フロンティアFRGA917X/21CST(GA-2010)SSD付が激安

2010年6月18日

昨日6/17にオフィス2010が発売されました。

便乗し、期間限定の特価やキャンペーンなどやるかとBTOの通販を巡回した所、確かにセットは有るもののいつもより安いかと言えば変わりなく。その中で珍しくフロンティアがおかしな構成で展開しておりました。

機種名はFRGA917X/21CSTのSSDキャンペーンモデルとやら。

オフィス絡みの特価では有りますが、ブルーレイでも行けるようです。 

frontier ga 2000(FRGA917X/21CST、SSD無料)

FRGA917X/21CST 【SSDキャンペーンモデル】 - FRONTIER
http://www.frontier-k.co.jp/direct/g/g79785-C/

画像を見ての通りですが要点を書き出しましょう。

  • GA-2010シリーズを買うと先着200名に特典が適用
  • ブルーレイまたはオフィス2010を選ぶとSSDが無料で付く
  • SSDは80GBで超高速らしい
  • 画像のSSDイメージがどう見てもインテル

画像はイメージであり実物と異なる事が有る、と書かれていますが、2010年6月現在で80GBのSSDはインテル以外に無く。万一、ノーブランド(無名)が有ったとしても、そんな事をすると購入者が暴れかねません。というか購入してインテルでは無かったらタレコミ下さい。有り得ないとは思いますが。

 

インテルSSDの80GBなら最安価格は21870円(送料込)

X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2R5と仮定し価格.comから引かせて貰います。最安は21870円の送料込。

インテル、SSDSA2MH080G2R5

インテル X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2R5 価格.com
http://kakaku.com/item/K0000046440/

4月末にネグロックさんがX25-Mを4台のRAID0という変態行為をしており、その後5月頃でしょうか、価格を調べた際に4台では約10万円と書いた記憶が有るため1ヶ月少々で3千円ほど安くなったようです。4台なら何と12千円。そんな事は普通しませんが。

話を戻し、インテルのSSDでしかも80GB(但しMLC)となれば安心の一流ブランド。安くなったとは言え、HDDが大容量かつ激安になったため比較するとまだまだ高額です。現在、2TBが1万円割れたりしている時代。

脱線しまくりましたが、とりあえずインテルのX25-Mなら約22千円です。

 

価格.comの最安価格でパーツ単位から試算してみる

メーカーいじめとも言えますが、パーツ単位で市場価格の最安から仕様を計算して行きます。過去に何度かやりましたが、フロンティアは全体的に高めなので自作の方が安い事も有りやった事は有りません。しかしこれは安いと思う。

全部リンクすると、とんでもない事になるのでリンクはしませんが、2010年6月18現在の価格.com最安値から取って行きます。送料の計算が面倒なので百円単位を切り上げで対応。

  • Windows(R) 7 Home Premium 64bit版 [正規版]
  • Windows7 32bit/64bitセレクタブルリカバリディスク

まずはWindows7ですが、フロンティアは32bitと64bitのセレクタブルになっており、プリインストールは64bit。しかしリカバリをすれば32bitにもなり、リテールパッケージと同等のため最安2万円とします。

DSP版の最安は11千円程度ですが、パッケージでも2万円なら64bitが流行って来た時のために単品買いならパッケージの方が良いかも知れませんね。

  • インテル(R) Core(TM) i7-860 プロセッサー (2.80GHz / 8MB)
  • インテル(R) P55 チップセット搭載マザーボード

Core i7の860は最安26千円。マザーの型番がどこにも書かれておらず不明なため、検索で一番先に目に入ったGIGABYTEのGA-P55-UD3R程度と想定して16千円としましょう。

  • FRONTIER 【GA】ケース
  • 600W ATX電源

自社ケースにメーカー不明の600W電源。自作用で単品で買えば、ケースが1万円で電源は7千円程度はしますが、全く相場が分からないので合計1万円とします。無茶かも知れませんが17千円は無い。

  • 4GB [DDR3-SDRAM 2GB PC3-10600 ×2]

2GBが1枚4~5千円程度。2枚で単純に9千円とします。DDR2も3も価格は変わらなくなりましたね。DDR3の需要が有り量産されDDR2は細くなり数年かけて終息に向かうため、来年辺りに逆転していそうです。

  • 750GB S-ATA2/5400rpm
  • マルチカー ドリーダー【黒】

HDDは価格comのWesternDigital製750GB最安とし6千円。カードリーダーは1500円と行きたい所ですが千円に下げます。いつもの事ですが、BTOパソコンの価格が不利になるよう考慮しております。

