国内PC出荷台数、前年比5ヶ月連続プラス(by.JEITA)

2018年8月31日

JEITAが2018年7月の数値を公開。

5ヶ月連続で前年比プラスでの推移な原因は昨年度の数値が低かっただけ、と同時に、それよりは多かったのだから昨年よりはマシ、という当たり前な書き出しのJEITAネタ記事のやる気なさ。

いつも通りJEITAのコメントから。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちらの2018年。

パーソナルコンピュータ国内出荷実績
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

当月のコメントより。

7月は、3月~6月と同様に法人向けが好調に推移し、台数・金額ともに前年比二桁伸長となった。

またもや法人向けが好調らしい。JEITAは前年比を%でしか見ていないからね、仕方ないね、というやつかと。

前年比の推移。 

前年比推移

立て続けに浮上しっぱなし。

しかし昨年、2017の3~6月を見るとほぼ全て100%割れた水面下を推移しているわけで、2016年レベルまで戻っただけと見るが妥当でしょう。 

カテゴリ別の推移。 

種類別

前月の記事でも書いたけれどオールインワンが本当にもうダメですな。2017年の後半から落ちて行き、最新7月のデータによると3万3千台規模まで縮小しております。

 

本年度は過去3年と似た推移

過去3年と変わり映えしない流れ。 

出荷台数と金額

出荷台数に対し出荷金額が割と高めな点は平均単価のマジキチ化が原因。

平均単価

2011と2012年を平均した過去との比較。

過去比

全然復調とは言えませんな。

 

PC出荷台数は前年と本年度が底な印象

実際の出荷台数な棒グラフの方が昨年と似た高さ。

出荷台数2013~

昨年と今年がほぼ変わらず、しかし本年度はわずかながら前年比はプラスに転じている、ならば昨年辺りが底だったと推測可能。

この調子で行けば来年3月頃からのWindows 7サポート終了需要が始まるとするなら、3月頃までは100%少々の前年比が続き、そこからXP終了時のような祭りが始まりそう。

本当に法人が好調かは何とも言えない。やはり棒グラフの方。

デスクトップ単体

3月から法人が好調と言えるような棒の高さには見えない。

そして上で、「XP終了時のような祭りが始まりそう。」と書いたけれど本当にそうなるかは疑わしい気がしないでもなし。

あの前年比150%祭りは、XP->7の割合が多かったわけで、次回の7->10が本当にそこまでのお祭り騒ぎになるのだろうか、という疑問。

もし3月過ぎても大きな変化が見られなければ、マイクロソフトは渋々7のサポートを延長するのではなかろうかと妄想しております。

かつてのXPよりVistaが嫌われていた、言い方を変えるとVista仕様が売れず仕方なくXPのサポートを何度も延長せざるを得なかったことを思い出した。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

>前年比の推移。
とりあえず前年比を超えているなら、各社の企業努力がそれほど的外れでは無いことがうかがえますね。150%を超えていたって正しかった証明にはなりませんけれど。

>最新7月のデータによると3万3千台規模まで縮小しております。
液晶一体型で真っ先に思いつくのはiMacですけれど、WindowsPCでは何が代表格ですかね。まさかSurface Studioでしょうか。

価格.com|液晶一体 マイクロソフト Surface
http://kakaku.com/pc/desktop-pc/itemlist.aspx?pdf_se=59&pdf_Spec101=4

>平均単価
これって「全般的に高い」のか「特定の高額モデルがよく出ている」のか、どちらで価格が引き上がっているのでしょうかね。

>次回の7->10が本当にそこまでのお祭り騒ぎになるのだろうか
弊社オフィスの場合、Windows10への移行率は15%くらいです。Windows7が80%くらい。移行はする予定ですけれど、実施体勢は「壊れたらWindows10機に買い替え」のみ。業務用端末として動いているWindows2000とかXPとかは、移行するという話を聞いたことは無いですね。

Windows 7完全終了まであと500日を切る…… - やじうまの杜 - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1141048.html
>私の記憶する限り、Windows XP SP2が登場した2004年の時点で9年前のWindows 95を使っていた人は相当珍しかったはずです。
当時とは違うんですよw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。