国内PC出荷台数が2ヶ月連続で前年比プラス(by.JEITA)

2016年10月 4日

JEITAが2016年8月のデータを公開。

前月に続き今回も100%超えとなっており、2ヶ月連続で前年割れしなかったのはXP終了祭りの終了後以来2年以上ぶり。「国内PC市場復活の兆し(キリッ」とか言いそうな大手メディアに期待。

いつも通り前年比のグラフから。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちらの2016年。

JEITA / 統計データ
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

8月のJEITAコメントを引用。

法人向けが堅調に推移しており、7月に続き、2ヶ月連続で台数・金額共に前年同月を上回った。

法人が堅調らしいものの、一覧では個人と分けられてはいないので良く解らない。台数規模としては過去数年ほどでは無いとしても、とりあえず昨年よりはマシと言える推移がこちら。

前年比推移(全体)

2年前の6月に前年を割れ、そこから1年は祭りの反動なので100%割れるは自然だけれども、更に1年前の6月からもマイナスは続いており、ようやく今年の春頃から復活の気配。

2ヶ月連続となれば偶然やブレとは思えず、昨年の9月は92.4%なので、これを100%超え出来るなら本物か。次の10月は昨年65.1%なので割る方が難しそう。

カテゴリ別。

カテゴリ別

水色がオレンジと重なり見づらい、8月は120%の辺り。JEITAコメントの法人が堅調とはこれ、デスクトップ単体の事を指しているのかと。

全体的に水色の上下が激しい為、これが安定して100%超えになるなら法人需要も祭りの反動から解き放たれたと言える、のだろうか。

この前年比に騙されてはいけない点は、2年連続で前年割れした後の年なので、いくら100%超えようとも大した事ではございません。

例として、祭りで200%となり翌年50%になったなら100へと戻った、更に翌年70%ならばマジで70%、そして本年度120%ならば良くなった気がするものの、本来の84%でしか無いという意味。何をもって本来と言うかにもよるけれど。

 

出荷台数過去最低となる月も2ヶ月連続で解消

見出しの件は後回しとし、いつも通り台数と金額の推移。

出荷台数と金額

昨年度の緑と比較すると、本年度のオレンジはまたもや過去最低を記録しそうな勢いで降下。次の9月は緑でさえ80万台、600億円超えているのでハードルが高く見える。

祭りと反動を平均化したグラフ。

平均化

かろうじて前年よりはマシと言える月が2回続いただけで、例年や2011年などと比較すると低迷さ加減が良く判る。

ところで見出しで書いた、過去最低を回避している出荷台数一覧がこれ。

数値で一覧

オレンジは祭り期間で、その後の青系は過去最低ならば水色、過去最低を更新したなら青、という感じで濃くして行ったもの。見事に2年連続で下回り続けており、2016年6月は3年連続で該当月の過去最低を記録。

しかし、その後の7,8月は色を変えるのが面倒になったので白にしているけれど、それぞれの該当月のワースト2になるまでは回復しております。

9月は817千台を超えられるか、885千までは行かないだろうという感じ。885千を超えるようならPC市場復活の兆しと言って良さそう。

スマホやタブレットが低調らしいので、それらからパソコンに乗り換える人が増えたのかも知れない(震え声&棒読み)

 

Windows 10シェアは今後本当に失速するのか?

無償アップグレード、その無償アップが7月末終了による駆け込み需要もあり10のシェアは現在Windows内で4割近くまで行っております。当サイト調べ。

推移

source:Windows利用率、無償内で10シェア38%?(2016年8月) - BTOパソコン.jp

タダが終われば意地でもアップグレードしなかった人が有料で10へアップグレードするとは思えず、他にも10が今後伸び悩むであろう要因はいくつかアリ。

  1. 法人向けPC用の7ダウングレードは今後も残る
  2. 10にしなかった自作PCユーザも7/8.1を使い続ける
  3. 10を嫌った人は旧Windows目当てに中古PCを買うかも

