国内PC出荷台数が15ヶ月連続で前年割れ(by.JEITA)

2015年9月30日

JEITAが2015年8月のデータを公開。

通常ならば6月以降の前年比は割れないはずのところ、依然として3ヶ月連続で割れております。タブレットに食われたかApple Watchの影響か、はたまた安倍総理のせいなのか。どれも違うので真に受けず。

出荷と金額を適当に見て参りましょう。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちら。

JEITA / 統計データ
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/2015/

JEITAの8月分に対するコメント。

8月としては、現行体系となった2007年度以降、過去最低となり、台数、金額ともに15ヶ月連続で前年同月を下回った。

というわけで、台数全体の前年比推移がこちら。

前年比推移

最右の赤い文字を追加。

本来ならば前年の6月から割れ始めたので、その割れた数値に対しての比較になるのだから、今年6月からは割れるのはおかしいと言える期間の開始。

率をイメージで言うと、

  • 2013年度・・・120%(やたら多い)
  • 2014年度・・・80%(120%との比較なので割れて当然)
  • 2015年度・・・100%(平常運転になるはず)
このようになるはずのところ、2015年度も出力80%状態が続いているという。2012年度以前の100%と比較し、2015年度は3割くらい低い感じ。

カテゴリ別で分けたものがこれ。

カテゴリ別

モバイルノートが復調するかと思いきや再び低下。

主に法人向けとなるデスクトップ単体も低迷が続いており、どこかのメディアが「悪いのは個人で有り、法人は低調では無い」と書いていたけれど、法人も悪いと思うグラフがこちら。

デスクトップ単体のみの台数と前年比

水色の前年比が落ち続けている線は一つ前のグラフと同じ。台数を見ると2015年4月はグラフ上の期間内で最低、そこからも出荷台数は低い状態が続いておりましょう。

富士通やNECの営業力によりXPから7へと無難に置き換えた法人が、2年も経たず10へ移行するわけが無いと見てよろしいかと。

 

国内PC出荷と金額の実際の数の推移

上が台数、下は金額。

出荷台数と金額

2014年(青)を2015年(緑)が延々と下回っている件。2013年度(赤)はXP終了祭り、青はその反動、緑も反動が続いているのか。

赤と青を平均化し、2015年のデータを入れて行っているグラフ。

XP祭りの平均化

平均した2年間は2012年以前とそう変わらないものの、最新の2015年も平均に混ぜて差し上げた方が良さそうな低さの連続。

4月にApple Watchが出た影響でしょうな(投げやり)

 

国内PC出荷台数15ヶ月連続前年割れ(まとめ)

なぜ前年比で割れ続けるかは、個人向けの夏モデルがマイナーチェンジばかりで新製品の出荷が少なかった為も原因と見ており、なぜ夏モデルがパッとしなかったかはWindows 10が7月末リリースの為、出すに出せなかったのだろうと見ております。

しかし各社、秋冬モデルには間に合った模様。

富士通は10月3日より、NECと東芝は9月中旬の発売、という事は出荷時期は8月下旬辺りから9月にかけて順次小売店へと送られて行くはず。

いずれも最初から標準でWindows 10仕様。10の評判は私ら7ユーザには高くは無いものの、8~9月に実施した調査では10の好感度は8ほど悪くは無く、どちらかと言えば良いと感じている人が多め。

問題は、いくらWindowsが新しくなろうと10の評判が悪くは無かろうと、手持ちのパソコンが7か8.1ならば最新のWindowsへとタダでアップグレード可能な事。

NECや富士通などを選び新しいパソコンへと買い換える人達が、果たしてハードウェア丸ごと新しくするだろうかという疑問。

勝負は9月に始まり年末商戦で盛り上がる12月までの4ヶ月間。

このおおよそな和式第3四半期で前年を割り続けるようなら、ガチでもうダメかもわからんね状態と思われ、安倍総理では無くマイクロソフトのせい。10への無償アップ終了予定の来年7月までPC市場は大寒波かも知れない。

以下、オレンジ色を濃くした月は6,9,12,3月。

新製品は年4回

NECなどのパソコンを買うなら型落ちを推奨、型落ちを買うなら時計の上下左右の月が良いと過去何度か書いている月は新モデルの出荷な為で、濃い棒がその月。

過去の推移と今年の6月を見ると、2015年度9月は80万台行かないかも知れませんな。行かなければ10月以降も厳しいと思う。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。