国内PC出荷台数なぜか終わらぬ前年割れ(by.JEITA)

2015年9月15日

JEITAが7月のPC出荷数や金額を発表。

6月以降はXP終了祭りの反動から立ち直る予定がそうも行かず、7月も引き続きの前年割れ。2ヶ月連続で予想外の出荷減少が続いており、一体何が起こっているのか考えてみる次第。

適当に見て参りましょう。

国内パソコン出荷台数の前年比推移

ソースはこちら。

JEITA / 統計データ
http://www.jeita.or.jp/japanese/stat/pc/2015/

JEITAのコメントより。

旧OSリプレースの反動減から脱却し前年実績より伸長が期待されたが、台数、金額ともに14ヶ月連続で前年同月を下回った。

全くもってその通りで有り、12ヶ月なら解るというか当然と言える期間が2ヶ月も延びている件。

12ヶ月間は一昨年の出荷数が異様に多く、昨年が前年を割るは当たり前。しかし、その割った前年を今年は再び割っているという意味不明状態。

出荷台数の前年比をグラフ化。期間は8発売以降。

前年比(全体)

XP終了祭り終了の6月から12ヶ月、そして最新の6~7月も減少。

7月を例にすると、昨年は約8割なので2割減、今年は約7割として3割減。という事は、一昨年を1とすると2割減後の3割減なので56%程度しか出荷されていないという事に。

「なるほど法人向けデスクトップの影響ですね」と思ったなら、やや違うと思うグラフがカテゴリ別。

カテゴリ別

右端の2つを御覧有れ。

6月より復調の兆しが有ったものが7月には低下。その下がっている物はノートの2種類で、割れ方はデスクトップの方がひどいもののノートは5月レベルへと逆戻り。

前年比では無く台数や金額で見た方が判り易い。上は台数、下が金額。

5年分の台数と金額の推移

色の付いている年の線へ補足。

  • 赤:2013年度・・・XPサポート終了までの12ヶ月間
  • 青:2014年度・・・XPサポート終了からの12ヶ月間
  • 緑:2015年度・・・その後

2011や2012年度を見ると、4~7月は1ヶ月あたり800~1000万台規模で出ていたものが2015年度は500~600万台まで減少。半分とは言えないものの、6割ほどまで落ちております。

2013&2014年とも比較する為、この2年間を平均化。グラフの種類が違うだけで、上で貼り付けた折れ線と元データは同じ。

平均化

XP祭りと祭り終了後の2年間を平均した紫は2012年までとそう変わらないと言えるけれど、日本式2015年度の緑は明らかに数値が低い。

但し、この「平均する」という表現は、前年と比較出来ないのでやっているわけで、年度毎の推移で見ると、2014年度から単純にパソコンの出荷台数、言い換えると買い替え需要が以前ほど無いと考えられる気がする。

もしかするとApple Watchの影響かも知れない(棒読)

嘘は置いておき、JEITAはDELLなどレノボを除く外資系や、ユニットコム(パソコン工房系)を除くBTOメーカーが統計に入っていない為、もしかするとDELLやドスパラ、マウスなどへ需要が流れている=NECなどの出荷が落ちるという可能性も考えられるけれど、その影響は計り知れる程度と思われ別の理由でしょう。

これまた同じデータで出荷台数の数値一覧。

7月の比較

7月がこの5年の最低を記録。

タブレットかスマホかApple Watchの影響に違い無い(棒読エクストリーム)

 

2015年9月も割れるのかが見どころ(まとめ)

なぜ6~7月が割れたかは、

  • 法人のリプレース特需が終了
  • 一般向けPCの買い替え需要が低下
  • JEITA統計にはDELLなどが入っていない

も有るかも知れないけれど、おかわりすると

  • 10リリース前なのでNECや富士通などが夏モデルを出し控えた

これが有力と見ており、夏モデルをいつも通り出さなかったのならば、秋冬で取り返す可能性が有るとするなら出荷は9月から回復。(JEITAの9月分入力が10月下旬で、ネタにするのは11月の記事)

「10が出た後の8月なら上がるのでは?」と思ったならそうも行かない。夏モデルを出し渋ったならば新製品の在庫が無く、無い物は出荷出来ない。

しかも10はマイクロソフトがメーカーをガン無視で見切り発車した為、8月に10仕様で出せたメーカーは結構少なく、NECなどが間に合うわけも無し。

JEITAはNECと富士通が濃く出る為、次のいずれかになるはず。

  • 10仕様なら売れそうなので秋冬は頑張る(9月は前年割れない)
  • 無償アップグレードの影響で新製品売れなさそう(9月も割れる)

9月も割れたならばNECなどはマイクロソフト、Windows PCをしばらく軽視するやも知れず。そうなると事業としてどうなのかという疑問が湧くと思われ、レノボのような盾の無い富士通と東芝がどう出るか。

今すぐ撤退は無いとしても、その準備をし始める大手PCメーカーが出る可能性は余裕で有ると感じております。

一行にすると、マイクロソフトが自分勝手過ぎる。

リンク用ソース

コメント(3)

>JEITAはDELLなどレノボを除く外資系や、ユニットコム(パソコン工房系)を除くBTOメーカーが統計に入っていない
Appleは外資系ですが。
まあ、ここはBTOパソコン.jpだから関係ないからでしょう。

価格コムを参考にすると、

デスクトップPC
Windows 10 搭載のPC……188台
Windows 8系搭載のPC……714台
Windows 7系搭載のPC……391台

ノートPC
Windows 10 搭載のPC……224台
Windows 8系搭載のPC……1,188台
Windows 7系搭載のPC……562台

という販売状況ですから(2015年9月15日現在)、Windows10が統計には大した影響を与えていないことには納得。

>9月も割れたならばNECなどはマイクロソフト、Windows PCをしばらく軽視するやも知れず。そうなると事業としてどうなのかという疑問が湧くと思われ、レノボのような盾の無い富士通と東芝がどう出るか。

東芝、パソコン家電から撤退の可能性wwwwww : PCパーツまとめ
http://blog.livedoor.jp/bluejay01-review/archives/46273884.html
現時点で最もパソコン事業から撤退しそうなのは東芝かも知れないw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。