BTOパソコンのフロンティア、KOUZIROのPC知識に疑問

2010年10月 7日

年に数回の激安PC以外でFRONTIER単独ネタは珍しいかも知れず。

ブログを始めた2年程前、フロンティアのサイトタイトルはBTOパソコンの先駆者、FRONTIERと書かれていた気がしますが、現在はパソコン オンラインストア FRONTIERとなっております。

先駆者かは知りませんがBTOという文字も通販ぺージから取っ払っているように見えます。

私はBTOメーカーほぼ全てのメルマガを登録しており、更にアフィリエイトやプレスリリースなど無駄に沢山見ております。全文読む事は滅多に無いけれど。

数ヶ月前からと記憶していますが、フロンティアのメルマガのタイトルが変わり「かわら版」と書かれなくなったと同時に、特集ページが増えたように思います。

先に特集とは別ですが、フロンティアは中々良いサービスがございます。

ぴったりコンシェルジュログイン - パソコン通販のFRONTIER
http://www.frontier-k2.jp/login.php

フロンティアKOUZIROのパソコンぴったりコンシェルジュ

どう見てもログイン画面なのでリンクは切らせてもらいますが、ログインすると相談ボタンが設置されており構成相談が出来ると思われるサービス。

パソコンは値下がりしたとは言えど万単位の買い物。本格的なPC初心者なら、意見の一つとしてやってみる価値は有るかも知れません。

どこもそうですが、サポートなどはPCメーカー(この場合はフロンティア)が直接答えてはおらず外注業者がマニュアル片手は良く有る事。過度の期待は禁物として。

画面のみ見るなら10分メールで様子見も良いかも知れません。

相談すれど他社BTOメーカーより高額になると思われ、どうしてもフロンティアが良いわけでは無いなら、価格比較は必ずしましょう。フロンティアは意味不明に高額なPCが結構多く有ります。但し本気の在庫処分は除く。

 

フロンティアのメルマガから気色悪いメールを受信

メルマガはテキストのみで伝わりにくいもの。かつ私の感覚も有るかと思いますがこれはどうかと。

送信者:FRONTIER\おもしろすぎてすみません号/ <frontier-t@impm.jp>

件名:◆FRONTIER◆あなたのビジネスにどストライク!


●こんにちは。

今日は仕事でパソコンを使う人にとって聞き逃せない話
http://(妙なサイトでリダイレクトするため省略)

あら、ごめんなさい。自己紹介がまだだったわね
私の名前はパソ子。自分でいうのもなんだけどパソコンのスペシャリスト
それが転じて周りからパソ子って呼ばれるようになった

(以下略)

上部はメールヘッダーですが、差出人(送信者)が「FRONTIER\おもしろすぎてすみません号/」とは如何に。

私の脳内が古過ぎでメールのマナーというものを重視し過ぎている事は自覚しておりますが、Fromに宣伝フレーズを入れるとは企業のやる事かと。

普通に来たならアダルトサイトの宣伝と判断しゴミ箱またはフィルタ対象ですが、フォルダに振り分けておりセーフ。

妙なサイトとしたリダイレクトは、http://impm.jpで検索すると他社もヒットする為、広告代理店の宣伝用リダイレクトURLと思われます。

そして偏見かも知れないけれど、桃色部分が気持ち悪い。

ネカマが無理矢理女性言葉を使うとこうなるという例のような。個人なら趣味として結構ですが、差出人欄のノーマナー行為により、私の脳内だけで気色悪さに拍車が掛かっているかも知れません。

ここまでは良いとしましょう。

差出人はFRONTIER\おもしろすぎてすみません号/ですが、メールの出し方を知らない担当が練習をしているのだろうと生温かく見守る事にしたり、代理店の仕業としてフロンティアは悪くないと強引に思い込む事に。

 

