価格.comリサーチよりPCとタブレットの用途など(2016年)

2017年1月25日

価格コムがPC&タブレット調査を実施。

2014と2015年は夏頃やっていたので2016年は無いのかと思いきや、忘れていたのか今回は冬まで引っ張りアンケート。属性が価格コムユーザなので偏ってはいるものの、一部で興味深い結果が出ております。

適当に見て参りましょう。

価格.comリサーチよりPCとタブレットの用途など

元ネタはこちら。

パソコン・タブレット端末利用調査2016- [価格.comリサーチ]No.096
http://kakaku.com/research/report/096/

パソコン・タブレット端末利用調査2016

初っ端からえらいことになっております。

パソコン所有率は98.2%

kr-2016-1-2-pc

価格コムの会員が対象なのでPC所有率は全体で100%近いという、納得可能な所有率となっており、20歳以上は100人中98人くらいがPC所有。

意外と20歳未満の未成年も93%くらいの所有率となっており高め。少し考えてみると分かる、価格コム経由で何か買おうとしてする金のある人が会員なのだから、自力で家電などを買えない人はほぼ居ないわけですな。

所有しているタイプはノートPCがやや多め

所有PCの内訳

「やはりノートの方がシェア大きい」と思ったならそれはやや違う、複数回答なので両方持っている人もノートPCを選択しているはずなので、上の図のデスクトップ部分はデスクトップPCしか持っていない人、両刀使いは実質0%扱い。

また、ノートPCメインで使っている人がデスクトップPCを持っているとは思えず、逆にデスクトップPC持っているようなPC変態ならばノート所有している可能性は高いと推測。

デスクトップPCユーザも結構多いとなると、BTOパソコンが多いのかと言えばそうでも無いという話が次。

BTOパソコン率は21.9%プラスα

メーカー別シェア

価格コムで自作用パーツを選ぶのだろうから、自作PCユーザは多くて当然。逆に11.3%しかいないのかと意外に思った。

レノボはノート主力と思われるので除外すると、BTOメーカーの合計は22.5%。その他の中身はおそらくほぼBTOと予想し合計25.8%。自作PCを含めると39.7%。

デスクトップPC全体は45.9%なので差の6.2%が良く分からない。というか、シャープ製のパソコンは何だろう。メビウス?2009年頃まで一体型デスクトップのアクオスPC出していたのでそれなのか。

約半数がパソコンは3年以上使う

PC購入頻度

価格コムユーザなので短めに出ていそうと思われるPC購入時期。

こちらは単一回答なので皆さんメインPCで答えているはずで、3年より前に購入した人がわずかに過半数となっており、2年前より短い人が半数くらい。

全体的にはバラけており、一部単位が違うので突っ込んでおくと、半年以内と1年前はどちらも1年内とするなら3割くらいの人が昨年PCを買っているのでしょう。買わないなら価格コム来ないと思うので当然か。

Windows 10率は何と56.6%

OS満足度

グラフをパクるまでも無いので文字のみで、10率はOS全体の56.6%という高さ。やはり新しい物が好きなのか、短期間でPC買うなら今のWindowsは既に10限定なので自然な流れ。

満足度はWindowsが圧倒的にAppleやGoogleに負けており、ワーストVista、次に8系、続いてXP、そして10、最も良いバージョンは7という当たり前感。10が多く満足度も結構高いのでゲーマー多いのかも知れませんな。

Steamの12月のOSシェアは48.97%なのでデカい気がするけれど、Steamは世界シェアなのでLinux系が多いのかも知れない。

だいたいOSで満足もクソも無いと思われ、不満が無ければ良いわけで、とするならばAppleやChrome、その他の高さが異様なのかとも思った

タブレット所有率は全体で56.8%

タブレット所有率

年代別では意外と若い世代で所有率が高め。てっきり中高年おっさん用端末と思っておりました。

タブレットの問題は、持っておらず購入予定も無い率が高く、全体では36.7%が購入予定無しなので現状維持なら所有率は行って63%というところ。

しかも価格コムユーザなので高めに出ていると思われ、世間一般での所有率は5割行くかどうか、総務省によるタブレットの世帯所有率も頭打ちが来るやも知れませんな。

購入時期は1年以内が47%、2年まで入れると69%くらい。人気端末はApple製品、OSシェアは過半数がAndroidという当たり前感。

AndroidもiOSもアップデートは無料ながら、3~4年くらいでメーカー側が打ち切るので使えて5~6年。そこで買い換えるか不要となるか。

以上、調査結果の全てはパクっていないので全部はリンク先でどうぞ。

パソコン・タブレット端末利用調査2016- [価格.comリサーチ]No.096
http://kakaku.com/research/report/096/

 

PC停滞スマホは上昇中でタブレット低下(まとめ)

パソコン所有率は98.2%なのでこれ以上の伸びは無いとしても、世間一般のスマホ所有率は上がり続けており、タブレットは5割くらいで打ち止めの気配。

利用目的について、前回調査とほとんど変化がなかったパソコンに比べ、タブレット端末は各項目で軒並み前回調査を下回る結果となりました。近年、スマートフォンが大画面化し性能が高まったことにより、タブレット端末を利用する機会そのものが減っているようです。

私もそう思う。

パソコンでの用途をスマホやタブレットで一部代用可能としても、やはりPCでやる事はPCでやるわけで、スマホで出来る事はタブレットでやるまでも無くなって来ていそう。

タブレットの頭打ちは他にも原因があると思われ、スマホは大手キャリアならば2年くらいで機種変更して買い替えた方が良いところ、タブレットの多くはWi-Fi専用、MM総研調べによると約8割がSIMカード無し。

私がそうなのだけれども、今時GALAXY TabではAndroidのバージョンが低く性能も低いのでiPod touch(第5世代)の方が快適。2年毎に買い換えるスマホがあれば、タブレットは買い換える動機が薄くスマホにポストタブレットされているのだと思う。

また、6型を超えるスマホ、いわゆるファブレットなタイプも増えており、女性ならば両手で操作しバッグへ収納するので大きくとも苦にならず、SIMカード入りなのでタブレットの上位互換になってしまえそう。

タブレットはあればあるで使う人も居るなら、無ければ無いで困らない人も多い。安くまともなAndroidタブも増えたので、スマホを持たないならアリでしょうな。

個人的には、スマホがあるならタブレット要らない派。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>所有しているタイプはノートPCがやや多め
正確に書くなら「デスクトップだけを持っている人より、ノートだけを持っている人の方が多い」ですかね。とはいえ4%ですから、大きな差では無し。

>シャープ製のパソコン
2010年にはPC事業から撤退していたはずですから、今も持っているとは物持ちが良い方ですね。単純に所有であって使用ではありませんから、捨てていないだけかも知れませんけれど。

>約半数がパソコンは3年以上使う
質問は「直近のパソコン購入時期」ですから、全員がメインPCの買い替えタイミングを回答した訳では無いはず。そう考えれば、メインPCの使用期間が3年以上の方は、もう少し増えるやも。

>満足度
Chrome OSは「非常に不満」がゼロに見えるのですけれど、それほど優秀なのでしょうか。

>タブレット所有率は全体で56.8%
その割に電車や街中でタブレットを見る機会は少ないのですよね。日本在住の欧米人は、8割近い割合でタブレットを持っていましたが。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。