DELLとSONYが追撃するiPadの発売は5月28日(金)8時より

2010年5月27日

発売延期になったアップルのiPadが5月28日、午前8時解禁です。

ヨドバシやベスト電器など、Apple Authorized Resellerでは無い店では販売出来ない独占商品と思っていましたが、ソフトバンクとアップルストアの他にビックカメラやソフマップでも売るようです。

iPad国内販売、ソフトバンクとアップルストアでは朝8時から
http://japanese.engadget.com/2010/05/25/ipad-8/

全国 16店舗のソフトバンクストア、およびApple Store では、当日の朝8時から販売が開始されます。台数は一人につき2台まで。

誰が3台以上必要なのか知りませんが2台まで。

ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ケーズデンキ・ヤマダ電機・コジマをはじめとする家電量販店、および一部のアップルプレミアムリセラーでも、あくまで「ソフトバンク製品として」販売

Apple製品では無くソフトバンク製品という名目だからでしょうか。BCNランキングでは、ビックカメラとソフマップの取り扱い店舗が宣伝されております。文字引かないので興味が有ればどうぞ。

iPadはここでゲット! ビックカメラとソフマップが取扱店舗・発売時刻を発表
http://bcnranking.jp/news/1005/100526_17220.html

 

ロイター発、タブレットPCはDELLが来月から追撃開始

但しヨーロッパからという海の向こうでの話ですが、6月にGoogle Androido仕様のタブレットが出るようで。米国は秋頃となっている為、日本では軽く来年でしょうか。

米デルがタブレットPC「ストリーク」発表、「iPad」に対抗 | テクノロジーニュース | Reuters
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-15513820100526

日曜の記事2つ目(DELLのスレートが6月発売)でネタにした事を今思い出しましたが、世界同時などやらない理由は牽制というか様子見を兼ねているように思えます。

デルの最終的な目標は、大企業向けのタブレットPCを製造することだと述べた。

大企業向けとは大きく出たものですが、20年程前までパソコンの無い企業が多かったと適当に想像し、現在はPCの無い方が珍しいと勝手に妄想すると、10年いや5年以内にタブレット(海外ではスレートというらしい)が普通に導入されているやも知れませんね。

 

SONYまでタブレット市場へ突撃 か?

ソニー様は独自路線を突っ走る事がSONYだと創業者では無く私が今思ったのみですが、サードパーティ(ソニー以外)の企業にVAIOを作らせるとか、パソコン事業の方向が以前と変化している気がします。

ソニーと BT もタブレット PC 市場への参入を検討 - japan.internet.com
http://japan.internet.com/allnet/20100518/11.html

最近になって一部大手企業が撤退する中、『iPad』で先頭を切る Apple に続き、タブレット PC 市場への新たな参入企業としてソニーと BT Group の名前が挙がっている。

 撤退した大手企業の方が気になります。

 BTグループが何かは初めて知りましたが、海外では有名なブランドのようです。どの程度凄いのか調べるには面倒過ぎる為、手っ取り早くアクセス数で比較。

ソニーとBTグループとドスパラ

青がsony.co.jp、赤bt.com、黄色ドスパラ。ドスパラは適当に突っ込んだ比較用ですが、ソニーの企業ドメインと対等な集客数を誇っております。以下、ソニーの話。

「そろそろ、市場が本当に iPad を受け入れているかどうかを適切に判断できる」とした上で、ソニーとしては「タブレットの投入に見合うだけの大きな市場があるという確信が持てない」と語った。

まだ待ち、様子見かも知れないと迷っている状態。

DELLもそういう方針だったと記憶しておりますが、なぜかここ数年はマイケルさんかっ飛ばしておられますな。AdamoとかAlienwareから拡がった市場に廉価製品を大量に突っ込むという方向が薄くなっているような。

 

タブレットはパソコンというよりデカイ携帯用端末

最近、脱線するのが癖になって来ていますが、秋にはソニーとGoogleが組んでGoogleテレビをやるそうな。ロジテックはテレビにくっつける本体を出す予定。

Google TV 発表、秋にソニーとLogitechから発売
http://japanese.engadget.com/2010/05/20/google-tv-logitech/

冒頭数行しか読んでいませんが、今までテレビでインターネットが流行らなかった理由としてGoogleが言うにはシームレス(境目が無い)が出来ていなかった事。これを解消する事でテレビでインターネットやメール、パソコンのように使えると考えています。

やや古い話ですが、元ライブドア社長の堀江氏が数年前に同様かそれ以上の事を考え実行しようとされていましたな。やり過ぎて政治の力で吹き飛ばされたのだ、とは私の個人的な解釈。

過去の記事で度々「タッチ操作は無理が有る」「タブレットPCはパソコンでは無い」と書き、マイクロソフトのWindows7に付いたWindowsタッチとやらを否定して来ましたが、こうなると話は変わって来ます。

Googleテレビでは家電にパソコンの簡易的な機能を充分に載せ、タブレットでも同様に簡易機能を携帯出来るサイズで提供。それで良いならパソコンを使う必要は無い。一部の人にはですが。こうなると中途半端がノートや一体型PC。

  • 高性能デスクトップ・・最新のパーツで固めた動く映像ぬるぬる状態
  • 低~中程度のデスクトップ・・キーボードの打ち込みが主な用途
  • タブレット、GoogleTV、PS3・・受動的、簡単操作のインターネット
  • 携帯電話、スマートフォン・・小さい

Googleは3年以内に今のようなでかいパソコンは無くなると言っていましたが、それは普通のノートPCの事では無かろうかと。ネットブックとA4ノートの利点は小型でクールなデバイス、とするならタブレットやテレビやタブレットに変われど自然。

しかし、平気で4コア以上使うアプリケーションや、GTX400番台を2枚で標準のようなハイエンド必須の何かが出なければ、テレビ型に追い着かれて本当にパソコンは無くなるかも知れない。パソコンが必須な理由は

  • フルサイズのキーボードで文字入力が必要
  • プログラミングやデザインには画面の大きさが必要
  • 一人一台と言える程の為、個人で買える安めの価格設定

安くなり20インチ程度で性能がそこそこ上がれば、キーボード付きの一体型PCで良くなるかも知れません。

ムーアの法則というやつでしょうか。CPUに限らず最近のPCは高性能になり過ぎて内容に意味が無くなって来ている為、それを使いこなせなくなった時に箱形パソコンも要らないかも知れず。

妄想が過ぎましたが、今買うならパソコンで良いでしょう。しかし5年後には、タブレットPCなぞ私はもちろん要りません とか言っていないかも知れません。

脱線し過ぎて書けなかったiPadネタ。発想が素晴らしい。

via: 和洋風◎ , デジタルマガジン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。