国内PC出荷台数、前年比6ヶ月プラス打止(by.JEITA)

2018年10月30日

JEITAが2018年9月の数値を公開。

好調に見えていた過去6ヶ月の前年比が今回は大きめなマイナスとなっており、9月は秋冬モデルの出荷時期なので、NECと富士通が新機種を絞った上に出荷台数を少なめにしたのだろうと推測。

いつも通りJEITAのコメントから。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちらの2018年。

パーソナルコンピュータ国内出荷実績
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

当月のコメントより。

上半期は第1、第2四半期ともに好調に推移し、2013年度下期以来9期ぶりに台数・金額ともに前年を上回った。

上半期の感想文として茶を濁したか、9月の100%割れには触れないスタイル。確かに上半期は全体の累計が台数102.1%、金額105.2%なので前年を上回ってはおります。

前年比の推移。

推移

3月から続いた水面浮上が今回は盛大に水没。

前の月は8月なので出荷台数が特に増える要素の無い月、9月は秋冬モデルの出荷で増える月。しかしこれは前年だけとの比較であり、昨年に影響されるわけで、この推移グラフだけではよくわからない。

ちなみに今年4月のデータに誤りがあったらしく、修正後の数値へと書き換えているため、過去のグラフと少し変わっております。

カテゴリ別。

種類別

分母の小さいオールインワンが激しいですな。

前月150%近く行ったと思えば、今回は平常運転へ戻ったかのごとき大幅な100%割れを起こしており、8月は何だったのか数値を見て来ると、通常3万台クラスに対し6万台出ていたため、法人の大口でもあったのか。

9月は種類問わずで全体的に低調ですな。

 

台数・金額とも9月度は今年が過去8年最低

前年比ではなく実際の数と金。

台数と金額

出荷台数は9月度の最低、金額も2016年と並ぶ594億円で最低。

jeita-2018-09-lst

ところが平均単価は9月度過去最高。

平均単価

パソコン高いので売れないのか、売れないから高くするしか無いのか。

売れていた頃、2011-2012年平均と2018年の比較。

過去比

台数4割減、金額2割減といったところですな。 

 

Win10保留組は2019年7月まで待ちを推奨

出荷台数を見る限り、まだ7終了祭りは始まっていると言えない推移で来ており、当サイト予想では来年1~3月頃からスタート。

そこから数ヶ月後の7月に10のシェアがどこまで伸びているかにより、マイクロソフトが7のサポートを延長する可能性があると予想。

マイクロソフトという企業、勝手に予定がころころ変わる。以下は2018年10月現在のWindows 10のサポート期間。 

win10-sp-1809

source:Windows ライフサイクルのファクト シート - Windows Help

10リリース直後のサポート終了は、バージョン関係なく2025年10月14日までになっていたはずが、上記の通り、いつの間にかビルド単位でのサポート期間へ変更されております。これらは延長ではなく現状なら逆に短縮。

予定コロコロ変更した前例は10サポートに限らず、過去にXPを何度も延長した経緯があり、終了半年前に「もう1年延長」とメーカーなどへ連絡するパターンを見た。なぜ知っているかはメーカーに居たから。

また、前月になり「やはりもう半年延長」も見たため、7でまだパソコン使えているなら今はCPU高騰もあり時期が悪い、かも知れない。

7サポート切れが理由で買い換えるならば、来年7月か8月が一つの目安。個人的には前月パターンまで引っ張るつもりなので、来年末のギリまでどうなるか、どうするかねばる予定。

しかしこういうことができるのは自作PCユーザくらいと思われ、企業で複数台7PCあるとか、個人でもパソコン詳しくないなら早めの置き換えを推奨。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>パソコン高いので売れないのか、売れないから高くするしか無いのか。
単価が高いから売上台数が右肩下がりでも、売上金額はギリギリ踏み止まっていると言えないことも無いですね。

100円×100個=10,000円
150円× 60個= 9,000円

小学生の算数に出てきそうな式。

>以下は2018年10月現在のWindows 10のサポート期間。
Windowsは10で終わりとするなら、サポート期間をバージョンごとに分けるのは当然でしょう。サポート人員だってタダ働きでは無し。古いバージョンは「サポート外です」で突っぱねる姿勢は理解できます。

Ubuntuなんぞもバージョンごとにサポート期間が変わりますね。現在バージョン18.XX。確かバージョン17はサポート終了済みのはず。

Ubuntu はメジャーバージョンが偶数だとサポート期間が長めになります。
なので 14.xx 16.xx はまだサポート対象。

検索していたら以下のサイトを見つけました。各OSのサポート期間が一覧で載っているので結構見やすい。
# Windowsも載ってます

各OSのリリース日とサポート終了日を表にまとめてみた
https://qiita.com/yunano/items/4757f86f9e92bb4f503f

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。