老舗BTOメーカーの安心感が薄れる最強ビジネスPC特集

先に、私はフロンティアが好きでも嫌いでも無く、クレバリーやTWOTOP並に情報が無いため過去に触れていない事を前置きます。

また、約1年版前までは延長保証が長過ぎる上に激安(一律5%)であった5年保証が超高額になった腹いせでもございません。

メルマガから誘導された先に最強ビジネスパソコン特集の第一弾とやら。フロンティアはリンクをハデに切らす為、行くなら手数ながらURLコピペにて。

パソコン オンラインストア FRONTIER魚拓
http://www.frontier-k.co.jp/sp/business/index.html

BTOメーカー、フロンティアの最強ビジネスパソコン

なるほど、メルマガはパソ子さんが書いていたという設定なわけですな。

脱線しますが、この手の特集はツクモが素晴らしく上手く、自作PCや改造を考えるならツクモを読めと言える程。しかしマニア過ぎて一部のPC変態にバカうけなのみ。

フロンティアの特集は意図がやや不明なものの、分かり易い内容となっており、特に初心者なら安心して読めるでしょう。上に100万馬力という、やはり意味不明な事が書かれていますがパソ子さんに免じてスルー。

今来た方の為に一応前置きますが、私は現役では無いとは言え、元BTOメーカーの修理を経験しており、デスクトップのみで2000台以上の不具合を見て参りました。数で勝負というわけではございませんが、不具合症状からの原因特定は数が重要。

ネットショップ用のパソコンは「使えれば良い」のでは?

初っ端、ネットショップ用PCとしての概要より。

パソコンについて詳しい知識を持っているのはごく少数。ほとんどの人が「使えればいい」ぐらいにしか考えてないわ。これは本当に大きな間違いね。

クリエイターなどの専門職で機能や性能にこだわるならCPUとグラボの種類や性能、メモリとHDD容量も考えるものですが、ネットショップをやるだけなら私の6年前PCでも出来ます。

日用雑貨・Aさんの作文より。

主な業務はサイト更新、商品の仕入れ管理、売り上げデータ集計、メルマガ作成、お問い合わせ応対など。

サイト更新はアップロードが主で仕入管理はそれ用のソフトウェア。売上データ集計は一般的にエクセルやAccessとして、メルマガはテキストエディタ。お問い合せはメールやWeb上の管理ページから対応。

ここでCore i7を勧めていますが間違い無くオーバースペック。この手の業務で高性能PCは必要有りません。Core i7で10万のパソコンを買うなら、Core i3のPCが2台行けるとして後者が正解と思いますが如何に。

だいたい、ビジネスパソコンを最強と称している時点でおかしい。

「突然パソコンが落ちます -> 電源ユニットが原因」はまず無い

今度は、健康食品Aさんとした作文より。

最近になってパソコンが突然落ちるようになったんです。画像を編集している時なんかに落ちられるとそれまでの作業がすべて水の泡に。一からやりなおすので倍の時間がかかって大変です。
(中略)
どうすれば解決できますか?

どうすれば解決出来るか?という問いに答えておらず構成ミスでしょうか。

問題はこの後。電源容量が足りないと申されるようです。

ハードディスクを拡張したり、光学ドライブや各種ボードなどをカスタマイズしたりすると、もともとの許容量を上回ってしまうことがあるの。それが電力供給不足の原因となってパソコンが落ちてしまうってわけ。

HDDの消費電力は数ワット、スピンアップ(回転し始め)の一瞬でも20W程度。光学ドライブは書込時にやや消費電力は上がりますが、それでも30Wも行かないでしょう。 そして各種ボードが何を指しているか判らずPCIなら行って20Wが良い所かと。

なぜ大容量電源が必要かは、第一にグラフィックボード。グラボが高性能では無いならCPUがトップになりましょう。他のパーツを増設で電源容量に問題が出るなら、ATXとして初期構成の電源容量がおかしい。

そして電源装置の容量を超えてしまうと電源が落ちる前に入らない。入れど一瞬で切れてしまい、最悪電源ユニットそのものが故障するはめに。これはやった事が無い為推測です。

