パソコン出荷台数5ヶ月連続2桁%前年割れ(by.JEITA)

2014年12月 1日

さすがに飽きて来た、独り前年割れフェスティバル。

今回のJEITA統計の結果は2014年10月まで。前年の良すぎた数値を見ると、10ヶ月連続前年割れは確定しているようなもの。私がエスパーなのでは無く、前期のXP祭りが凄まじかった為。

しかし前年比しなくとも、今期は結構ひどい。

2014年10月度の前年比は何と約66%

ソースはこちら。

JEITA / 統計データ
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/2014/

6月と9月に1%前後の訂正が有ったらしいので、こちらのグラフ用の数値も同様に訂正。台数全体から。

国内パソコン出荷台数2014年10月(全体)

10月の出荷台数、66.1%は凄まじいですな。

年末、ボーナス商戦を控えているにも関わらず、昨年の2/3しかメーカーが出荷していないという。しかし個人向けの店頭より、法人需要の影響でしょう。

パソコンの種類別。

国内パソコン出荷台数2014年10月(種類別)

デスクトップ単体が約50%と大きく落ちている原因は、昨年10月が200%に近かった為。

デスクトップ単体のみで、台数も入れたグラフ。

国内パソコン出荷台数2014年10月(デスクトップ単体のみ)

出荷台数は過去1年半くらいの中で最低。

統計に参加しているPCメーカーは富士通など大手の影響大。デスクトップ単体はほぼ法人向けとなり、既に昨年買いまくっているのだから、今年はおなかいっぱいになっているのでしょう。

前年比を見ても良く解らないので、台数と金額の数値を次で。

 

出荷台数と金額の数値も今期はかなり悪い

3年半くらいの推移、比較。

国内パソコン出荷台数2014年10月(金額で比較)

前年比では無く、台数そのまんま。

今年の8月は過去3年半で最低を記録しており、10月はワースト2となっております。9月の反動とも言えるけれど、他の年度はここまでひどくは無し。

金額も同じ形で。

国内パソコン出荷台数2014年10月(数で比較)

台数ほど過去の年度より悪くは無い理由は、タッチパネル搭載の影響はともかく、円安による単価の高額化がデカいのかと。

2013年6月頃から、富士通と東芝が値上げ宣言していた為、1ドル100円を切っていた頃より出荷金額が上がるのは当たり前。

それでも過去3年分より今期は悪い推移となっております。

 

PCがスマホやタブレットへ置き換わっている?(まとめ)

という、エクストリーム・モノトーンな嘘乙は置いておき、なぜ今期の実績が悪いのか、真面目に考えてみると理由は以下と予想。※エクストリーム:極限、モノトーン:棒読み

  1. 前年のXP終了法人PC出荷祭りの数値が大きすぎる
  2. Windows 7 Home~(OEM)の終了が多少関係
  3. JEITA統計の範囲縮小による誤差が広がっている

1は当然。2の影響は少ない。問題は3で、JEITAの集計範囲はMM総研を1とすると7~8割程度。DELLとHPがMM総研では全体の20~25%くらいを占める為。

その7~8割を1としつつ、追い打ちで昨年はソニーのPC事業がまだ有ったので、今期のJEITA分母への影響力は4.3%以上は確実。

1400139649-1.jpg

出典:(株) MM総研 [ 東京・港 ]

要するに5%くらいのマイナスは当然となり、今期の前年比マイナスは結構アテにならないのでは無かろうかと。

今後はChromeパソコンも国内PC出荷シェアへの影響が大きくなり、Chrome系を売るメーカーはDELLやHPなど自社製造するメーカーが主力となるなら、JEITAェ・・・になりそう。

MCJ(6670)をこれ以上持ち続けるのは怖い(おまけ)

エスパー・シープの予想を信じてガチで買ったなら御目出度う御座います。放置していたならそろそろ潮時では無かろうかと提案。※MCJ:マウスコンピューターの会社

MCJ現物買(仮想)

source:死せるWindows 8仕様PCメーカー、生けるMCJを走らす - BTOパソコン.jp

2倍以上なら御の字でしょう。400円超えは難しいと思う。

下図はMCJ、範囲は過去2年間。

MCJの過去2年間の株価推移

source:(株)MCJ【6670】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

昨年8月の予言では。

売る時期はWindows 7終了前。

と書いたけれど、大手メディアが前年割れ祭りを初めてしまうならまずいかと。特にニッケーが踊る阿呆なので、見る阿呆が踊り始めるなら、MCJに限らずPC事業を持つ企業は下り坂になるやも知れず。

Windows 7はまだ販売中。しかし、絶賛無料垂れ流し中のwithっている8.1とPC価格を比較されると、7仕様PCはPro~エディション限定となり1.5~1.7万円高額。7のフォースが弱まった今、8.1のみでは無理が有りましょう。

MCJも2~3年前から法人に力を入れていたので、XP終了祭りで満たされた需要低下への反動も考えられるところ。

というわけで、10月を境界に国内PC出荷の前年割れは更に激しくなると思われ、数値の中身を見ない人が多いなら危険。4月まで凄まじい割れ方をし続けるはずなので、売り払った方が良さそう。もちろん判断は自己責任にて。

そしてヒツジ先輩のターン。伏せカードオープン、信用売の矢。意味不明失礼。

MCJ信用売(仮想)

決済はWindows 10の出来次第、来年の夏くらいでしょうか。

以上。MCJへの世間の期待値の当たり外れを楽しんでおり、次回のネタにする為に遊んでいるのみ。


<注意>

  • 私は博打全般をしないので株取引は素人というかやったこと無し
  • 画像はポートフォリオの仮想取引で実際は1円も動いておりません
  • 現物買は2014年11/28終値、信用売も同じタイミングで約定と想定
今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(13)

エクストリーム・モノトーン

ちょっとした知り合いが教祖妄信系カルトにはまっちゃって
あんまりかかわりたくなくなる感じの
某OSベンダーにひっかけて

モノトーン・スペシャルくらいのが無理なくね?

