Haswellは本当に良いのか?今回もダブルグリスバーガー

2013年6月10日

Haswell発売から約1周間が経過。

新CPU、コードネームHaswell(ハズウェル)はインテルの第4世代Core iシリーズで、省電力に優れグラフィック性能が向上したとインテル談。BTO PCメーカーの中の人が殻割りしたり消費電力を比較していたので紹介。

手短に参ります。

ツクモの中の人が「i7-4770K」を自腹で殻割り

海外の勇者待ちかと思っていたけれど、秋葉原へ降臨。

Haswellの“殻割り”にショップが挑戦
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20130604_602188.html

Core-i7-4770K-tsukumo.jpg

2013年6月現在、最安でも3.7万円くらいするCPUを分解。そして、今回もIvy Bridge(第3世代Core~)同様、Haswellもダブルグリスバーガーと判明。

※ダブルグリス(バーガー)とは・・通常、サーマルグリスはヒートスプレッダ上部に塗るけれど、内側にも塗られているためダブルグリスと呼ばれております。私はGIGAZINEで初見

写真左がCPUの基板側、マザーボードへ取り付ける方。右はヒートスプレッダで、CPUクーラーと密着させ放熱する金属の裏(内)側。

いずれも灰色のグリスが盛られており、色や質感から想像すると、リテール(BOX、箱入りのクーラーセットCPU)のCPUクーラーに使われる固く熱伝導が比較的よろしくないグリスと思われる、私に言わせると手抜き設計。

CPUは分解するものでは無くハンダなどで溶接して良く、熱伝導率はグリスとは段違いの性能でしょう。なぜ3万円以上するCPUで手を抜くのか意味が判らない。安ければ構わないというものでも無いけれど。

Ivy Bridgeのi7-3770KはTDP 77W。Haswell、i7-4770Kは84W。

Ivy~発売当時「Ivy~はCPUクーラーを選ぶ際にTDPを高めに見積もってくれ」と言っていたと記憶しているけれど、Haswellではその高めを最初から公式の数値と表示をしているのか。

以前、Haswellの特徴を調べつつ書いた際、従来のCPUと比較し省電力という割にIvy~よりTDPが高めになっており違和感が有ったけれど、そういう事なのかも知れませんな。

省電力はモバイルの話?ドスパラが性能など比較

ドスパラの公式ブログより。

第4世代Core i7/i5(Haswell)速報レビュー | ドスパラ
http://review.dospara.co.jp/archives/52065867.html?waad=Q0lvf1FC

wchk-haswell-dospara.jpg

Haswell最上段と、最下段のIvy Bridgeで比較しましょう。いずれも動作周波数、キャッシュ容量、コア数/HT対応など数値見た目の性能は同じくらい。

画像の数値はドスパラがワットチェッカーで測ったものらしく、アイドル時は確かにHaswell(最上段の4770K)の方が3770Kより低め。約1割程度の差。

しかし最大負荷時は1割までは行かないとしても、Haswellの方が消費電力は高くなっており、どこが省電力なのかと疑問に思える数値。

実際にはCPUやグラフィック性能のスコアがHaswellの方が高く、それを含めると比較的省電力と言えるかも知れないものの、劇的な差が有るとは言えず。

CPU性能、CINEBENCHのスコアを引かせてもらいます。

  • i7 4770K     8.25(9%)
  • i7 3770K     7.56 (8.9%)
  • i7 2700K     6.94

括弧内は1世代前との比較で、HaswellはIvy~より9.1%スコアが高く、Ivy~はSandy~(2700K)より8.9%高い、と。

以前、レノボが貸してくれたゲーミングPC、i7-3820搭載のCPUを4.3GHzへオーバークロックしスコア8.20なので明らかに動作周波数が関連しているものの、性能の数値は同じでもHaswellが9.1%Ivy~より優れております。

ドスパラの総評を引用。

  • 3D性能は、CPUスコアの影響が大きい大討伐を除き、30~39%の大幅アップ
  • 消費電力はあくまで参考値ですが、ほぼ同等~微増
  • 温度に関しては、i7 4770K用クーラーの方が冷却に優れている
  • 全体的な感想として、CPU性能は微増(中略)内蔵ビデオ機能は大幅増

というわけで、過去のCore iシリーズと比較して悪くなっているわけでは無いけれど、CPU性能の向上率は第2世代から第3世代へ上がった程度。

BTOパソコンや完成品は今後Haswell以外の選択肢が無くなる

Haswell発売以降、メーカー各社は順次移行しており、Ivy Bridgeは在庫限りになっている可能性大。

性能で見ると今更Ivy~を選ぶ理由は無いけれど、Haswellは円安の影響も有りIvy~より価格が高め。

価格重視なら新CPUが出たばかりの今は時期が悪いと思われ、急がないなら2~3ヶ月様子見でしょうな。

また、デスクトップ用のインテルCPUはダブルグリスが標準になっているようなので、今後OC遊びをする人は殻割り+グリス塗り直しまで楽しめそうですな。

私を含め一般PCユーザはCPUの中身を気にする必要は無く、普通に使い普通にケース内を掃除しましょう。

ダブルグリスはIvy~特有の手抜きと思っていたけれど、これが標準、当然、インテル仕様ならあきらめるしかございません。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。