FF14推奨認定パソコンがドスパラからAMD仕様で発売

2010年9月22日

予想を裏切り、AMDてんこ盛り仕様のFF14推奨PCが発売。

スクエニのFF14PC宣伝サイトはIntelとNVIDIAで固められており、AMDの推奨認定PCは出ない(出せない)のだろうと想像していた所。自作ユーザの空気を読んだか、ドスパラがやらかしており真に天晴れでございます。

前回は8月末頃、FF14用のBTOや自作PCの選び方としておりその続き。

BTOメーカーのスクウェア・エニックス推奨PC経過

前回使用したFF14推奨認定パソコンの一覧より。

FF14推奨パソコンの各BTOメーカー性能と価格の比較

メーカー各社のFF14推奨PCより、最安の仕様で一覧した表。8月25日より若干前の為、約1ヶ月経過しました。

日本HPのFF14推奨PCは1000台以上が完売?

日本HPはGTX260でやらかしており、価格も高く諦めたのか既に完売。9月末現在、FF14PCは販売しておりません。限定1000台が完売表記になっていますがまず嘘でしょう。

実機レビューのベンチマークが上がっておりCPUに980XEEを載せているにも関わらずLowで3200のHigh1900となっていました。おおよそと思われ真偽は不明と致します。

DELLとフロンティアは性能落として再度発売

あまりにも空気を読まないハイスペックの為、一覧から抜こうかと思った程ですが、DELLは水冷のAlienwareケースにCore i7の960、フロンティアはSSDを載せたり最高性能にしており約35万円。後者は自作なら30万円で釣りが来る性能です。

いずれもCore i7の800番台へ落として再発売しているため、上の一覧からは消します。アプライドは高いという基準として載せたまで。BTOメーカーでは無いためこれも削除。

するとこうなります。黄色が今回突っ込んだ列、白は変更ございません。

FF14推奨パソコンの各BTOメーカー性能と価格の比較、最新

3社は仕様も価格も変更無し

パソコン工房系(Faith、TWOTOP)、マウスのG-Tune、ツクモはいずれも1ヶ月標準仕様は変わっておらず価格も値下がり無し。

パーツの価格は日々落ちており、1ヶ月も放置するなら徐々に自作PCの価格へ近付く物です。再構成せず放置するとは、やはり売れていないのかと想像せざるを得ない。

FRONTIERは何故かいつも通り高額

以前2chネタで書きましたが、何故かフロンティアは他社より数万円高く、何が原因か不明。比較する事が出来ず、記事になる際は何故フロンティアなのに安いのか?というネタが年に数回上がる程。

一覧を見ての通りですが、もっと分かり易くしましょう。

kakaku-hikaku-frontier.jpg

FROTNIERをパソコン工房系とツクモの間へ移動したのみ。

PC工房と比較すると電源以外は同じ仕様。電源ユニットに80PLUSの表記が無かった為、フロンティア側からは除いております。400Wの差で3万円の差額は意味不明。更にフロンティアは送料が高い。以前は3000円以上と記憶していましたが今見ると2000円。

同じヤマダ電機の子会社、右のツクモと比較してもグラボと電源が違う程度で4万円も高額。PC工房も混ぜて比較する為に価格コムのグラボ最安上位5件を引かせてもらいます。

先にGTX465-1GBから。約21~23千円となっております。

GTX465価格の安い順

次にGTX470。約27~29千円。

GTX470価格の安い順

GTX465との差額は約6千円。

GTX465で良いならツクモが安く、GTX470が良いならパソコン工房系列のいずれか。フロンティアが高額な理由を御存知なら是非教えて下さい。会員登録やクーポン割引など事情を知らない為、単なるぼったくりです。生産の規模から使われるパーツはマウスコンピューターなどと同程度でしょう。

いつも安いDELLがFF14パソコンでは高額なわけ

一言でいうと、デザインと水冷代です。

alienware aurora alx

1万円前後の簡易水冷が付いているようですが気のせいでしょう。DELLいわく「Alienware ハイパフォーマンスリキッドクーリング」だそうです。

AlienwareケースとCPUの水冷、DELL代として4万円上乗せ出来るならお勧めです。個人的には海外のセンスで有り、日本では一部の「他人とは違う物が欲しい人間限定」では無かろうかと思いますが好きにして下さい。