80PLUSだけが良い電源では無く、Bronzeは下から2番目

80PLUSのランクは過去に一覧した80PLUS電源の記事をチラ見して戴くとして。右に「これが目印」と書かれているロゴマークの事。

80plus bronze

80PLUSのどこを指しているか画像からは判りませんが、BRONZEまでを入れているならランクとしては下から2番目、上から3番目。

仕組として、80PLUSという認証が出来るまでは電源装置の安定性が重視されておらず、外から私ら消費者が見ても判らない状態。そこで電源装置の製造元が金を80PLUSプログラムへ支払い、通れば80PLUSのロゴやシールを使う事が出来るもの。

それまでの電源装置は、実効率80%を切る物も有り経年で下がっていく物な為、2~3年で軽く70%を切るなど有り。80PLUSなら各ランクに応じて販売時の効率が80%以上という物。

お金お金システムに嫌気が差したか反発しているかは知らず、あえてメーカー名は出しませんが自社で80%以上効率を謳う製造元も有り、ロゴが有れば良いというわけでは無く、価格が確実に消費者へ跳ね返るという意味ではよろしく無いでしょう。

写真加工にNVIDIA?フロンティアのカスタマイズはQuadro無し

ラスト、さすがにこれは詐欺に近いと思われる内容。

写真加工に時間が掛かりイライラするアパレルAさんとした作文。

写真加工ソフトで修正するのですが、そのソフトの動きもにぶくてにぶくて。他の仕事が立て込んでいるときはイライラ度MAXです。

普通に考えて(メイン)メモリが少ないなら増設、大差無いかも知れませんがCPUもCeleronクラスならフォトショップなどきついでしょうか。

グラフィック性能にNVIDIAのロゴ

私はクリエイターでは無いと言い訳を前置き、確かにNVIDIAのQuadroならメモリやCPUなどより優先されるかも知れない。と思ったものの、並んでいるパソコンを見る限りではフロンティア内に有るハイスペックPCは全部GeForceと書かれており挿してもVRAMを若干得する程度で意味が無いと思われます。

アパレルのAさんがリネージュ2のような3Dゲーム内で露店をしているネットショップという事は無いでしょう。

良く解らない最強PCの説明と、他社のパクり画像

最後に有るコメントの作文ももう少し考えて書いた方が良いと感じる内容。オレンジは見づらい為、テキストを反転しております。

フロンティアの最強パソコンまとめ

左から要点を引用。

  • でもビジネスパソコンに変えてからは1台で2台以上の能力があるのでガンガン仕事できて残業時間が減りました。
  • 建築デザイン事務所に勤めています。 会社ではデスクトップ、家ではノートパソコンでCADを動かしているのですが
  • 思わく通り3D・CG編集もサクサクできてます。

仮に1台で2台分以上の能力が有ったとしても、使う人間が一人より二人の方が効率が良い事は言うまでも無く。CAD用のフロンティアPCは見当たらず、3DやCGも同様。

右端のMacでは見たい動画が見られないというフレーズも良く解りません。私はMacを持っていないもののフリーソフトで対応出来るのでは無かろうか。

そして、個人的にメールの差出人と合わせて驚いた事。

フロンティアのパクリ画像

冗談でやるにしては悪乗りし過ぎ。

パクリ元の広告画像

大手サイトで良く見るバナーやスクエア、他社広告のパクりです。

お笑いネタとして匿名板にて広告画像が改変される事は良く有る事ですが、企業しかも商用サイトでこれは無いでしょう。著作権云々などは良く判りませんが、宣伝としてパクリは下衆。

以上はページの一部では無くコンテンツの90%以上に突っ込んでおり、ページ全体が嘘やまぎらわしい、挙げ句の果てにパクリです。

 

フロンティアの中の人のパソコン知識は低いのか?

