国内PC出荷台数、前年比プラスも依然低調(by.JEITA)

2016年12月 3日

JEITAが2016年10月のデータを公開。

2ヶ月連続で前年比プラスの後、9月はマイナス、そして10月で再びプラス。パソコン景気復活の兆しと言いたいけれど、実際の出荷台数や金額を見ると過去最低レベルとなっております。

いつも通り前年比から。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちらの2016年。

JEITA / 統計データ
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

10月のJEITAコメントを引用。

10月は企業向けが堅調に推移し、2ヶ月ぶりに台数・金額とも前年同月を上回った。

先月のコメントでも企業向けが堅調に推移と書かれていたので、業務用で主に使われるパソコンはデスクトップ単体だろうとして過去の数値を見ると、2016年4月から10月までの7ヶ月間は100%を割っていなかった。

重なって見づらいけれど水色の単体がそれ。

カテゴリ別

左の盛り上がっている1年はXP終了特需、その右1年間は特需の反動、更に次の1年間もマイナスとなっている理由は何なのか。

単純にPC買い替えて2年程度で再び買い替えや新規リース契約とかしないだろうから、当然の結果と言えばそれまでだけれども。

全体。

前年比全体

和式の新年度開始となる4月から7ヶ月目、4度目の前年比プラス。前回の私の予想というか当たり前な指摘を引用。

昨年の10月は前年比65.1%という絶望的な率になっている為、今年の10月は確実に100%を超える事でしょう。割れる理由が思い当たらない。

source:国内PC出荷台数が再びマイナスへと転ずる(by.JEITA) - BTOパソコン.jp

プラスになれども当然、割れる方がおかしい、と。

 

2015年度から本格的に低調が続く出荷台数

前年比はアテにせず実際の数値を見ましょう。

出荷台数と金額

前年度となる2015年、緑と本年度オレンジを見ると同じくらい。

出荷台数と出荷金額なので、メーカーから出荷されるタイミングが1ヶ月前後する事もあるとするなら、4月以降のここ2年は台数も金額も大差無いと言えそう。

祭り期間を平均化。

平均化

2015年からまだまだ回復はしておりません。

紫は特需&反動の2年間として例外と考え、2011年と2012年が以前の出荷台数だったとして平均化し、2016年を比較するとこうなる。

過去比

10月までの累計で比較するとマイナス38%くらい。

特需前の2年間を基準にすると現在は2/3ほどまで減少しており、これは単に特需の反動のみでは無く、7では無いWindowsが避けられているとも憶測可能。

ちなみに金額は累計でマイナス29%くらい。金額の落ち込みがややマシな原因は、ハードウェアに余計な機能を付けて単価を上げていたり、為替相場の影響があると思う。

話を戻し、上のグラフが右肩上がり、折れ線にした方が面白くなるようなら復活の見込みはあるけれど、マイナス30%を維持するようなら本格的にWindows PCはダメになって行っている、と言えるかは一概には無理な理由を次で。

 

今後は更にアテにならなくなって行くJEITA統計(まとめ)

JEITA統計参加企業は現在9社。

アップルジャパン(株)、NECパーソナルコンピュータ(株)、セイコーエプソン(株)、 東芝クライアントソリューション(株)、パナソニック(株)、(株)日立製作所、富士通(株)、 (株)ユニットコム、レノボ・ジャパン(株)

日立は一般向けPCは作っていないはずなので実質8社。

上記に入っていない比較的大きなPCメーカーは、DELL、日本HP、MCJ(マウス)、サードウェーブ(ドスパラ)、ついでにVAIOあたり。ツクモとフロンティアは謎。VAIOは年商73億円なので中々デカい。

今まではメーカーが抜けていても過去の数値と相対的に見るなら大した問題では無いとしていたけれど、レノボとNECと富士通がPC事業で連合軍となってしまうならば規模として富士通が縮小されるやも知れず。

逆に抜けているとしたPCメーカーは特に悪い話は聞かず、クレバリー倒産後はパソコン工房(JEITA参加のユニットコム)がフェイスとツートップをやめて吸収した程度。

レノボが入っているのでNECと富士通が漏れる事は無いとしても、規模としてどうなのかが問題。

売れない->出荷数減->事業縮小、と来るならば、不参加企業のシェアが拡大するやも知れず。そうなるとJEITAは国内メーカーの大手をだいたいおさえている、では無く、国内の一部メーカーになってしまいそう。

良い方へ考えると、縮小や脱落してもなおプラスへ転じるならば、2011&2012年を平均した過去比が0%へ近付いて行くようならマジで復活しているとはいえるやも知れず。

というわけで、JEITAがどの程度アテになるかは、BCNのPOSデータによる売上シェア、MM総研の国内メーカーシェアを並行して見なければならないと思うので見ておく事に。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>デスクトップ単体
ノートPCのように、小型化や軽量化や薄型化など、外見の特長を活かすのは難しいですから、前年比100%を超え続けているという事は、所有欲より必要に駆られた需要を満たしている、と捉えて良いのやも。

>日本HP
会社のデスクでHP製のデスクトップを使用している所、それなりにありますね。ただ全機がHP製は見た覚えが無し。HP製のノートを使用している会社は、かなりのレア。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。