無停電電源装置(UPS)の使い方と考え方と応用方法

2015年7月29日

UPSネタその2。

前回はオムロンのBY50Sを実機レビュー。今回は機種を問わずUPSという物をどう使いこなし停電に備えるかを考えてみる事に。実は私がUPSを購入した理由は、PC以外にも有るので応用も。

先にUPSの使い所から。

無停電電源装置(UPS)の使い方と考え方

1.6万円もしたので強引に2記事書いているのか、と思われたなら正解。先にUPSとは何かを引用にて。

無停電電源装置(むていでんでんげんそうち)とは、入力電源が断になった場合も、一定時間、接続されている機器に対して、停電することなく電力を供給し続ける電源装置

source:無停電電源装置 - Wikipedia

本来はサーバー用、私の場合はデスクトップPC一式のバッテリとして。

接続する機器の最小数を考える

現在、UPSへ接続しているマルチタップに繋がっている物はこれら5つ。

  • デスクトップパソコン x2台
  • 液晶ディスプレイ x3台

全部のワット数を合計すると実測で250W前後になるのだけれども、私は2人も居ないのでデスクトップPC2台の電源を入れる状態は稀。

というわけでパターン1、メインPCの場合は合計160Wくらい。

  • デスクトップPC x1(80W)
  • 液晶ディスプレイ x3(計80W)

パターン2、事務用PCの場合は100W程度。

  • デスクトップPC x1(70W)
  • 液晶ディスプレイ x1(30W)

なので250Wも行かないわけですな。

UPSを置く前は、滅多に使わない割に常時電源オンのプリンタなども接続していたけれど、UPS経由しない別のマルチタップへ移動。

プリンタの待機時の消費電力など知れているけれど、必要の無い物は徹底的に減らした方がバッテリの消耗が遅くなるのでよろしいかと。

ワットとVAと力率の計算と実容量

UPSを選ぶ際に注意する事は出力容量のVAについて。

omron BY50S 価格

source:価格.com - オムロン BY50S

このUPSの場合は500VA。電気の知識が無い私には何の事やら良く解らず。オムロンの説明によると、VA=ワット数/力率、しかしこの力率がやはり良く解らない。

白熱電球の場合は力率1らしく、100ワットならばそのまんま100ワット。しかし、コンデンサなどの影響で力率が0.85になるような物の場合は、100ワットに対し117.6VA(100W/85%)必要になるそうな。

では仮に最悪80%として400Wまで行けるのかと言えばそうでも無く、価格コムには書かれていない情報がこちら。

BY50S

500VA/300Wと記載。この機器は300Wが上限なので、力率の計算とかしなくても良いレベル。さすがに0.6(500VAx60%)を切るような機械は無かろうという意味にて。

他のUPS、例としてCyberPowerのBackup BR 375を見ると375VA。メーカーの仕様を確認すると375VA/255Wとなっているので力率0.68以上でも255Wが上限という事になるはず。

TDP300W近いグラボを搭載しているなら、ゲーム中の高負荷時にBY50SはステータスOL(おそらくオーバーロードの略)を返して沈黙する可能性が有るので、高性能パソコンの場合はUPSの定格容量を超えないよう注意しましょう。

ネットワークはどうするのか?

パソコンの電源が落ちず強制終了にならず、手動や自動シャットダウン出来るとしても、私の場合はブログを書いている途中なのでネットワークが切れても困る。ネットが切れて保存ボタンを押し、エラーが出るとシャレにならない。

ネットワーク接続まで残すならば、私の環境では最低でも以下2つの機器への給電が必要。

  • ハブ・・・パソコンと終端装置の中継として1台
  • 終端装置(モデム)・・・ 止まるとLANから出られない

ハブはUPSへ接続するとしても、終端装置まで廊下から部屋まで持ち込むと無線LAN親機やFAXまで巻き添えとなるのでやや嫌。

ならば安い矩形波のUPSをおかわりか。

br375

source:価格.com - CyberPower Backup BR 375 CP375 JP

しかし戸建てなら良いけれど、マンションの場合は建物のどこかに集合装置のような物が有るならば、それの電源が落ちると無意味。しかも回線を維持する為だけに5千円以上は割高。

というわけで、私の環境ならばまずこれ。

マザーボードに無線LANを搭載

無線LANカードを内蔵出来るので、アンテナを装着するとデスクトップPCも無線化可能。これはスロットとカードが余っている内蔵しているけれど、する必要は無く、USB接続の物が1千円程度で売っております。

