国内PC出荷台数がやはり前年比マイナス化(by.JEITA)

2016年8月12日

JEITAが2016年6月のデータを公開。

4月に前年割れがほんのり解消したかと思えば、5~6月は相変わらずの立て続けな100%以下へと逆戻り。売れないから出荷しない、出荷数減るので前年割れしてしまうのは当然。

いつも通り前年比から。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちらの2016年。

JEITA / 統計データ
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/

6月のJEITAコメントを引用。

四半期では、企業向けは比較的堅調に推移したが、個人向けが低調であったため、8四半期連続で前年割れとなった。

翻訳すると、「2016年4~6月の企業向けは比較的堅調、但し、個人向けが足を引っ張る形となり2年連続の前年割れとなった」だと思う。

「思う」とは、2016年4月は割れていないので個人向けが8四半期連続割れの意味では無かろうか、とも思える為。

出荷台数全体の前年比推移。

前年比推移(全体)

相変わらずな水面下にて浮上せず。

XP祭りの反動が続いているのか、10無償アップグレード祭りが効いているのか、両方かも知れないならば8月以降は多少回復するのか。

カテゴリ別で見ても100%の下で団子状態。

カテゴリ別

水色のデスクトップ単体が回復しているように見えるけれど、少なかった昨年の出荷台数と比較している為で、いくら法人向けが比較的堅調とはいえども少ない事には変わりなく、数値は次で。

 

国内PC出荷台数は全盛期の6~7割まで低下

過去5年分との比較。

台数と金額

前年比のみでは無く、5~6月と2ヶ月連続で過去5年間の出荷と金額ともにワーストを記録しており年々減少傾向。

青と赤が上下し過ぎてまぎらわしいので、XP祭りと翌年の反動を平均化したグラフがこちら。

祭り前後を平均化

金額はタッチスクリーン搭載や2in1、円安傾向が続いたので単価が上がっており上昇。その割に出た台数は少なめ。

NECは知らないけれど、ソニー(現VAIO)、富士通、東芝の規模が縮小したのだから出荷台数が減るのは当然。

悲観的な煽り記事が多いけれど、マイクロソフト様のお陰で無料で最新Windowsへアップグレード出来たり、買い替え需要が低下しているならば単純にパソコンが故障しにくくなったとか、性能不足に悩まされなくなったと思えば良い事。 

PC出荷台数や金額の減少により困るのは売る側の都合であり、消費者視点で感想文すると上記のような良い時代になっただけとも言えそう。

パソコンが3~5年の消耗品から10年近く使えるまともな家電製品並になって来たと思えば良いのだろうか。

 

2016年10月までの7仕様PC販売終了祭りは無し?(まとめ)

約2~3ヶ月後の10月末でWindows 7/8.1仕様のパソコンが出荷終了。言い換えると11月以降は小売店の在庫以外は10仕様のパソコンしか販売できなくなってしまう。

個人ユーザや店頭でパソコン買う中小企業は期間に少し余裕があるとしても、大人買いする比較的大きめな会社の場合はまとめて発注するならば、10月までにメーカーの工場から出荷するよう手配しなければならない。

という事は、富士通やNECなどが法人ユーザへ呼びかけ、以後Windows 7仕様のPCは購入出来なくなってしまうという7終了祭りがありそうな気がするけれど、実際には無いでしょう。

XP以前のWindowsを使っているような企業が7へ移行するとは思えず、Vistaのシェアは約2%まで落ちているので買い替え需要が低すぎ、7以降ならば7へ移行する必要性は皆無。

そう考えるといっその事とっとと10のみになってしまった方が諦めがつくと思われ、7仕様PCはいつ終わっても良い気がして来た。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

サンプルを採っている企業が少なく、市場の動向をはかるには不適当なため、JEITA統計は見限るのでは無かったでしたっけ。

>過去5年分との比較。
多少の誤差はあるにせよ、数字が上下するタイミングは同じですから、単に新モデルを出すだけでは、昨年よりまた下がるのは確定。

>7仕様PC
PCのハードウェア寿命が10年だとすれば、OSは7より10の方が長く使えはしますね。できるなら7と10のPCを1台ずつ欲しいですが。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。