>しかし前年比しなくとも、今期は結構ひどい
消費増税かな(エスパー)

>昨年の2/3しかメーカーが出荷していないという
>デスクトップ単体が約50%と大きく落ちている原因は、昨年10月が200%
あらためてXPて偉大だわw

>デスクトップ単体はほぼ法人向けとなり、既に昨年買いまくっている
次の換装は4年くらい先かなw

>円安による単価の高額化がデカいのかと
>1ドル100円を切っていた頃より出荷金額が上がるのは当たり前
そらもうXP換装終了と消費増税で3連コンボですし(震え声)

>DELLとHPがMM総研では全体の20~25%くらいを占める為
もうコレが抜けてるとか統計情報としてはどうなのw

>JEITAェ・・・になりそう
むしろもうなってませんかねソレは(白目)

>エスパー・シープの予想
やべぇ なんだこの最高にうさんくさい語感w

>2倍以上なら御の字でしょう。400円超えは難しいと思う
せやで 勝てる人いうのは引ける勇気のある人よ(至言)

>特にニッケーが踊る阿呆なので、見る阿呆が踊り始める
投資家「それもまた値操作の内の一つよ(小声)」
日経「DocomoからiPhoneの飛ばし記事とかそんな気無いんで(棒」

>7のフォースが弱まった今、8.1のみでは無理が有りましょう
続編の新作やるらしいから大丈夫じゃないか(適当)
https://www.youtube.com/watch?v=OMOVFvcNfvE
とりあえずなんでUSBメモリに乗ってんですかね(小並感)

>伏せカードオープン、信用売の矢
>次回のネタにする為に遊んでいる
せっかくのネタの仕込みにしては些か弱いのじゃなくて
もっとこう余裕で電車止まることになる感じの額でやり直しw

>10ヶ月連続前年割れは確定しているようなもの
これは宿命かもしれないけど、追加金融緩和による設備投資増の影響でPC出荷台数も増えないんですかね?w

>円安による単価の高額化
税込?w それなら消費税増税分もあると思うけどw

>真面目に考えてみると理由は以下と予想
消費税増税は?w

>Chromeパソコンも国内PC出荷シェアへの影響が大きくなり
ChromebookはタブレットではなくてPCなりそうだなw

>JEITAェ・・・
そうなるとJEITAの統計の意義が問われるでしょw メディアはその辺をスルーしそうだけどw

>エスパー・シープの予想
私もエスパー・ウィンドウの予想ができるかな?w ※ウィンドウ…窓辺

>大手メディアが前年割れ祭りを初めてしまう
PCはタブレットに移行しているーとかねw

>特にニッケーが踊る阿呆
観測気球ですからw

>もちろん判断は自己責任にて。
投資は自己責任でってやつですねw

>決済はWindows 10の出来次第
Windows 10の完成度が高く、追加緩和が継続しているなら伸びそうだしw

>教祖妄信系カルト
PC+これで、マハポを思い出してしまいました。
当時、大阪・地下鉄恵美須町駅を出ると(日本橋電気街)怪しげな信者(だったらしい)がビラを配っていました。
マハポのi486DX2がPenより早いとか言う内容で、ビラの写真はサリンで死刑判決の人でした。
ビラを見て付いていったら洗脳されたんでしょうかね。

取り敢えず私はPCNET...中古で十分です。
もっと上がって!

エスパーシープさすがやな(白目)
MCJ ストップ高 w w w w w
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1412/01/news131.html

ちょっとこの流れは神がかっていて卑怯w
仕込みから2日で発動とか(震え声)

この際ネタ枯渇してるしPCにまぜて資産運用始めましたブログやればいいのじゃなかろうか
もっとも閲覧者的には参考にするとかいうより、その惨状を見てメシウマする系のモノになりそうですけれども(白目)

あーあー 出資の件はとりあえず見えなかったことにして(震え声)
そっか、今しがた思いましたがPC関係のメーカーに限定して張ってくなら普通にパソコンブログの主旨から外れて無いことに気付いた件w
逆張りってのは面白そうですな どっちかは絶対詰むわけですし(白目)
逆に一人は必ず勝てる(確信)

>MCJに何が有ったのか不思議
単純に投資スジから見て普通にUSBのアレが「コレ受けそう」って捉えられただけじゃないですかねw

>電車に飛び込むのはやめて欲しいと思う午前9時
円相場かな(適当)

最大損失はおいしい画になるからきっちりキャプっとかなアカンで(小声)

大丈夫 ここから大逆転だから(棒

ほら来年ヒツジ年だし(適当)

はやくもストップ安間近にフイタ(白目)
http://m.finance.yahoo.co.jp/stock?code=6670.T
よっしゃ ここから大逆転や(震え声)

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。