エプダイとマウスが超小型PCを発売するがWindows8

2012年12月 7日

モデム並に小型なデスクトップPCが発売。

エプソンダイレクト(以下エプダイ)とマウスコンピューター(以下マウス)より新製品。いずれもOSはWindows8、価格は約3万円。エプダイは以前から売っている小型PCのアップグレードとでも申しましょうか、微妙に性能が向上。

エプダイの新製品から適当に見て参りましょう。

エプダイとマウスから約3万円の小型PC発売

価格の書き方が鬱陶しい、ITmedia掲載のプレスリリースより。

エプソンダイレクト、2万円台からのWindows8搭載超ミニPC - ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1212/05/news043.html

epson-endeavor-np31s.jpg

29,999円でも2万円台になってしまう、安さに期待した読者をがっかりさせる自己満足の下手な釣りタイトル。

それは良いとして、エプダイは以前からこの形の小型PCを販売しており、今回は外と中が多少入れ替わった程度。

主な仕様を一覧。APUはCPUへ置き換え。

  • OS:Windows8
  • CPU:AMD E1-1200 APU(1.40GHz、2コア、1MB)
  • グラフィック:AMD Radeon HD 7310 ※CPUに内蔵
  • メモリ:4GBx1(PC3-10600)
  • HDD:250GB
  • その他:USB2.0x6 など

Windows8がDSP版で1万円くらい、メモリ2千円、HDD4千円とすると、ベアボーン(PC本体)部分は約1.4万円くらいという安さ。

メールやインターネット、年賀状印刷など軽めな用途ならこれでも充分にパソコンとして機能する為、ライトユーザで小型好きなら有りかと。

エプソンダイレクトの高額商品は納得行かないぼったくり価格が多いけれど、安いノートやこのような小型PCは(価格重視なら)選択肢に入りますな。

マウスも似たような低価格かつ低性能。

【PC Watch】 マウス、29,820円からのVESAマウント対応コンパクトPC
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121130_576463.html

mcj-luv-machines-mini-series.jpg

VESAマウントとは、以下のようにモニタ背面に取付可能な規格の名前。

vesa-mount-mini-pc.jpg

主な仕様を一覧。

  • OS:Windows8
  • CPU:Intel Celeron 847(1.10GHz、2コア、2MB)
  • グラフィック:インテルHDグラフィックス ※CPUに内蔵
  • メモリ:4GBx1(PC3-10600)
  • HDD:320GB
  • その他:USB2.0x3、USB3.0x1、IEEE802.11b/g/n など

CPUがインテルになりHDDが増量。大きな違いはUSB3.0に対応しており、標準で無線LANが搭載されている辺り。

小型PCは拡張性に乏しく無改造前提なので、個人的にはUSB3.0やn対応無線LANの価値は通常の大型PCやノートより大きいと思う。

 

エプダイとマウスを性能や価格で比較

特にAMD側のCPUやグラフィック性能が良く解らないので、PassMarkのベンチマークを参考にさせてもらいましょう。

CPU性能ならマウス、グラフック性能ならエプダイ?

CPUのベンチマークでは、インテル(マウスPC)の方がスコア高め。

epson-vs-mcj-cpu-passmark.jpg

source:PassMark Software - CPU Benchmark Charts

クロック周波数は低いものの、キャッシュ1MBと2MBの違いでしょうか。それ以前に設計が違うのだから比較は出来ないと思うけれど。

グラフィックのベンチマークは、AMD(エプダイPC)の勝ち。

epson-vs-mcj-vga-passmark.jpg

source:PassMark Software - Video Card Benchmark Charts

ランク分けされているページが違う為、グラフの長さが矛盾しておりますが、インテルHD(マウスPC)は86、Radeon(エプダイPC)は170なので、これを見る限りでは2倍くらいの違い。

送料のみならエプダイが安く、延長保証はマウスが安い

通販での価格は表示価格のみにあらず。エプダイ、マウスいずれも他社より比較的配送料が高め。

epson-np31s-warranty.jpg

上、エプダイは送料1,575円、3年(標準1年+延長2年)保証は10,500円。

下、マウスは、送料3,150円、3年(同上)保証は7,350円。

mcj-luv-machines-mini-warranty.jpg

約3万円のパソコンに1万円近い+2年保証はどうなのかと思うけれど、差額を出すと以下の通り。。

  • 配送料込・・1,415円、エプダイが安い
  • 延長保証込・・1,735円、マウスが安い

この程度の差なら、USB3.0の有無やメーカーの好み、デザインなどで判断してもよろしいかと。

 

法人向けPCでWindows8仕様に疑問(まとめ)

マウスは約3万円の小型PC以外に、Windows8をProにした約3.5万円の法人向けの同型PCを出しております。

マウス、VESAマウント対応小型PCを法人向けにも発売 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121204_577140.html

マウス、エプダイいずれもプレスリリースではWindowsが8になっており、マウスは7モデルやカスタマイズで7も選択出来るけれどエプダイは8のみ。

私は仕事用PCに7とXPを使っているけれど8は有り得ない。業務用にWindows8を使うとどうなるか考えると。

  • 過去の資産がデスクトップ画面用なのだからモダンUIが邪魔
  • タッチパネル機能付モニタを購入しなければ8の意味が無い
  • どう考えても7やXP、VistaでさえWindows8よりビジネス向き

今から起業し法人設立やSOHOなどやり始める為にパソコンを買うなら8でも良いかも知れないけれど、企業では昔から利用していたアプリケーションをどう効率良く使うかが鍵。そこにモダンUIは不要でしょう。

また、マイクロソフトがパソコンとタブレットPCという二兎を追ってしまい、8最大の難点と思うタッチ操作が基本な点。これが要らないなら、7やVista、XPでも良いというかそちらの方が8より良いという事になりましょう。タッチ操作可能なモニタは20型で5万円とか高過ぎる。

やたらと量産系BTOメーカーでもWindows8を勧めているけれど、個人や企業などPCユーザの事を考えて販売しているなら7で結構。

マイクロソフトがどのような圧力 優待条件をPCメーカーへ出しているかは知らないけれど、8を推す売り方は失敗作Windowsを知らないPC初心者が気の毒。

NECなどの有名メーカーが8で滑り転げている中、マウスなどの量産系BTOメーカーには期待していたけれど、どうしても販売も8へ移行して行くのでしょうな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。