国内PC出荷台数、14ヶ月連続で二桁伸長(by.JEITA)

2020年1月31日

JEITAが2019年12月のデータを公開。

14ヶ月連続2桁%アップは驚異的だと思うその理由は、12ヶ月までならまだわかる。しかし、13~14ヶ月目は2年連続で2桁の伸び、110%以上が2回なのだから、前々年比するとえらいことになりそう。

適当に見て参りましょう。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

元ネタはこちら。

一般社団法人 電子情報技術産業協会
https://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

ソースはテキストのURL内2019年。トップページ以外にリンクするなという社団法人様の言い分なのでクソ不便だと思うけれど従うとしております。

JEITAコメントより。

暦年は、法人向けが大きく牽引し、個人向けも堅調に推移した結果、台数は1千万台に迫り、台数・金額ともに前年を大幅に上回った。

JEITAが1千万台と言っているならば0.66で割り算してMM総研調べでは1500万台を突破していそう。※JEITAはDELLとかHPなどが入っていない、言い方を変えると国内全体の66%くらいの分母でしか統計できていない。

全体の前年比推移。

前年比

大きく落ちたものの、それでも+14%をキープ。

ここ2ヶ月は調子悪そうに見える、しかし冒頭で書いた通り前年の前年比が+二桁%になった頃から、パソコンまた売れ始めた頃との比較なので仕方ない。13ヶ月めで100%切らない時点で凄い。

ところが種類別はナイアガラ。

種類別

B5ノートだけ100%を切れているけれどその他はまだ100%超えを維持。

ここまで荒れてしまうと前年比を見てもアホらしくなるため、とっとと実際の数の方を見て参りましょう。

 

出荷台数と金額はまだ絶好調な2019年12月

「比」ではない「値」のグラフ。

台数と金額

出荷台数は過去6年間でギリでトップを維持し、金額の方はバカかな?と思えるほどボッタクりビジネスが展開中なのか、過去9年間の12月で堂々の2位。

平均単価は昨年には負けるも2位。

平均単価

なぜ出荷金額多い割に平均単価が?と思ったなら、おそらく企業向けの安いデスクトップ単体が売れまくっているのだと思う。

思うで終わるは不本意なので、デスクトップ単体のみの数値。折れ線は前年比なので無視してOK。

デスクトップ台数

まだ右肩上がり。

色の薄い、水色な棒は3月を表しており、一年間で最もデスクトップPCの出荷が増える時期。ヒントは日本の企業の多くが3月決算。

右端の最新の棒グラフが昨年の3月並に高い、過去数年の3月よりもデカいと思えばデスクトップPC絶好調がよくわかる。

オールインワン(一体型)とも分けてみた。前年比ではなく実際の台数。

jeita-2019-12-dt2.gif

前年比という%で見るからややこしくなる。

オールインワンは5万台ラインを推移しており、デスクトップ単体は14ヶ月前頃から右肩上がり。但しこの伸びも画像左の切り立った山から崖へと転落しているようにもうすぐ同じ形になるはず。

パソコンまだ売れまくっていた頃の平均との比較。

過去比

増税前に売れまくり、在庫がはけて11月に補充したのだろうか。

 

2020年度は再びセルが赤く染まる予感

出荷台数と金額を数値にて。

一覧

Excelのこの機能知らない人向けに説明しておくと、数値が高ければ緑、低いなら赤、中間は黄色に変色する仕様。

これによると最新の12月は台数がほんのり黄緑色、金額はもっと緑に近い実績であり、今期のみで見ると12月は消費税アップグレードの9月に次ぐ高い数値。

XP終了の頃を当てはめると次回の1月でこの現象は終わり、2月からだだ下がりとなり、2018年度以前のように赤と黄色で埋め尽くされて行く時期になるでしょう。

何か毎回同じことを書いている気がするけれど、退かぬ媚びぬ顧みぬスピリッツなので、過去の当サイトJEITA記事を読んだことはないのでわからん。


関係ないしどうでも良いけれど、ネット上で多くが「省みぬ」としているこれ、私は「顧みぬ」が正しいと思うのだけれども、漫画のセリフはきっちり省みぬになっていて拍子抜け。

  • 省みぬ・・・反省しない
  • 顧みぬ・・・過去を振り返らない

※北斗の拳、サウザーのセリフ

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>金額
Win7あたりまでは「一般用途のデスクトップなら6~8万、ゲーム用途なら10~15万」くらいだったはずが、Win10時代ですと「一般用途のデスクトップなら7~10万、ゲーム用途なら12~18万円」くらいになったような。

>顧みぬ
その”かえりみない”は「家庭を顧みない」なんぞで使いますね。顧みる、の主な意味は「過去について考える」と「気にかける」の2種。「顧みない」を前者の意味でなら「過去にあった出来事についてあれこれ考えない」の意。

「省みる」は「顧みる」の自分が主体版ですね。「反省する」と言い換えても良し。「過去の自分について考える」という意。「省みない」なら「過去に行った自分の言動についていちいち考えない」の意。「反省する」は「自分の悪かったことを洗い出す」という意味ではありませんし。

私は「省みぬ」で正しいと思います。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。