ページ全体に嘘が書かれており、フロンティアがやっているとするなら、昔の神代(コウジロ)はどこへ行ってしまったのかと古くからのファンは思う事でしょう。

代理店がやっているのでは無いかという推測ですが、もしそうならフロンティアは無実。では無くチェックしていないわけが無いでしょう。しないなら無責任となり更に悪く。自社サイト(frontier-k.co.jp)に上げている時点でフロンティアが消費者に向けてパソコンの情報を出している物です。

私が嫌う属性で、自称上級者と思い込み知ったかぶりをして初心者を騙すな というものが有りますが、フロンティアの特集ページでは正にこれが当てはまっております。

  • ノーマナーというより非常識なメール差出人欄
  • アダルトサイトさながらのキモいメール内容
  • 作られたページは嘘やパクリまみれ

個人事業やPCショップなら勘違いとして有るやも知れませんが、BTOパソコンの老舗、年商70億円も売りまくるBTOの中ではメジャーブランドとして、今回のフロンティアは救いようの無い状態。

記事のネタとして楽な為、第二弾以降も楽しみにしております。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(7)

パソ子さん拝見いたしましたが、なんというか痛々しさのレベルが高過ぎて私には無理です。仕方ないのでアプローチを変えますw

80PLUS電源の話がありましたが、先日、電源についてコメ欄で暴れ気味のところw、ヒツジ先輩はじめ、常連の方々におマイ落ち着けよ的に、いろいろと違った見方のお話など頂いてなるほどと思うこともあり、各意見を取り入れつつ理想的なバランスを備えた電源は無いものかと調べておりました。
選考条件はざっと以下のとおり。
・価格は5000円以下で ← 品質はそれほど問わず安さを重視
・12Vラインは太いほど良い ← 私と同属性の人用条件
・できれば105度コンデンサ使用 ← 耐久性が高いにこしたことはない
・自社で80%以上効率を謳っている ← 80PLUS認証代金が乗ってない
・最低限の保護回路を搭載 ← マザボ、CPU、メモリ、HDDの道連れアボン回避
で、上記条件を満たす電源が幾つかあったので、私がもっともコストパフォーマンスが良いと思ったものを2つほど。

玄人志向の「KRPW-L600W」
http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1489
実売4600円くらい、容量は600Wで12Vが48Aの576W、この価格でこれはスゴイ
105度コンデンサではないっぽいが、自社80%以上効率、MTBF100,000時間

アクティスの「AP-550H55」
http://www.aqtis.co.jp/content/seihin/p_ap-550h55.html
実場4000円弱。容量550Wで12Vが41.25Aの495W、4千円きってこれもスゴイ
自社80%以上効率は謳っていないものの、105度コンデンサ使用
とりあえず謀反起こされそうでアレすがw

5000円以下で12Vが40A以上の電源が買えるとか正直驚きました。
で、早速ですが誰か人柱お願いしますw


記事のNVIDIAのQuadroと聞いて思い出したのがコレ
Quadro FX5800
http://nttxstore.jp/_II_EA13119363
まず150万円という価格自体がネタな件ですが、支払い方法:銀行振り込みがご利用可能とあります。
確かにクレカの限度額的に考えてとか、150万の代引きは普通やらないw
そして送料400円、取るんだ送料w
在庫ございません。 お取り寄せとなります。とありますが
いや、逆に在庫おいてたら吹く、売れなかったら150万赤字だからw


えー、すいません。どれもものすごい勢いでパソ子さん関係無いです。

日本上陸前の牛模様とともに憧れだったんだけどなぁ。
地に堕ちた感じ。飛んでない。もう飛び揚がれないかも。

私がBTOを知るきっかけになったのがフロンティアだったので、若干ショックですね。

語尾に「わ」を付けて話す女性に未だかつてお会いしたことが無いのは、私の女性遍歴が異常に少ないからなのでしょうか。
実際どこぞかのお姫様しか使わないのではww

どうしても気になるので書かせていただきます。
そのバナー広告は、見る人が元ネタを知っていることを前提にした引用なので
「パクリ」ではなくて「パロディ」です。
この二つは似ているようでまったく別の表現手段です。

