パソコン工房が半期決算セールを開催中(2017年3月)

2017年3月10日

4月4日の午後までセール。

パソコン工房は年がら年中セールをしている印象があり、今回は半期決算という名目でほんのり値引き。広めたいだろうし、私もネタ切れレベルがゲージを振り切っているのでこれで1本。

興味無ければ最後のまとめだけでもどうぞ。

パソコン工房が半期決算セールを開催中(2017年3月)

パソコン工房はセールが多い。

pckoubou-sale-top

4月4日まで、なので4月5日以降にまたすぐ今度はスプリングフェスタとかGWスペシャルセールとかやりそう。

以前の2月の記事で私が指摘したアドブロックで商品ページへのリンク画像が消えてしまう件が直っております。URLが変わった様子は無いのでアドブロック側が対応したのだろうか。

それは良いとし、左上のCore i5仕様を何となく拝見。

STYLE-M022-i5-HN-L

これは安い。私はお世辞とか提灯はしない。

だいたいCPUだけで2.3万円くらいするのだから、構成を適当に見ただけでも6万円ならばおすすめ可能。用途は普段使い、ゲームとかハードな事しない、しかし性能に余裕を持たせるならという辺り。

しかしCore i5は盛りすぎだろうと思われ、CPUをPentiumにするとこれ。

STYLE-M022-P-HCS

なぜCore i5との価格差が少ないかは、こちらは240GBながらSSDを搭載しており、容量足りるならば断然こちらがおすすめ。Core i5+HDDよりもPentium+SSDの方が体感での処理速度は後者が有利なはず。

メモリが4GBなので8GBへ変更すると約5千円高くなるものの、長い目で見ると5千円をケチるところでは無い気もする。

ノートならば少々高めになってしまうけれどこれが良さそう。

STYLE-15HP042-i3-HMV

CPUがCeleronなら4.2万円くらいから、SSD非搭載ならばCore i3で6.8万円の機種もあるけれど、こちらはSSD搭載でしかもHDDも載せた2ストレージで合計1.24TBの大容量。

メモリ8GBは文句無く、モバイル(移動)用ではないなら15.6型はノートにしては大画面。今時HD解像度がやや古臭い感じはするものの個人的にはバランス良いと思うサイズ。

機種が多すぎて見疲れたので以上。

やはりBTOパソコンのセールは割とどうでも良い

パソコンでは無く、外食や洋服の場合は購入するタイミングがあり、偶然セールだとか広告など入っていたなら嬉しいけれど、パソコンは頻繁に買う物では無い上に購入のタイミングは故障した際の買い替えや必要な時の買い足し。

サイコムも年に何度か送料無料セールをやっている、あれも意味は薄いはず。1,500円の送料がタダだからと20万円のゲームPC買うか?という話。

「今なら安い」が通用する商売ならば分かるけれど、パソコンは自動車と似ており、今安いからと今すぐ買う、買い換えるものでは無いかと。

話題づくり、露出やブランド力を高めたい意味でやっているのだろうとは思うけれど、値引きしても売れない時は売れないし、買わない時は買わないのだから、労力の割には合わない気がする。

この点、やはりマウスが上手いと感じており、ゲームPCならばG-Tune、クリエイター向けにはDAIV、一般向けに販促する際は全モデルSSD搭載とか凄く分かり易い。

正直、iiyma PCとかインフィニティとか言われても、それはパソコン工房の社内で盛り上がっているだけであり、普通の人はiiyamaは老舗のモニタ屋だとか、MCJの子会社で長野県にあるとか知らないしどうでも良い。

マウスは明らかに外、消費者へ提案しているに対し、パソコン工房は内、自己満足に近い気がしてならないのは気のせいだろうか。

そしてこれ、似たような機種が多すぎどれがおすすめなのか全然判らない。

pckoubou-sale-lot

「決定回避の法則」でググるべし。

また、セールトップの「半期に一度のお買い得キャンペーン」もおかしい。これでは半期に一度しか買得な時期が無いという意味になってしまいましょう。「やってきましたビッグチャンス」も、ビッグなチャンスかどうかは消費者が判断する事かと。

無駄にキャンペーンやセールを連発しても、ウェブデザイナーが疲弊するだけ。G-Tuneのような長期的な、息の長い、気の長いブランディングと販売力が正解と思うのだけれども余計な世話ですな。

