GTX 1080 Ti発売ニュースとベンチマーク(2017年3月)

2017年3月14日

3月11日、GeForce GTX 1080 Tiが発売。

海外では699ドルの物が日本へ上陸するとASK税込11万円くらいになっているので1ドル155円くらい。12万くらいかと予想していたので思ったより安かったものの、グラボ1枚11万は充分に高価。

適当に見て参りましょう。

自作用とBTOパソコンでGTX 1080 Ti解禁

GeForce GTX 1080 Tiデビュー、実売10万円越え - AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1049028.html

1080-ti-fe-akiba

商品の写真部分が同じに見える理由は設計が同じな為。

各社からリファレンスデザインのビデオカード「GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition」が11日(土)に発売された。

オリジナル設計はまだ先の話で、今回はNVIDIA純正のような感じ。

価格は見ての通り税込10万円中~後半、税別表記で10万円を切れているように見せたいがための設定なのでしょう。

完成品、BTOパソコンも当日発売。

サイコムの方はカスタマイズ前提なのでこれと言える価格は無く、パソコン工房は最安税別約21万円より。グラボが10万なのだから、バランスを取るとこのくらいは行ってしまうのでしょう。

性能は上から、Titan X>1080 Ti>1080になるはずのところ、今回の最上位Ti付きはTitan Xを上回るとか。

GPUクロックやメモリバンド幅などのスペックは、Pascal最上位のTITAN Xを上回る。同社は「TITAN Xを上回る速さを実現した」などと、実際のパフォーマンスも「TITAN X超え」であることをアピール

クロックや転送は高速化、しかしメモリを若干削られているので総合的に見るとどちらが上とは言い切れない。

但し、Titan Xは米Amazonで1700ドルくらいで販売されており、1080 Tiは約700ドルならばコスパで言えば話にならない。

 

1080 TiはTitan X並か超えるか下回る性能

いつも通りPassMarkも参考に。

passmark-hgpu-2017-03-12

source:PassMark Software - Video Card (GPU) Benchmarks - High End Video Cards

1080 Ti、Titan Xに少々負けております。

それでも最上位のQuadro P6000に近いスコアにも関わらず価格は1/10という圧倒的なコスパの良さ。※Quadroはゲーム用グラボでは無い

PassMarkはスコアの一例として、実際にゲームでどう動くかの比較はASCIIのベンチマーク各種が分かり易そう。

ASCII.jp:GeForce GTX 1080Tiを最新ゲームでベンチマーク (1/4)
http://ascii.jp/elem/000/001/448/1448818/?rss

その前に仕様一覧での比較。

1080-ti-titanx-ascii

アーキテクチャーは設計の事で、1080 Tiは名前は1080でもTitan Xと同じGP102、1080や1070とか1060はGP104。Titan Xの一部仕様変更版が1080 Tiな感じ。

1080 TiはTitan Xよりクロックがやや高め、逆にメモリ系はやや低め、これがどう出るかはASCIIのゲームのベンチマークを3種類拝借。

1080-ti-3dmark

定番のベンチマーク、3DMarkによるとTiがTitanXと同等のスコア。

しかし戦争ゲーム、バトルフィールドではMaxでやや大きめに負け。

1080-ti-bf1

ところがゲーム、Fallout4ではTiのスコアがTitan Xを上回るという。

1080-ti-f4

意図して3種類の同じと勝ち負けを選んでいるだけなので、気になるならばリンク先で他のグラフもご覧あれ。

コスパならば圧倒的Ti、性能ならばTitan Xもアリか?と言えば、現在のGTX 1080 Tiは本気出ていないという話を次で。

 

今は時期が悪い、1080 Tiは独自設計待ち

今回出たGTX 1080 Tiは、各メーカーいずれもファウンダーズエディション(FE)というやつで、昔リファレンスと言っていたNVIDIAが開発したデザインや設計そのまんまなモデルなので見た目が同じ。

これに対し、いわゆるオリファンと呼ばれるメーカーオリジナルの設計は、ファンが3連装になるなどの違いがあり、オーバークロックされている物もあるのでFEより性能が高まる可能性。

EVGAの公式より。

evga-1080-ti-fe-ori

source:EVGA - Articles - EVGA GeForce GTX 1080 Ti

左がFE、右オリファン。

オリジナルの方は価格がやや高めになるか同じくらいで、オーバークロックされていなくとも冷却性能が上がる設計が多いので、温度低下や静音にも期待できるところ。

今夜買うか今すぐ買うか、普通の人は待ちでしょう。今買っている人は金持ちな新しい物好きや自力でオーバークロックや水冷化などの改造をする人くらいでは?と見ております。

BTOパソコンでは1080 Tiが無印より有利に?

自作の場合はボード単品で比較するので1080無印が税込7~8万円、1080 Tiが11万円くらいならば3~4万の差、間を取ると1.47倍、Tiが付くと147%の価格なので割とハードルが高め。

しかしBTOパソコンのような完成品になるとこの差は縮まって見え、例として1080無印搭載のゲーミングPCが20万でTi標準が23~24万円ならばたかが3~4万差という見え方も。

となると、単品と完成品いずれも1080の在庫処分または値下げが期待出来ると思われ、Ti買うとかオリファン待ちするほど金が無いなら、あえて1080の無印の値下がり待ちする手もアリだと思った。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

AMDにはRyzenに続き、Nvに対しても巻き返しを図って貰いたい。
AMDのみでNvとインテル様の両方を相手にするのは、ちとキツイとは思いますが。

>12万くらいかと予想していたので思ったより安かった
GTX 1080が7~9万円くらいですから、11万円なら妥当と言えなくもない程度の価格ですね。性能差も2~3割くらい出ていますし、1080を買う気ならいっそ1080 Ti、という考えも出そう。

>クロックがやや高め、逆にメモリ系はやや低め、これがどう出るか
大雑把に言うと、クロックが高い場合は低負荷時に有利、メモリ周りが強い場合は高負荷時に有利、ですかね。一度に処理する情報が多い場合、メモリのバス幅が広いと大量の情報を滞りなく流せるため、高付加時のスコアが落ちにくくなる傾向があります。

>1080 Tiは独自設計待ち
リファレンスデザインは敬遠します。どこから買ってもデザインが同じではつまらない。メーカの色が出るオリジナルデザインが出てから検討開始。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。