国内PC出荷台数、前年比6ヶ月連続プラス(by.JEITA)

2018年9月29日

JEITAが2018年8月の数値を公開。

今回も前年比はプラスであり、半年続けば本物か、と言いたいけれど昨年が悪すぎただけとも言えるところがここ数年のPC市場であり、しかし上向いて来たことには変わりないとも言えるか。

いつも通りJEITAのコメントから。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちらの2018年。

パーソナルコンピュータ国内出荷実績
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

当月のコメントより。

8月は、個人向け・法人向け共に前年を上回り、全体では台数・金額ともに5月・7月に引き続き前年比二桁伸長となった。

8月の二桁伸長は、出荷台数が+12%、金額+14%なので確かに二桁の伸び。XP祭り終了からの5年間では出荷台数が3位、金額はトップクラスなのでパソコン高すぎないか?とも思える点は、後で出る平均単価のグラフにて。

前年比の推移。

前年比推移

浮上し続け推移しております。

特に書くことがないのでカテゴリ別へ。

カテゴリ別

オールインワンに何があったのか150%に届きそうな勢いであり、それまでの5~7割までの低下がウソのような伸び方。

法人が一体型PCを導入するとも思えないため、個人向けの家電量販店用な秋冬モデルが大量に発射されたのか。JEITAはNECと富士通で7割占めるのでオールインワン4機種+αなNECが本気出したか。

 

地を這う流れが前月からやや復調

前年比の%ではない実際の台数と金額の推移。

台数と金額

金額は過去3年で比較すると4月からほぼ全て上回っているようで、対して台数の方も7~8月は多少は良い感じに。

台数と金額が当月2桁伸長は本当ながら、実際の数値をグラフで見るとまだまだ全然たいしたことはなく、復調と言い切るには難しい印象。

平均単価、高すぎ。

平均単価

当月までの7ヶ月連続で過去最高を記録してしまい、今年に入り(家電量販店の)パソコンが高くなったと感じたなら気のせいではなさそう。但しこの数値は出荷ベースだろうから、実際には値引きされ割を食うのは店側か。

私は家電店の店頭へは滅多に行かないけれど、まれに行くからこそわかる、どの店も昔ほどパソコンは売り場が広くなく悪循環になっていそう。

パソコンが爆売れしていた頃との比較。

過去比

台数は相変わらず3割を超えるマイナスながら、金額は単価が高すぎるためかマイナス2割を切れており-15%にとどまった。ソニー(現VAIO)が統計から抜けた分と思えばマイナスはもう少し縮まりそう。 

 

マウスとパソコン工房は来年が勝負年

出荷台数の一覧表。

数値

黄~緑の色分けは条件付き書式にして小~大を表しており、オレンジはXP終了祭りの約1年間。

現在が7サポート終了予定1年3ヶ月くらい前であり、XPに重ねると来年3月頃から本格的な買い替え需要が高まる見込。

そして2020年1月にサポートが終わり2~3月までは余波があるとしても問題はその後で、再び氷河期が来るならばそこから4年は大した黒字が出ず、または赤字決算で耐えなければならない。

何がマズいかは、来期決算までは良い数字が出せるとしても、再来期以降の決算では反動が出るわけで、MCJ(マウスとパソコン工房の会社)の株価がどうなるか。

MCJがどう出るか予想すると、本格的に祭りが始まったならここぞとばかりに宣伝しまくり売りまくるはず。そして本当に7が終わるならば再来年はヤバい年に。

友人がまだMCJ株(6670)を持っているので年末までに処分するべきかも知れないと伝えておこうと思った。

但しマイクロソフトの気まぐれで予定変更は充分ありえると思えば、結局どうなるかはまだわかりませんな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>オールインワン
そういえばなぜ液晶一体型PCが「オールインワン」なのですかね。字面通りにオールインワンなら、ノートPCこそオールインワンですが。

>どの店も昔ほどパソコンは売り場が広くなく
PCマニアが来そうにないケーズデンキとかヤマダ電機とかですと、特にデスクトップPCコーナーの専有面積が減っていますね。近所のヤマダ電機は2台しかデスクトップを置いていませんし。

>マイクロソフトの気まぐれで予定変更は充分ありえる
手持ちのDSP版Windows7Proを転売して儲けられる可能性が微レ存。

PC需要意外な急進でIntelに供給不足、ハイエンドチップから回復へ | TechCrunch Japan
https://jp.techcrunch.com/2018/09/29/2018-09-28-intel-acknowledges-supply-issues-will-prioritize-premium-chips/
世界的にはPCの需要が増えているようですよw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。