 

ドスパラのAMD6コアCPU+HD5850標準とカスタマイズ

前置き長過ぎですが、FF14正式オープン目前でこれは上手い。

prime a galleria ff14 pc hr

構成をテキストにて書き直し。

Prime A Galleria FINAL FANTASY XIV 推奨認定パソコン HR

  • OS:Windows7 Professional 64bit インストール済み
  • CPU:AMD PhenomII X6 1055T(6コア/2.8GHz/L3 6MB/95W)
  • グラボ:ATI Radeon HD 5850(1GB / PCI Express2.0)
  • マザー:ASRock 890GX Extreme3 (AMD 890GX チップセット)
  • メモリ:4GB メモリ (DDR3 PC3-10600 / 2GB×2)
  • HDD:1TB ハードディスク (シリアルATA Ⅱ)
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • 電源:550W 静音電源(DELTA ELECTRONICS 製)

OSはゲームPC期間限定でHomePremiumからProfessionalへアップグレード中。ダウングレードのDSP版を余らせているのだろうとして、機能の差分を使わなければ意味はございません。

<当日追記 午前10時>Windows7 Professional はサポートが他のエディションより長い利点も有りました。書き忘れにて追記。

CPUはインテルの適当なCore i7辺りで良いもののAMDは安い。インテルCPUで6コアは10万円コースですがAMDは2万円を切る程度。もちろん比較は出来ませんが、単純にコア数で行けばAMDは大変良心的。インテル6コアに5倍の価値が有るとは思えない為。

グラボも同じくAMD(ATI)で他社はHD5770など価格として無難な所を標準としていましたが、普通に5800番台。単品最安でも3万円の高級品となっております。

他は標準的な内容のため、カスタマイズを拝見しましょう。CPUからグラボの間は加工して省略しております。

AMDのFFパソコンをカスタマイズ

CPUは現在のAMDで最高性能の6コア、PhenomII X6 1090Tに変更。

グラフィックはFF14ベンチで現状最も評価が高いとされるHD5870へ。

総額は14万円を超えましたがCPUに期待しないなら1055Tでもそう変わらないでしょう。FF14はグラボの性能と無茶なOCでベンチマークのスコアは上がるようです。

サイコムでドスパラに合わせCPUを1055TのグラボをHD5850にすると128790円となりドスパラより約9千円高額に。

1090TとHD5870では147320円のため約6千円高額。サイコムではWin7をHomePremiumにしている為、ドスパラはWin7Pro分更に得。

OS無し、キーボードマウス無し、光学ドライブ無し、HDD無し、のように削るとサイコムが徐々に安くなり始めますが、そういう選び方をする人間は部品使い回し前提のため一般向けでは無いでしょう。私なら、という選び方。

ドスパラにマザーボードのメーカーと型番表記

今回から初と思いますが、上の仕様一覧に書いた通り、何故かマザーボードの型番が書かれております。

ASRock 890GX

ドスパラに限らず、サイコムを除く普通のBTOメーカーでは通常はカッコ内のAMD 890GX チップセットのように書かれており、メーカーや型番、果てはリビジョンなどの細かい所は書かないものです。仕入が突然変更になったり、リビジョン管理は大変面倒な為。

他のマザーボード表記は相変わらず。

785Gチップセット

そこまで管理し通販ページに反映出来るよう連動したのか、またはFF14の自作ユーザも納得するよう表記を一時的に変更しているのか。

後者かと思いましたが、ドスパラならやるかも知れず今後に期待してみましょう。マザーが気に入らないなら買わなければ良く、自作や他のメーカー・ショップでどうぞという。

今回ASRockのマザーという事で、昔ながらの自作ユーザは罠と感じるやも知れませんが、安く高性能(品質は見えない)を謳い新製品を発売しまくり。

日本の代理店はユニスターとサードウェーブ=ドスパラです。

 

FF14が快適に動作するBTOパソコンの選び方

食傷気味ですが今一度。

  • 現状、ベンチでいうLow設定の画質前提
  • 3月発売と信じ待てるならプレステ3
  • ニート転職はお勧めしない

ドスパラのAMD仕様は、普通にAMD仕様のハイスペックなら自然にこうなるだろうというのみで、価格から逆算で考えられた物でしょう。AMDでBTOパソコンをFF14推奨認定仕様にするとこうなるという良い見本を拝見致しました。