2と3は少数だとしても、国内パソコン出荷台数の5割以上が法人向けなのだろうから、Win7があるなら多少高額になろうとも10は選ばない企業は少なくは無さそう。

しかし、10を選ぶ理由も結構多い。 

  1. 個人向けのWindows 7仕様PCは今月で出荷が終了
  2. Windows 7の単品は、すでにプレミア価格へ突入
  3. 新CPUはWindows 10のみサポートとなる
  4. 7のサポート寿命は毎日減り続ける

2~4は主に自作PCユーザ、3と4に関してはPCメーカーもサポートが3年少々しか無いパソコンを企業へ、「ダウングレードしてどうぞ」とは言いづらくなると思われ、1と4を考えると個人で完成品PCを買う人は自然と10仕様へ買い替えるはず。

同社は当初、2~3年以内に10億台の端末でWindows 10を稼働させるという目標を掲げていたが、7月にこの目標を達成できるのは2018年より先になるとコメントした。

source:「Windows 10」端末、ようやく4億台を突破とMicrosoftが発表 - ITmedia

2~3年で10億台という数値が元から夢を見すぎていただけ、強引にしつこく無償アップを押し付けなければ、ここまで嫌われなかっただろうと予想できる自業自得。

世界市場でのWindows 10仕様の端末の台数推移。

  • 1月・・・2億台超え
  • 5月・・・3億台超え
  • 9月・・・4億台超え

という事は来年1月には5億、とは行かない。もうタダでは無いのだから。

しかし上のグラフ、Windows XPと7のシェア推移を見て判るように新しい方が増えて古いWindowsが減り続けるは自然。あせらなくとも2020年頃には10がシェア70%を超え10億台行くだろうから放っておけばよろしいかと。

今月で個人向け7仕様PCは販売終了。

サポート3年で良いなら今月が買い替え時。私がパソコン詳しくない人のPC選びに付き合うなら、10に慣れた方が良いと助言するので、マイクロソフトは私に金払って欲しい、というのは冗談だけれども、金くれなくても10にしとけと進言したい。

リンク用ソース

コメント(2)

出荷台数を実数で羅列すると

2011年8月……852,000台
2012年8月……801,000台
2013年8月……818,000台
2014年8月……610,000台
2015年8月……490,000台
2016年8月……526,000台

ですから、8月が前年比170%くらいを記録していたら、HaswellとLGA1150が登場した2013年と同等でしたが、さすがにそこまでの回復は無理でしたね。

>2年連続で前年割れした後の年
前年比で見ると、最悪を下回らなければ、数字上の格好はつきますからね。ですから私は前年比が嫌い。実数が好き。

>金額の推移
単純に割算すると

2011年8月……85.2万台で638億円、1台あたり 74,882円
2012年8月……80.1万台で528億円、1台あたり 65,917円
2013年8月……81.8万台で612億円、1台あたり 74,816円
2014年8月……61.0万台で448億円、1台あたり 73,442円
2015年8月……49.0万台で405億円、1台あたり 82,653円
2016年8月……52.6万台で436億円、1台あたり 82,889円

こんな感じですから、値上がっている割には出荷台数が増えていますね。高齢化&少子化のおかげで、子供にPCを買う親が増えたのでしょうか。

>10を選ぶ理由
自宅用としてわざわざ高いWin7を買うメリットが少ないので、効率や能率を求めない娯楽用途なら、Win10を選ぶメリットは無いにせよ、Win7を選ぶデメリットが目立ちますね。

私も新しいノートPCの購入を検討していますが、「自宅で使っている7を使いたい」という気持ちと「10に慣れておいたほうが良い」「使用頻度が低いので安く買いたい」という気持ちがありますw

Windows板からWindows 10の評価が下される : PCパーツまとめ
http://blog.livedoor.jp/bluejay01-review/archives/49694687.html
10の評価盛りすぎだと思うw XPや7には敵わないw
ちなみに私的には
使い勝手の評価はXP>7>Vista>10>8.1>8
見た目の評価は7>Vista>XP>10>8.1>8

Windows 7および8.1がプリインストールされた搭載PCの販売が今月で終了 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2016/10/04/267/
やっぱり販売は終了w

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。