国内PC出荷台数、3ヶ月連続モバイル3桁%(by.JEITA)

2020年12月 1日

JEITAが2020年10月のデータを公開。

今月もモバイルが前年比300%超えしており、8月から3ヶ月連続で200~400%台を叩き出しており、要因はGIGAスクール構想が4月から始まるその準備で間違いないと見ております。

適当に見て参りましょう。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

元ネタはこちら。

一般社団法人 電子情報技術産業協会
https://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

ソースはテキストのURL内2020年。トップページ以外にリンクするなという社団法人様の言い分なのでクソ不便だと思うけれど従うとしております。

JEITAコメントより。

10月は、店頭向けが好調に推移し、台数は2ヵ月連続で前年同月を上回った。

2ヶ月連続で「え?」でござる。

9月コメント。

9月は、法人向けが好調に推移し、台数は2020年4月以来5カ月ぶりに前年同月を上回った。

そして8月。

8月は、個人向けが好調に推移したものの、法人向けが前年需要増の反動もあり、全体としては台数はほぼ前年並みとなった。

私に言わせると3つとも学校向け特需の影響により前年割れを防げているのだから、個人と店頭向けは関係ないのでは?としか思えず。JEITAは本当に内訳見てコメントしているのか疑わしくなってきた。

全体の前年比。

前年比

今回もかろうじて前年比は3.6%のプラスで、モバイル300%以上とか言っている割に影響力が少ないのは他のカテゴリのパソコンが前年割れしているから。

種類別前年比。

種類別。

デスクトップは50%前後とかひどいですな。言い方を変えると昨年のこの時期に法人ならデスクトップ単体、個人はオールインワンが結構出荷されていたとも。

オレンジのモバイルノートが天井突き破っているのでy軸変更。

その2

図で見てもわかるけれど数字で表すと異様さがよくわかる。

  • 8月:295.5%(+196%)
  • 9月:447.1%(+347%)
  • 10月:332.5%(+233%)

GIGAスクール用のモバイルノートは規定があり、10.5型くらいで5万円程度にしろ(助成金が1台あたり5万まで)といわれているため、オレンジが大きく伸びても赤(A4・その他、いわゆる普通のノート)は前年割れ必至。

PC授業が4月開始とすると納期は遅くとも3月。準備もあるだろうから2月までとすると、この状況が続くのは長くとも1月くらいまでと憶測しております。

 

出荷台数は爆増するも低単価により金額は伸びない

前年比ではない実際の出荷台数と金額。

出荷台数と金額

今のところで山の頂点は9月だったと仮定すると、上で「長くて1月まで」と書いたけれど10月以降は下がるのやも知れず。台数は大きく増えても単価が安いので金額はそこそこの伸び。

台数と金額をPCバブルの頃と比較したグラフがこちら。

過去比

出荷のオレンジは打ち忘れではなく-1%なので見えづらいだけ。やはり低単価なモバイルが中心なので金額だけはやや大きめにマイナス。パソコンがアホほど売れていた時期との比較なのでプラスになるだけでも凄いを意味しております。

平均単価。

平均単価

 前月より約1万円戻して7万円くらいまで復活し8月と同じくらいの単価。

灰色2本はPCバブル期なので、パソコン売れていた7~8年前はこのくらい(6~8万円)が平均単価だったということ。

 

GIGAスクのブーストが無かった場合の出荷台数

ブーストかかった状態では本来の流れがわからないため、モバイルを平常運転の仮想出荷台数まで引き下げたグラフを3種類。

いつものモバイルはA4・その他ノートの半分くらいの出荷台数なので、「(該当月の全体-モバイル台数+A4ノートの半分)/前年」で再計算。

jeita-2020-10-v1-all.gif

まあそうなるでしょう。昨年は丸ごと1年かそれ以上の約14ヶ月間がWindows 7サポート終了特需期間だったので6~7割まで来るのはナチュラル。

実際の出荷台数も仮想台数へ変更。

jeita-2020-10-v2-shp.gif

妥当としか言いようのない一昨年あたりと同じレベル。

ラストはPCバブル期との比較。金額はいじっていないので赤は無関係。

jeita-2020-10-v3-pst.gif

これも妥当としか言いようのない2~3割減は自然すぎて草生えない。

というわけで、GIGAスクールブーストは前年比で見るJEITA統計としては単に雑音となっただけ、今年と来年の前年比がおかしなことになるだけで、PC市場や出荷台数の推移を眺めるならばスルーするべきでしょう。

この件を記憶しておき、来年の8月からの感想文で「昨年の8月は一体何があったのか?」とか「2ヶ月連続で謎の前年大割れ」とか「3ヶ月目も~」などという間抜けなことを言わないようにしましょう。

そう、私がな。

今月のオススメBTOパソコン

コメント(1)

>JEITAコメント
>8月は、個人向けが好調に推移
小出しで実験。

>9月は、法人向けが好調に推移
法人向けに大量投下。

>10月は、店頭向けが好調に推移
売れ残りを店頭に並べる。

>パソコン売れていた7~8年前はこのくらい(6~8万円)が平均単価だった
100円で買えるゴミとして名を馳せたネットブックが消えた頃ですね。IntelだとIvy Bridge(i7-3XXX)やHaswell(i7-4XXX)あたり。

>「昨年の8月は一体何があったのか?」
それよりも「7月と変わらず2%の微増・微減」とか言ってしまう方が面白い。来年の成績が良ければの話。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向き。

ツクモ

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶ。ヤマダ電機の一部、または自作PCのパーツ屋さん。

フロンティア

高性能: ★★★☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作したくない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。


※ドスパラはパーツの偽装疑いを誤魔化したり取引先を勝手に切る信頼性暴落した事件があり掲載中止(2020.11.26)

※マウスコンピューターは高いぞと書きまくったからか遠回しにリンク削除しろと言って来たので削除(2021.03.28)

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。