初と思われるAMD使用の推奨認定PCとして他社も見習う所。やる気が無いならFF14推奨とか言って適当な構成で出さない方がPC初心者を騙さず良心的です。

現状30万円以上掛けない限りベンチのHighでは超快適とまでは行かず、設定落としてグラボがFF14に追い着くまで待ちましょう、がいつもの結論。

本日(2010年9月22日)より正式サービス開始。本当にベンチマーク通りのスペックが必要かは、やった者が体感と目で確かめるものな為、動画や日記ブログ、2chなどの情報待ちが正解でしょうな。

さり気なく書かれておりますが、昨日の記事(ナヴォステさん)のコメントより。

E8400+GTS250(1GB)でもFF14(画質は普通)いけてるので、i5+GTS450でもかなり動くんじゃないかと

FF14用パソコンは落ち着いて御選択有れ。

リンク用ソース

コメント(3)

FF14はやらないのだけれど関係で目についた情報を少しw

FF14ベンチマーク・ランキング
http://ffxiv-fan.rulez.jp/benchmarkrank.php
基本CPUもGPUもOC前提過ぎてあんまりパーツ構成の参考にはならない件w

ついでに最高峰な方(上田新聞さんより)
http://nueda.main.jp/blog/archives/005178.html
これも別次元なので参考になりませんが、とりあえずSUGEEEEE!!
コメ欄にそこまでやるんだ的なすごいことが書いてあります。


>1万円前後の簡易水冷が付いているようですが気のせいでしょう
CWCH50フイタ、水冷なのCPUだけな件、DELLエ・・・
CPUのみ簡易水冷で水冷PC名乗るのはなんか違うと思うw


あと私もAMDのCPUはよく知らないので、ちょっと参考情報流し見してみました。
これで見るぶんには
http://www.cpubenchmark.net/common_cpus.html
6コアの1055Tより4コアのi7-9XXのほうが好成績に見えなくもないので、1055Tが4コアi7連中より5000円くらい安いとして、お得といえばお得?微妙なところw

ここのベンチだと
http://hardware-navi.com/cpu.php
最高性能の6コア1090Tが4コアi7-880とi7-950あたりにせり勝ってるので、i7-880とi7-950がだいたい2.7万円くらいとして、1090Tが同じく5千円くらい安いので確かにお得かもしれないw

もっとも、ベンチの種類とか得手不得手とかあるのでしょうし、一概に言えないのでしょうけれど客観的な参考データではあるのかと思いまして

ヒツジ先輩
ありがとうございます非常に参考になりました。、
ドスパラのAMDをポチろうとしてましたがもうちょっと迷います。
なぜならCore2 Duo E6850とGe Force 8800GTXを使っているからです。PCは地元のショップで組んでもらったBTOです。
FFXIVパッケージが明日届く予定なので様子をみることにします。
ありがとうございました!
ニート転職はもう少しがまんしますw

TakaQさんのフォローリンクが面白い為、本文よりアンカー誘導。

> TakaQ さん

Highで1万超えは凄いですな。ベンチマーク変態こそ本物のマニア。
AMDの選び方はそうでは無く3種類に分類されます。

1.インテルに逆らってみるテスト
2.AMDの良さを知っている本格的な変態
3.関西でいうボケの要素を求めており、いじって欲しい

私は最近3を考えており、使っていないCPUパワーを使い がん研究に協力するボランティア。これでコア数を指定できるなら、6コア中5コアを寄付して1コアのみ実用としてコア数至上主義に疑問を投げ掛けるという、壮大なノンプロジェクト。

World Community Grid - ホーム
http://www.worldcommunitygrid.org/

6コアどころか2コアさえ必要なのか疑問。
爆熱で吹き飛ぶまでPen4で戦う所存でございます。

> ニートになりたい さん

それが正解。やってからで良いでしょう。ニートでは無くFFの事です。

地元のショップで組んだと有りますが、現在もその店が有り知識も豊富なら事情を伝えてグラボのみ換装の見積がお勧め。画質も普通で良いなら金を積むには勿体ない。ゲームを楽しみたいのか、画質で自己満足したいのか価値観によりますな。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。