国内PC出荷台数、7終了祭りの始まりか?(by.JEITA)

2019年2月 5日

JEITAが2018年12月の数値を公開。

数値の大小はひと月だけならばブレかも知れないで終わるところ、2ヶ月連続となると疑いとなり、3ヶ月も続けばガチなのかと確信できると最近気付いた。その2ヶ月連続が起こっております。

いつも通りJEITAのコメントから。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちらの2018年。

パーソナルコンピュータ国内出荷実績
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

当月のコメントより。

暦年は、法人向けが好調に推移し、台数・金額ともに前年を上回った。

もしかすると7終了祭りは静かに始まり、前月にあたる2018年11月から更に強化されて来た?と感じた理由はここから下で。

前年比の推移。

推移

前月が久々に圧倒的なプラスにて、当月は低く見えてしまうものの+約10%は割と凄い上がり様だと感じる。

パソコンの形別での推移。

種類別

やはり前月と比較するとたいしたことがないように見える。

 

今見ると違和感ある2018年11~12月の数値

実際の数値で見ると何か変。赤い線が最新版。

出荷台数と金額

金額はボッタクリ状態が続いているため、トップクラスな出荷額になっているのはまだわかる。しかし出荷台数がおかしゅうございましょう。

12月はXP終了祭りの残り的な需要があるとしても、今期は次いでの出荷台数となっており、それだけならまだしも11~12月連続でXP祭り終了以来の伸びでございます。

平均単価のトップクラス状態は割とどうでもいい。

平均単価

過去比と称した、パソコン爆売れ時代との比較もおかしい。

過去比

11月と12月が変すぎでは。

金額のマイナス減は高いパソコンが出荷されている、ならば個人向けか?とも思えるけれど、台数が地味にマイナスを抑えつつある件。

 

法人向けによる7終了祭りは11月スタート?

数値で見ても何か変。 

祭りはもう始まっている?

11月も12月もXP終了祭り以降で最大の出荷台数。

XP終了は私も目に見えて7へ移行したと書き綴った記憶あるものの、自作PCユーザは裏技を知っているためか、あわてて移行なぞしない。

そういうの知らないとか、知っていても責任を回避したいので買い換えるべきとした企業でのWindows移行が11月から始まっているように見える。 

企業のみならず、今後もWindowsパソコン使うつもりならば今が買い替え時と思うべきかも知れない。

故障していない、普通に動くパソコンをなぜ買い換えなければ?と思うかと。それはそれで別に構わないと思うけれど・・・実際、私も何がマズいのか具体的に言えないのが困る。

セキュリティが、アップデートが、ソフトウェアが、とか大手メディアやマイクロソフトは必死に訴えかけるものの、Windows以外でそんな話を聞いたことがないわけで。

7使い続けるならば自己責任で。自作PCユーザは自己責任の覚悟をするべきか迷っているところ。

来月も前年比とか出荷台数、過去比が大きく上回るようならば祭りは既に始まっていると見てよろしいかと。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>7終了祭りは静かに始まり
遅まきながら、ギリギリまで様子を見ていた法人PCがやっとこさ動き始めたのでしょうかね。今年の10月から消費税が10%に上がる可能性も高いですから、大量にPCを買うのはいま、の流れなのやも。

>私も何がマズいのか具体的に言えないのが困る
仕事用のPCだと、特にMS Officeの最新版がサポート外になると痛いですね。確かOffice 2013の時点で、Vista以下のOSへはインストールさえできませんでしたし。MSのことですから、Win7のサポート期間が終了して以降は、Office 2016をWin7以下へインストールできなくなるはず(既にインストール済みなら動作はOK。再インストールは不可)。

ほか困りそうなことですと

1.MSから「Win10に乗り換えろ」広告が次々に着弾
2.「お使いのWindowsはサポートが終了しています」とポップアップ警告が頻出
3.「セキュリティリスクを回避するため、そのソフトは起動できません」とややマイナー系のソフトは軒並み動作不可
4.アクションセンターの監視をOFFにできなくなる
5.「セキュリティリスクを回避するため、お使いのドライブを暗号化しますか?」→「はい・後で」の2択な選択肢が2~3時間に1回くらいポップアップで表示される

これくらいは起こりそう。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。