ドスパラのガレリアHGで激しくベンチマーク

2009年12月23日

前回の「ドスパラの Prime Galleria HG を口コミしてみる」では、誰もやらないであろうと思われる開梱からマニュアルを見るという、それはレビューとしてどうなのかという内容でした。いや、配線やパーツも見ました。一応。

今回はベンチマークとCPUに負荷をかけて温度を拝見するという、自作PC変態さながらのテストをして行きます。メーカー(この場合ドスパラ)には出来ないであろう所まで。 

部品の製造メーカーを付け足してスペックを書き換えます。

型番
Galleria HG 32bit モデル
OS
Windows7 Home Premium 32bit インストール済み
CPU
Core i7 860 (2.80GHz/TB最大3.46GHz/L3:8MB/HT)
マザーボード
インテル P55 Express「MSI P55-SD50」
グラフィック
GTS250-512MB「Palit Microsystems」
メモリ
4GB (DDR3 PC3-10600)「ADATA Hynix両面16チップ」
HDD
1TB「SAMUSUNG HD103SI」
光学ドライブ
DVDスーパーマルチ「LG GH24NS50」
電源
550W「DELTA GPS550-A B A」

その他、仕様詳細はこちら

 

ベンチマークソフトなどによる数値

ユーザエクスペリエンス(Windows7)

ドスパラのガレリアHG、Windows7のユーザエクスペリエンス
  • プロセッサ(CPU) 7.4
  • メモリ(RAM) 7.5
  • グラフィックス(VGA) 7.0
  • ゲーム用グラフィックス(3D処理) 7.0
  • ハードディスク 5.9

確かユーザエクスペリエンスの最大値は7.9とどこかで読んだ覚えが有り、中々の良い数値かと思います。最も数値がよろしくないのはハードディスク。

SAMUSUNGのHD103SIは、SATA2(3.0Gbps)ではあるものの回転数が5400rpmと低めな為かスコア低し。プラッタ(HDDの中の円盤、ディスク)は500GBが2枚らしく遅いと言えば遅い。

現在3.5インチHDDの主流は7200rpmではあるものの、容量が大きくなると5400rpm止まり。いずれ7200まで上がると思われますが、ガレリアHGに入っているHDDはこれです。

SSDに換装すれば基本スコアは上がるはずですが、だいたいこの数値の基準が何か解らない。VistaやWin7をお持ちなら比較してみましょう。

Super Π(スーパー・パイ)

SuperΠ(スーパー・パイ)の最高桁数が約12分で処理完了

約10年前に作られた円周率で計測する「スーパーパイ」というソフト。

説明テキストには、Pentium2では3355万桁が12時間以内に終わると思う など書かれておりましたが、時代は流れ見ての通り11分21秒で終了。1.6万から6.5万桁が未処理となっていますが、0秒のため計測不可能。

参考までに、私のPentium4(550)、メモリ1GB、HDD250GBでも一部計測。

super-Π-pentium4

赤くはないものの、ドスパラ専用ガレリアの方が約3倍速いようです。

Crystalmark 2004r3

Prime Galleria HG ベンチマークcrystalmark-2004r3

凄いですね。メーター振り切っているようです。

何がどう凄いのか良く判らない為、Pen4機と比較。

pentium4-crystalmark-2004r3

ドスパラPCのグラボはGTS250-512MB、私のPC(Pen4)は6600-256MB。

どう解説すれば良いのか分かりませんが見ての通りの結果となりました。

HDBENCH

Dosparaガレリアでhdbench

上はドスパラPC、同じくPen4(下)と比較どうぞ。

pentium4-hdben330

いずれのテストも総合で見ると比較では約3倍。

グラフィック性能の数値が妙ですが、解像度も関係しているのでしょうか。

 

ゲーム用のベンチマークソフトで計測

普通に取っても面白く無い為、デジカメで外から動画を撮りました。音は出力していないため無し。環境は私がこれを書いている和室、室温は15~17度の間。

動画の3DMARKやヴァナディールベンチでは数値が良く見えませんが、ぬるぬる動く様子を伝える事を目的としております。

3DMARK

先に結果から。オンラインで出力されている画面を撮りました。

dosparaプライムガレリアで3DMARK

左の「Your system」がガレリアの数値。

スコア15524SM2.0が65373.0は6448CPU4979、となりました。

右のFastest systemと書かれているスコアには負けているものの、CPUの性能ではやや高め。GTS250より上はGTX260~295まで4種類有り、RADEONなども含まれた比較になるため仕方無し。GTS250の良さは価格が安く4桁型番より高性能という点でしょう。

MHFベンチマーク

CAPCOMの超人気ゲーム、モンスターハンターフロンティアのベンチマーク。フルスクリーンの上、設定はベンチ起動後になる為SSは有りません。詳細は動画にて。

スコアは7178、4回計測し7200プラマイ100以内となりました。

FFXIヴァナディールベンチ

ファイナルファンタジーの昔ながらのベンチマーク。

レゾリューションはHigh、DEMOは飛ばしています。

スコアは9015でした。

タイムリープのベンチマーク

ベンチマークで検索していた時に発見。

スコアは67FPSくらい、との事。設定内容は以下の通り。

タイムリープのベンチマーク

可能な限り重くしようと変更していますがいかがなもんでしょう。

余談ですが、右下のメイド服にすると衣装が変わり、キーボードの方向キーでカメラアングルが変わります。ゲームはアダルト18禁ですがベンチマークは15禁程度です。アングルを変更しなければ動画の通りおそらく健全なもんです。

リアル彼女のベンチマーク

妥協したくないために必要環境がハイスペックになってしまったという、こだわりのアダルトゲーム。ベンチはアダルトでは無いためご安心頂きたいところではありますが、会社で見ているなら家に帰ってからにしましょう。

スコアは042Real、RankSとの事。動作環境は以下。デフォルトです。

リアル彼女のベンチマーク設定画面

冗談でPen4の方で試みましたが、始めにマネキンが横たわっているシーンで1秒間隔でカクカクとコマ送りになり飛びまくったため即行で終了。売りたいのか職人になりたいのか意味不明なゲームソフト。

そういえば設定タブに「ダブルマウス」というチェックが有りました。何をどうダブルマウスにするのか激しく気になりますが、見なかった事にします。

 

ドスパラのガレリアHG、ベンチマークのまとめ

私は元メーカー修理をしてはいましたが、当然ながらベンチマークなぞ取りません。何をどうすれば良いのか判らないため、とりあえず種類で勝負しましたがいかがでしょう。

今回のベンチ記事は私が思い切り興味が無いばかりか、途中でドスパラのページに全部載っている事に気付き動画で勝負しました。さすがにエロゲーベンチは載っていないものの、バイオハザードや有料の3D Mark Vantageのデータも有ります。

次回は、Windows7の起動やシャットダウンを撮影。Windows7の起動は速いのか?というより、もっと根本的にアレな事が判明しております。

静音について今回触れていないため次回のまとめにて。

リンク用ソース

コメント(1)

>Pentium2では3355万桁が12時間以内に終わると思う など書かれておりましたが、時代は流れ見ての通り11分21秒で終了
俺のi5-3450だと10分台だったはず。USB2.0のUSBメモリに入れてあるsuperPiだが。
さらに進化している。
未来からコメントしてごめんなさい。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。