ドスパラの対応が最悪でネタでしかないSSD Z1事件

2019年4月18日

ドスパラ最悪を地で行き始めたドスパラ。

この出来事はドスパラZ1事件として語り継がれそうなレベルと感じており、ガソリン撒いて自爆芸したと思えば、今度は頭から灯油をかぶって来た。ここまでの領域に達してしまったドスパラは何なのか。

頭おかしすぎて笑えない。

ドスパラで何が起こっているのかありのまま

履歴はこれら。3つ目だけ読めば何のことかわかる。

3行にしましょうか。

  1. SSDチップ偽装疑惑で販売自粛
  2. 謎のエアと思われる第三者機関登場
  3. 何の報告もなく半年以上が経過し新Z1発売

もう少し詳しくするとこう。

  1. インテルチップ搭載のSSDと称してZ1シリーズ発売
  2. リマークというチップ偽装してTwitterで炎上する
  3. インテル「SSD用チップは他社に卸していない」

インテルがとどめを刺しているにも関わらず、ドスパラからは何ら音沙汰なく時間だけが過ぎ、これはもうダメかもわからんねと思い、当サイトとしてはドスパラを非推奨メーカーとして勝手に認定。

製品というモノの問題ではなく、サードウェーブ(ドスパラ)のコンプライアンス的にも、人として日本人相手の商売として頭おかしすぎる対応が意味不明。

わかりやすくなるよう置き換えると、カバン屋がありブランド物のバッグを本物として売っていたけれど、実はロゴ部分が品質基準を満たしていないパーツ、もしくは単なるニセモノな感じ。

カバン屋としては製造元へ「どういうことなの?」と聞けば良いだけの話ながら、カバン屋は何の対応もせず。販売元が第三者機関(?)へ調査を依頼。していない疑惑も浮上。な感じ。

発覚から半年経過しても何も言わないので当サイトではドスパラというブランドが信用ならないとした。

そして4月、エイプリルフールではないまさかの続編。

 

ドスパラの対応が最悪すぎるSSD Z1事件進展

進展というより後退な気がする。

オリジナルSSD“Z1シリーズ”3製品のSSDエンデュランス評価についてご報告
https://www.dospara.co.jp/5press/share_info.php?id=1540

エンデュランス評価?

ポルナレフも驚きの何が起こっているのか不明感。意味不明なら失礼。

  • 問題:チップがニセのインテル製だと認めないのか?
  • ドスパラ:耐久性には問題ない(キリッ

論点をズラせば良いと思っているのだろうか。たった半年少々前のことを私らが覚えていないとでも思っているのか。

こんなデータ出されても何の意味もない、誰も求めていない。

そんなデータは要らない

リリースの文章も割とおかしい。

信頼できる第三者機関に依頼し、

どこの?が書かれておらず脳内第三者機関と疑われても仕方ない。

JESD219A※1に準拠した

何かに準拠しておけばお前ら納得するだろう感しかなく、勉強できるバカな技術者がドヤっている印象を受ける。

書換え耐久性について、明らかな優劣はつけがたい結果が確認された。

耐久性が他の製品と同じならチップは偽装しても良いと開き直ったのか。

ここにも突っ込んでおきましょうか。

本製品とA社、B社の3製品についてSSDエンデュランス評価試験を実施

そのA社とB社がどこで製品が何なのか不明な状態での比較に何の意味があるのかも理解不能。Z1と似た品質の中華リマークチップSSDならば似たような結果になるのは当たり前としか言えないわけで。

および本製品の製造委託元のRITEK社(台湾)から、本製品の製造過程におけるコンプライアンス違反等は無い旨をご報告いただいている

偽装の主犯格である容疑者からコンプライアンス違反は無いと言われて信じるドスパラというメーカーは頭悪いどころかおかしい。

からの新製品の広告をぶち込むとか何なのか。

ことから、当社では新しく「Z1シリーズ DP-SSD960AZ1 (960GB)」を4月11日(木)から発売いたします。

なぜそこまでしてZ1を発売したいのか謎すぎる。

見方を変えると、この程度の報告をしておけばお前らバカなので何かすげー的に納得するだろう的にバカにされている気さえする。

このドスパラZ1事件、サードウェーブとして「ドスパラの担当者クビにした」くらい言わねば収集つかない、信用取り戻せないと思いきや、まさかのサードウェーブ名義であり再び草も生えない。

【お問い合わせ先】 株式会社サードウェーブ 広報部

もうダメかもわからんレベルではなく、ダメだこりゃクラスのバカ。

意味わかっていない人が多いバカッター

とてもわかりやすいツイート、こういうこと。

翻訳すると、「偽装しました」的な自爆芸。

インテルが他社にはSSD用チップは供給していないと言っているのだから、なぜそこにインテルチップが載っているのかは、弊社生産工程において刻印したから。そう言っているわけで。

もっとわかりやすく。

ほんこれというやつで、ドスパラは闇の組織に脅されていてZ1シリーズ再販開始しなければ人質が殺されるとか、会社潰れるような何か弱みでもあるのか?と思いたくなるほどただのバカ。