まあ、悪乗りしすぎな上に面白くもないので企業の商用サイトとして下衆というのはまさにその通りだと思いますが。

パロディには独創性が必要です。自己のアイデアを表現する過程で、他者のアイデアを借用する手法ですから。件の広告がパロディで許されるなら、某国のディズニーランドもどきもパロディで許されることになりますよ


80PLUSは効率についての基準ですが、未だに質問サイトでも力率と取り違えている質問者・回答者の方々が多いですね

気になった点を2つ。
i7を業務用に勧めるのはまずありえないですね。
ここはヒツジ先輩に同意します。
i5でもオーバースペック。
i3でもオーバースペックかもしれません。
エクセルとかアクセスの計算で確かに遅いPCで実行すれば確かに遅くなるのは当たり前ですが、幾らなんでもi7までは要らず業務用ではi3で十分です…。

>写真加工にNVIDIA?フロンティアのカスタマイズはQuadro無し
>普通に考えて(メイン)メモリが少ないなら増設、大差無いかも知れません
>がCPUもCeleronクラスならフォトショップなどきついでしょうか。

確かにCPUやメインメモリも関係あります。でもちょっと待ってください。
「写真加工ソフト」をPhotoShopと仮定して、CS4以上のバージョンとするなら事情は違ってきます。

PhotoShopのバージョンCS4以上のかなり最近のバージョンにはOpenGLを用いたGPUに計算させる機能があります。
それを用いて拡大縮小やキャンバスの回転の処理を担当させる事が出来ます。
これはGeForceでもインストールしているグラフィックドライバ次第で使うことが出来ます。逆を言うと今までどれだけ良いGPUを積んでもその性能は生かされていなかった訳で。

詳しくはAdobeのサイトのGPUで強化される記事を参照して下さい。
http://kb2.adobe.com/jp/cps/234/234823.html

と、フロンティアの中の人は最近のPC事情を多少は知っているものと思われます。
如何せんスペック重視に走りすぎてますね・・。

> TakaQ さん

TakaQさんが暴れそうな電源を発見。新丸印のマーシャル殿より。
ツクモの土日特価な為、後で価格は変わるやも知れず。

MAMR400SP0 400Wモデル ※土日限定特価 - TSUKUMO(1980円)
http://shop.tsukumo.co.jp/goods/4582255111855/

MAMR500SP0 500Wモデル ※土日限定特価 - TSUKUMO(2480円)
http://shop.tsukumo.co.jp/goods/4582255111862/

いずれも土曜の時点では在庫80個有ったものが月曜午前中現在、上が残り35個、下は19個となっております。ツクモは在庫操作はしないと思われます。500Wを買っておこうかと思った件。

> やすとし さん

私が見た神代PCはフルタワーの神配線のみ。おそらく牛模様時代かその後のカスタムPC。ただの家電屋(ヤマダ電機)になってしまった気がします。

> HNの接頭辞が通りすがり さん

普通無いでしょうな。「わ」や「よ」はネットゲームやブログなどで女性になりきるという趣味で使われている変態は稀に居ります。個人の楽しみとして結構ですが、企業がやると痛いとしか。

なぜツクモたん、ラビたんに続いてフロンたんをやらないのか不思議。

> 匿名、 庶民Aさん

失礼しました。個人ブログという言い訳として、校了まで私1人しかチェックしないという事でボキャブラリは1かそれ以下として。

> コスモ さん

偏見かも知れないものの、これまでのCeleronは全てと言える程に3年程度で処理が追い着かないのか重くなり、企業用としても価格差が0~3千円程度ならCore i3が良いと思っております。

CADやクリエイタ向け構成とはこういうやつです。適当検索より。
http://www.mouse-jp.co.jp/abest/quadro/index-quadro.html
価格もそう高くは無く、Quadro載せるだけの事を何故フロンティアはやらないのか。企業努力以前に情報が不足。または単なる怠慢でしょう。

噂を見る限りの妄想では、昔の神代なら現在は明らかにおかしい、と。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。