具体的には、私が構成したバックアップ前提なS-Tuneとか面白そう。

 

ユニットコムの社長が代わっている件

単なるセールとはいえ、一応プレスリリースも確認しておこうとパソコン工房ブランドの公式では無く、ユニットコムの公式サイトを見て気付いた。

代表取締役の名前が変わっており、トップページの写真も消滅。

unitcom-ceo-2017-03

source:BTO/自作パソコン・パーツ周辺機器等の取り扱い - 株式会社ユニットコム

他人の顔をネタにいじるのは好まないけれど、公式トップを見る都度アノニマスを連想してしまう前社長の画像が上図枠内にあったはず。

アノニマスというか、ガイ・フォークス。

Anonymous_in_Los_Angeles

source:ガイ・フォークス - Wikipedia

パソコン工房の中の人がクソ笑っていそうな気がする。Wikipediaでは2017年3月上旬現在の時点では更新されておらず、高島さんのまんま。

どういう人だったのか、本当かは保証されないけれどこちらを参考に。

代表取締役の人間性が非常に良いため、慕うスタッフが多く、尊敬できるトップのもとで働くことがモチベーションとなる。

source:株式会社ユニットコム(70648)の転職・求人情報|エンジャパン

新社長の端田氏のフルネームで検索してみたものの、同姓同名の別人しか出て来ず不明。MCJ(マウス)の子会社、連結決算なのだから銀行が入ったとは思えず、2015年度も中々の利益を叩き出し中。

  • 売上高 313億81百万円(2015年3月期)
  • 純利益 1億15百万円(2015年3月期)

source:ユニットコム - Wikipedia

働く人により企業は社長次第、個人的には社風とか業種より代表がどのような人かで過去何度か転職したので気になった。

新代表の挨拶文より一部。

評論家でなく実践力を持った行動者であれ!

安定、守りを否定し、常に挑戦し、常に成長をめざせ!

挑戦し失敗しても臆せずにセカンドチャンスに挑む勇気を持て!

体育会系風にて嫌な予感。

失礼ながらこのような事をいう人は、考えが浅はかで計画性が無い、安定した経営を目指さないので従業員の定着率が悪い、大失敗をしても振り返らないので反省せず同じ大失敗を繰り返すパターンを過去に経験。

以前はパソコン工房のサイトを見ていると何度もウザいチャットがピコピコ出ていた割に、こういう時に限って出て来ない。「なぜ社長代わった?」と聞きたかった。

パソコン工房は親会社がマウス、競合のBTOメーカーという妙な関係。TWOTOP、Faith、GoodWillのネット通販を吸収し縮小した意味は昔ほど稼げる業種では無い為とするならば、業績悪化によるものならば、パソコン工房もマウスへ統合されるやも知れませんな。

はっきり言ってマウスの方が販促上手い。マウスの方がというより、国内BTOメーカーならばマウスが一番上手いと思う。

ちなみに高島氏は現在もMCJの代表取締役兼会長。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>半期決算セール
半期だけに半額セールなら乗りますが、どうせ1,000~3,000円くらいの値引きだろうと、タイトルだけで予想。

>Core i5+HDDよりもPentium+SSDの方が体感での処理速度は後者が有利
このPentium G4560、3.50GHzの2コア4スレッドと、もしかしてCore i3と間違えていないかな、と勘違いするくらい高性能な割に価格は7,000円くらいとお安い。確かにCore i5とHDD構成より、PentiumとSSDの方が快適そうです。

>今安いからと今すぐ買う、買い換えるものでは無いかと
PCに関しては、5万円で買いたいけれど、欲しい性能を持つ機種が5.5万円、だから来月に買おうと思っている方が、セールを利用して少し早めに買う事を促す効果が無いことは無いです。ただしそれは「早く金が入る代わりに入る金が減る諸刃の剣」という訳で。

>iiyama
私の周りに居る方、EIZOとiiyamaは知らず、しかしBenQとLGとIODATAはご存知という次第。そういえば家電量販店に辛うじて置いてある単品のモニタ、安めのBenQやLGが多いですね。両社はテレビも売っていますし、モニタといえば、で連想しやすいのでしょうか。

>新代表の挨拶文より一部。
個人的に感嘆符「!」を連発する文章は、軽く聞こえます。内容の信用度は低いですね。言い方は悪いですが、弱い犬ほど吠える、というもの。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。