順番が前後するが皆さんの予想は当たり。

廃人は何もおかしなことは言っていない。

その痛い増田も晒しておきましょう。

「疑惑はそこじゃない」というのが主流の反応なのですが、ここで反論しておこうと思います。私の中での結論は、「誰も何も問題のある行動をしていないし、製品にも問題はない」です。順を追って説明します。

source:ドスパラSSD騒動、リマーク疑惑が言いがかりであること

疑惑はそこではないのだけれども。

この日記を読んでも何言っているのかサッパリわからない。2行引用するだけで、こいつが問題点を把握していないことがわかる。

ここから解説編です。なぜリマークではないと言えるのか。それは、SpecTekがMicronと同じ会社だからです。

そんなことは廃人も昔から知っており、論点はそこではなく、SpecTekのSSDとしては不合格なチップにRITEKがインテルのロゴを勝手に刻印しているのだからが本来の問題。

関係ないに等しいMicronまで巻き添えにしているという、日本のマジキチ政党らがやるブーメラン芸に通じるものを感じる。

 

ドスパラ(サードウェーブ)最悪

ここまで騒ぎになれども、廃人があれほどわかりやすく証拠を出しつつ解説してもドスパラは無視して論点ズラしたつもりになりZ1の960GB SSD発売。

しかも今回も廃人による検証にていきなり玉砕させられており、今後(も2018年8月からも)無視すると決めた開き直りか。

dp-ssd960az1

普通に売られております。

これがどういうことかは、自作PCユーザのSSD選び大変だねという話ではなく、いつドスパラのBTOパソコンにこいつが載せて出荷されるかの話でもあり、完成品PC買う人も無関係ではございません。

どうしてもドスパラでなければ死んでしまう人は、とりあえず容量480GBとか960GBのようなSSDは避けるべき。

製品AとBと耐久性比較したという話が仮に本当だとしても、Aはドスパラでも採用されている中華SSDなColorfulかも知れないし、BはAGIなどやはり中華なSSDならば無意味。

やるなら本物のインテルSSDと比較を。但し、してもチップのリマークな偽装とは関係ございません。ここが論点なのにドスパラもバカッターも無視。

PCパーツもパソコンも今やメーカーで選ぶものではないと言って来たけれど、ドスパラは避けるべきメーカーとなり、SSDはメーカーで選ぶというよりメーカーで避ける感じが今のトレンド。

ドスパラやサードウェーブの中の人、誰も何も思わないのか不思議すぎてならない。私がその中の人ならば、ウソでも良いので「バカが勝手に何か変なことを言っていたのでキックした。割と有名な老舗にも関わらずワケわからんことしてしまい申し訳ない。」で締めて終わる。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(4)

>第三者機関
最近よく耳にする言葉ですが、どいつもこいつも胡散臭い。
ドスパラが金払って、メンバーを集めて検証して貰ったならすでに第三者では無い。
たとえ金払ったとしても、公的な機関(工業試験場のような)でやって貰ったなら第三者機関に該当するとは思いますけどね。
そしてそういう本当の第三者機関なら、きっちり名前を出せると思いますから、まさしく火に油でしょう。
会社として終わってる。


無知な消費者も悪いのでしょうな。
コンプライアンスなにそれ美味しいの? ドスパラが言ってることホントなら安くていいじゃん 的な人ってわりといると推察しますね。

もちろん私は御免こうむりますがw

>インテルチップ搭載のSSDと称してZ1シリーズ発売
>インテルが他社にはSSD用チップは供給していないと言っているのだから、なぜそこにインテルチップが載っているのかは、弊社生産工程において刻印したから。
>SpecTekのSSDとしては不合格なチップにRITEKがインテルのロゴを勝手に刻印している
インテルじゃなくてMicronですよw
960GBモデルは偽インテルチップ搭載のようですがw

>普通に売られております。
まともな品質のSSDも価格が下がっている今、わざわざこれを買うことはないですねw

高級ブランドなら敬遠しますが、上海問屋を擁するサードウェーブなら割とどうでも良いかな、ただし覚悟はしておこう、が私の心づもり。海外通販で

1.箱と中身が違う
2.箱の中身が空
3.パーツが足りない
4.注文した商品と違う
5.催促しても送ってこない

のような経験がありますから、何となく積極的に騒ぐ気にはなれず。食品偽装で騒いでいた時の「食えないもの出された訳じゃ無いし美味かったなら良いんじゃない」という心持ちと似ています。ちなみに中国よりアメリカから購入の方がトラブル多し。

ただしドスパラPCを他人へお勧めするつもりは皆無ですが。

>“Z1シリーズ”3製品のSSDエンデュランス評価
なんでいちいちカタカナ英語にするのですかね。エンデュランスとか通じにくいカタカナでなく、素直に「SSD耐久性評価」とでも書けば良いですのに。頭の悪い方がよくやりたがる手法。

>そのA社とB社がどこで製品が何なのか不明
もしかしたら「ADATA」と「BUFFALO」の可能性が微レ存。

>Z1の960GB SSD発売
前モデルの時から思っていましたけれど、オリジナルSSDの癖にスペックの詳細がどこにも載っていないのですよね。せめて書き込み寿命(TBW)くらいまでは載せろと。記されているのは以下だけ。

----------------------------------------
製品スペック

接 続 :SATA3 6Gbps
容 量 :960GB
サイズ :2.5インチ
最大読込速度:520MB/s
最大書込速度:420MB/s
----------------------------------------

これがPCパーツ屋のやることかと。

ただし値段だけ見るなら「960GBで11,500円」はけっこう安めですから、税込みで10,000円を切るくらいなら私用PCに使う気にはなります。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

mouse

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。