キーボードはアイソレーションでもストローク(深さ)が浅め。キーストロークというよりボタンを押しているような感覚になるほど浅い。

キーピッチ(間隔)は「せ」と「@」を見ると1.8cmくらいなので、一般的な大きいキーボードと同じくらいですな。

ideapad-yoga-13-06-key.jpg

特徴的な箇所はモニタ真下に付いているWindowsロゴのボタン。Yoga13をタブレット状態に変形させた際、キーボードは使えないけれどWindowsキーのみ独立させ使えるという。

ideapad-yoga-13-07-win-btn.jpg

これが発売された時に気になっていた部分はヒンジ(モニタを開く際の可動部分)。約360度回転がどのようになっているか、第一段階目は一般的なノートと同じように開いております。

ideapad-yoga-13-10-hinge.jpg

180度を超えた辺りで一度手応えが固くなり、更に折り曲げるとヒンジの更に内側に可動部が有るようで2段階で折り畳める設計となっておりました。初めて見たのでやや驚いた。

ideapad-yoga-13-11-hinge2.jpg

タブレット状態にするとヒンジは完全に逆向きに。

ideapad-yoga-13-12-tab-mode.jpg

ノートからタブレットPCへ変形完了。

ideapad-yoga-13-13-hinge2.jpg

Yogaシリーズは4つのモードが有ると謳われており、私が現物を撮影するより分り易いと思うのでイメージを海外サイトから引かせてもらいます。

lenovo-ideapad-yoga-TG.jpg

source:Lenovo Ideapad Yoga 13 convertible Ultrabook | TechnoGiantz

普通にノートか完全に折りたたみタブレットか。または曲げた途中で裏返すとか立てると色々出来ますよという提案。

タブレットモード以外は、キーボードが後ろか下か前かの違いだけで何が便利なのか私には理解不能。狭い場所で動画を見るならテント、くらいしか思い付かない。

大手メディアが発売前に拡散していたレビューには無かったと思う、機能が画面が回転する仕組。加速度センサーが内蔵されているのでしょう。

ideapad-yoga-13-14-h.jpg

デスクトップ側も縦になるけれど、縦にして何が良いのか分からないのでスルー。

底面の奥(モニタ)側には排熱口。ファイル操作など低負荷なら熱くなる事は無く、無音に近いほど静音。

ideapad-yoga-13-16-heat.jpg

では分解、と思いきや全部トルクス(ヘクスローブ)ネジ。

ideapad-yoga-13-17-hexlobe.jpg

外してみようと思ったけれど、ゴム足の中にネジが有るとか、ケースの爪が割れる設計になっているならアウトなので分解は断念。

 

レノボ「IdeaPad Yoga 13」見た目編(まとめ)

Lenovoと言えば中国。中国と言えば安物なイメージが有りつつも、元は数年前までIBMの事業という老舗ブランド。

Yoga13に安物感は無く、強いていうなら(私の主観なものの)キーボードをタイピングした感触がやや安っぽい程度。他はHP(ヒューレット・パッカード)製品のような重厚感がございます。

これはどうかと思った点は重量とサイズで、13.3インチとは言え15インチクラスの幅と重量はタブレットPCのようなモバイル端末では無し。

1.5kgをタブレットモードにして片手で持つには無理が有り、タブレット状態の時はテーブルなどに置いて使う前提かと。それなら角度を付けたテントやスタンドモードが良いのでは、という意味でしょうな。

また、デスクトップ画面でタッチ操作する人はまず居ないとし、スタート画面で操作する前提なら、モニタ下部のWindowsボタンは便利。スタート画面へ行き忘れて折りたたみ、キーボードが底になった状態でも瞬時に移動可。

個人的には見た目に文句は無く、重い事を利点とするなら安定感が有るとも言い換えられましょう。移動しまくったり屋外で使う前提のタブレット兼ノートではございません。タブレットにもなるノートPC。

見た目編の現段階では本当にほとんど触っていない為、性能や機能、使い勝手などは次回以降の評価記事にて。

手元に有る IdeaPad Yoga 13 は、2013年6月現在販売している物では無く、1つ前の型番(21912BJ)のようなので現物の仕様を一覧。

  • OS:Windows 8 (64bit)
  • CPU:インテル Core i7-3517U(1.9-3.0GHz、2コア/HT、4MB)
  • マザー:インテル QS77 Express チップセット搭載
  • グラフィック:インテルHDグラフィックス4000 ※CPUに内蔵
  • メモリ:8GBx1(PC3-12800)
  • SSD:128GB
  • モニタ:13.3型IPS光沢液晶(解像度:1,600x900)※マルチタッチ
  • 有線:USB2.0x1、USB3.0x1、HDMI出力 など
  • 無線:802.11 b/g/n、Bluetooth v4.0
  • 質量:約1.5kg
  • サイズ:幅333 x 奥225 x 高16.9mm
  • バッテリ駆動:約7.4時間 ※JEITA測定

貸してもらう条件としてリンクを貼る約束なので、Yoga13が気になるならこちらをどうぞ。11型も出ているのでYogaシリーズへ。買えとか(現段階ではまだ)お勧めと言っているわけではございません。

IdeaPad Yoga シリーズ - ディスプレイが360度回転するノート | Lenovo
http://shopap.lenovo.com/jp/notebooks/ideapad/yoga/

ideapad-yoga-series-lenovo.jpg

次回はいつも通りベンチマーク編、と行きたいけれど、価格の安さや高性能が特徴のPCでは無い為、ベンチはほどほどにして使い勝手を紹介しつつ感想文を書く予定。

「その2」公開後は、下へリンクが出現するよう設定しております。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。