国内PC出荷台数、まだ出るGIGAスクール(by.JEITA)

2021年2月 2日

JEITAが2020年12月のデータを公開。

今月も引き続きモバイルノートが前年比+3桁%しており、全体でも168%というJEITAが数字打ち間違えているのかと疑うレベルとなっているものの、多分合っているのだと推測。

適当に見て参りましょう。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

元ネタはこちら。

一般社団法人 電子情報技術産業協会
https://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

ソースはテキストのURL内2020年。トップページ以外にリンクするなという社団法人様の言い分なのでクソ不便だと思うけれど従うとしております。

JEITAコメントより。

12月は、法人向けが大幅に伸長し、台数は4ヵ月連続で、金額は2020年4月以来8ヶ月ぶりに前年同月を上回った。現行体系となった2007年度以降、12月単月として過去最高の台数実績となった。(中略)

暦年では、法人向け個人向けともに堅調に推移し、台数は2014年以来1千万台を超え、前年を上回った。

JEITAが集計(のやり方を変更し)開始した過去14年間くらいの12月のみで比較し単月で最高の出荷台数。

暦年(昨年1月から12月)で1千万台を超えたということは、全体の国内PC出荷台数を出してくれるMM総研の調べならば1,500万台行っていそう。※JEITAはDELLやHPなどが入っていない。

全体の推移。

jeita-2020-12-all.gif

前年比167.6%はグラフ上で2番めの高さ。

種類別。

jeita-2020-12-cat.gif

相変わらず天井突き抜けて戻って来ないモバイル。

対してデスクトップ2種類が5割前後まで落ち込んでおり、水色の単体は昨年がWindows 7終了直前なので1年前は法人向けが多く出たのでしょう。

モバイルノート用にy軸を拡張。

jeita-2020-12-cat2.gif

バイデンジャンプならぬモバイルジャンプ。

ぶっちぎりで優勝のパーセンテージは前年比753.7%という、ちょっと何いってるのかわからないレベル。

なぜなのかは毎月書いているけれど、現在は春から始まるGIGAスクール構想用に小中学校がモバイルPCを大量導入しているため、比例して出荷台数が一時的に増えております。

 

GIGAスクールPCの影響で平均単価の安さ2位

実際の出荷台数と金額。

jeita-2020-12-shp.gif

出荷台数が少し切れてしまった、失礼。161万台。

台数のみでいうと濃い灰色な2014年3月に次ぐ多さとなっており、金額の方はたいしたことないとしてもトップ5に入るほど。

PCバブル期との比較。

jeita-2020-12-pst.gif

10月に息継ぎがあっただけで、8月からパソコンがアホほど売れていた時期と比較しても大きくプラス。

ラストは平均単価。

jeita-2020-12-avp.gif

再び6万円ギリ切らないところまで下落。

  • 9月:60,386円
  • 12月:60,508円

グラフ全体を見ると9月と12月は元から落ちる月なので(時計の上下左右の月は在庫処分が入る)それが影響してGIGA5万円PCが猛威をふるったと憶測。

 

この調子では来年の前年比もアテにならない

本来ならば和式2020年度(昨年4月~今年3月)の前年比は、Windows 7終了特需との比較になるため100%切りは当たり前のところ、GIGAスクール用モバイルで8~9月よりブーストがかかってしまった。

前年比プラスで当たり前な2019年度を更に上回る2020年度後半(9月~)ということは、来年の9月以降は50%割れさえ起こるやも知れず。

GIGA~用PCは別枠にして欲しかったけれど、そこまで頭回らないだろうから仕方ない。というか、こんな統計意味有るか?とさえ思い始めてきた。

モバイルの異様な伸び部分を修正すれば何とか参考になりそうながら、それはそれで私が捏造しているだけの妄想になるので意味が薄い。

JEITA参考に1記事やる価値があるか、もう少し考えたい。とりあえずGIGA~の出荷がいつ終わるのかは見届けたいところ。

今月のオススメBTOパソコン

コメント(1)

>12月単月として過去最高の台数実績となった
テレワーク需要ってまだ影響あるのでしょうかね。家電量販店のチラシでは「テレワークのいま!このPCセットがオススメ!」みたいな煽り文句をまだ見かけますけれど。

>モバイルジャンプ
店頭販売に限るとマイナス5%くらいでしょうかね。私の周囲でモバイルノートが流行っている気配は皆無ですし。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向き。

ツクモ

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶ。ヤマダ電機の一部、または自作PCのパーツ屋さん。

フロンティア

高性能: ★★★☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作したくない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。


※ドスパラはパーツの偽装疑いを誤魔化したり取引先を勝手に切る信頼性暴落した事件があり掲載中止(2020.11.26)

※マウスコンピューターは高いぞと書きまくったからか遠回しにリンク削除しろと言って来たので削除(2021.03.28)

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。