  • NVIDIA(R) GeForce(R) GTS250 512MB (DVI-I x2)

これまたメーカー不明なのでELSAのGTS250-512MBで13千円。玄人志向ならもっと安いでしょうか。ちょいと見当たらない。

  • FRONTIERオリジナル 107日本語キーボード【黒】(PS/2接続)
  • FRONTIERオリジナル 3ボタン 光学式スクロールマウス【黒】(PS/2接続)

各500円として千円。

  • Kingsoft Office 2010 30日体験版
  • マカフィー・インターネットセキュリティ 90日間限定版
  • PCリサイクル対応

これらは全部元から無料です。

  • FR2101BKW 21.5型ワイド光沢液晶 【黒】[1年保証]

23インチが2万円を切るため15千円。これも自社製品のようです。フロントにFRONTIERというロゴ有り。関係有りませんがドスパラも液晶は自社製品でした。マウスコンピューターは数年前に買収し子会社になったiiyama製品。

  • 増設液晶モニタ無し
  • PC設置サービス無し
  • ソ フトウェア電話サポート無し
  • ハードディスク返却サービス無し
  • 『楽でん』電話&リモートサポート無し

無しなので0円。

ここまでの合計は117,000円。光学ドライブ(標準はDVDドライブ)を抜いたので、DVDスーパーマルチが3千円程度とするなら120,000円。フロンティアの標準が129,980円なので、約1万円の差額となりました。

これをSSDが付くように変更。先にフロンティアのカスタマイズ後の価格。

  1. オフィス2010パーソナルを追加:+21,000円=150,980円
  2. DVDを抜いてブルーレイに変更:+12,600円=142,580円

試算した最安も同様にします。オフィスはパッケージ最安。ブルーレイは価格.comランキングより最安の読み書き可能なバッファローのドライブ。

  1. オフィス2010パーソナルを追加:+27千円=147千円(差額:3980円)
  2. DVDを抜いてブルーレイに変更:+17千円=134千円(差額:8580円)

もう面倒なので計算はやめますが、差額とした約4千円や9千円で80GBのSSDドライブが付くという計算になります。私の試算はかなり厳しくやっているので、原価が低く見て90%としてもSSDが入ると割れてしまいフロンティアは儲けが有りません。

BTOパソコンが安いという良い例となりました。フロンティア、かなり頑張っていますね。SSDにからくりでも有るのでしょうか。

 

FRGA917X/21CST(GA-2000)は買いなのか?

SSDが付く条件として、オフィス2010またはブルーレイへのカスタマイズが有るため、オフィス2010やブルーレイが必要で他の構成にも文句無いならこの機種は破格です。

ドスパラが正月に99800円以上買うと500人にプレステ3が当たるという豪快なキャンペーンをやっていた記憶が有り、当時「今買うならドスパラか」と思ったものの、今回のフロンティアは先着200人なので確実。カスタマイズにも80GBのSSDが付くと明記されています。

フロンティアのSSDが付くという表記

表に在庫は潤沢と書かれていた為、この状態になっていれば先着200人に入っていると言えますが、不安ならフロンティアに問い合わせましょう。RSSで情報が飛んできたのが6月16日だったので、さすがにこのスペックが数日で200台完売するとは思えません。200台が本当の数値ならという前提。

frga917x/21cst

FRGA917X/21CST 【SSDキャンペーンモデル】 - FRONTIER
http://www.frontier-k.co.jp/direct/g/g79785-C/

安いからという理由では無く、本当にこのスペックが必要か。

予算を13万とか15万出せるのか冷静に考えてからでも遅くは有りません。パソコンは数ヶ月で価格が結構下がるもの。待てるなら待ちですがSSD80GBは旬。

SSDが1stドライブ、HDDは2ndドライブとして取付とありバックアップに最適。CPUはi7の860と高性能。メモリ4GBは今の所充分と言え、ブルーレイが付きGTS250で不満が無ければバランスの良い仕様です。フロンティアは新製品が遅い傾向に有りますが、老舗なので変態技術者が考えまくっているのかも知れませんな。

行くなら5年の延長保証を勧めたい所ですが、さすがにこの価格で26千円も追加するのは予算敵に無茶な気がします。金が有るなら5年保証も突っ込みましょう。高額なパーツ(SSDやCPU)が5年保証になるという意味です。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。