停電時は無線LANルータも使えないので、アクセスポイントはこれ。

tethering-galaxy-tab.jpg

現在はDMM(ドコモ)のSIMカードが挿さっており、パソコン側を有線から無線へ切り替える事で対応可能。

と思ったけれどここまでするくらいならば、書きかけの記事のソースを表示し、テキストファイルへコピペし保存した方が早いと思った。運悪く画像のアップロードや保存ボタンを押した直後に停電した時には備えとなりそうな程度。

作業続行するならノートPCで

停電後はノートPCが最初からバッテリ内蔵なので利用可。

スマホでノートからテザリング

当たり前にUSB端子が付いているので、タブレットを接続し充電しつつテザリングするなら5時間くらいはもつのでは無かろうかと。このノート、普通に使用しても7時間くらいバッテリ駆動出来る仕様。さすが富士通様。

「タブレットはUPSに接続した方が良いのでは?」と思ったなら、台風シーズンのUPSには別の役割が有るので次で。

 

DCモーター扇風機の消費電力は低い(まとめ)

私がUPSを購入した理由は、ブログを書いている際の突然な停電が怖い為。主に台風による強風の影響か、やや長めな瞬間停電も嫌。

しかし、それだけの用途でさすがに1.6万円は高価と思いつつ数年が経過し、現在は2015年。私にUPSの購入を決断させた物が実は扇風機。

HEF-DC50

source:http://www.hitachi-ls.co.jp/product/air/hef-dc50/

夏を迎え、5年くらい使っていた扇風機を出して動作させると軸がブレたのか異音が発生。3千円の安物YAMAZENあるあると諦め、価格コムを見ているとDCモーター仕様なる扇風機を発見。

扇風機ごときに1万円近くも出せないと思いつつ、なぜここまで高価なのか調べていると、DCモーターという仕組を採用しているので高くなるそうな。

アイリスオーヤマ製品のDCモーター式が4~5千円なのでそちらにしようかと思ったけれど、5年以上使うとするなら4千程度の差で性能や寿命が短い可能性を考えると自然と日立インスパイア・ザ・ネクスト。

DCモーターは静音。そして画像に有る通り、運転時の最低消費電力は1.6Wという省電力性。強さを中程度にしても首振りしなければ10W行かず、最大でも18Wという低さ。

これを利用出来ると思い、UPSの費用対効果が上昇したという。

台風による停電の際は電気が使えず、風雨を伴うので窓を開けるわけにも行かず。コンビニに長居出来ない性格なので、クソ暑い室内で焼酎をロックでやりつつノートPCで作業しながら復旧を待つ事になるわけですな。そこで扇風機が動くのはデカい。

PC群を3分以内にシャットダウンさせたなら、バッテリ残量は約10分x160ワット分。この扇風機ならば2~3時間程度は動くと思われ、風量を落とせば6時間以上もつと思われ睡眠時間としては充分。

UPSはパソコンやサーバー用に限らず、どのような状況で使えるか考えると価値は高まるかも知れない。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(7)

>3千円の安物YAMAZEN
私の家にある扇風機はYAMAZENしかないですよwwww
電子レンジまでYAMAZEN。

別にYAMAZENと関係のある人物ではない。

>作業続行するならノートPCで
性能や劣化を気にしないなら、とりあえず急場しのぎとして、中古で15,000円程度のノートPCを1台くらい用意しておくと、助かる場面が無いこともないですね。私の手元には中古2台、新品購入から2年経過の1台の計3台のノートPCが有り。中古はHD動画をループ再生で2時間、2年経過ノートは3時間くらいバッテリは持ちます。

>DCモーター扇風機
ちらっと調べた限り、ACモータは「電磁力の強さ」で風力をコントロールしているのに対し、DCモータは「電磁石の磁極(SとN)を入れ替えるタイミングを変える」ことで風力をコントロールしているのだとか。

>最大でも18W
これ、実際はどの程度の消費電力なのですかね。扇風機ですから力率は1.0とはならないはず。という事は「扇風機の消費電力」は「18W」でも、例えば力率が0.9なら「UPSからの電力供給は20W(実際はWではなくVA)」になります。ロスした2W(VA)がUPSへ戻って行くとして、その出戻りした電力を再利用できるのか私には分からず。


UPSを持ち歩きたいというなら、AC出力付きのモバイルバッテリを利用する手も有るといえば有りますね。デカイ上に出力もショボイですが。

AC出力に対応したモバイルバッテリーが登場、MacBookの充電もOK - AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20150401_695585.html

>そこで扇風機が動くのはデカい。

こちらをどうぞ。バッテリーパックを使うと最大20時間とのこと。ただし約49kしますが。 

失礼、リンク貼り忘れ

http://www.balmuda.com/jp/greenfan/

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。