ドスパラのプレミアムサービスの利点がよく解らない

2017年9月30日

ドスパラのプレミアムサービスについて。

結構前に始まったサービスで、ドスパラ通販でパソコン類を購入しようとすると加入を勧められ、購入するとパソコン代金がいくらか値引きになるので登録する人も居られるかと。

しかしいまいち利点やコスパに疑問。

ドスパラのプレミアムサービスとは?

今なら初月無料というメルマガが着弾、したタイミングは2017年9月26日。

01-dospara-ps

9月末まで5日、終了6日前に初月無料と言われても困るわけで、どうして8月末前後にメルマガ送らなかったのかがまず謎。

そして10月1日終了ならば10月1日に初月無料で利用開始すれば1ヶ月分得するのだろうけれども、そうすると説明文の「10月分の利用料をポイントで還元」が矛盾してしまうというグダグダ感。

それは今だけの話だろうから置いておき、何がプレミアムサービスかは月額300~900円の3プランあり、いずれかに加入すると3~11種類の特典が付くというもの。

 

月額を支払うだけの価値があるのか疑問

各プランの特典がこちら。

02-dospara-plan

私は姑息なので、やるとしたならモニタを買う際に300円のプランへ1ヶ月だけ入るとか、PCサポート半額を利用したい人がゴールドへ一時的にとか、送料2千円の税別なのでプラチナへ一時的にくらいしか思いつかない。

上から順にケチをつけたくなる。文句無い部分は空白で。

  • ポイント倍増・・・カード決済減がせこい
  • 買取査定2割増し・・・ドスパラの言い値、査定額を2割引けばチャラ
  • ドット抜け保証・・・モニタでドスパラ最安とかあまり見た事が無い
  • 誕生月特典
  • PCサポート料金半額・・・「最大」が抜けている、年2回まではしょぼい
  • 毎月景品プレゼント・・・「抽選で」が抜けている
  • ポイント交換サービス・・・※後述、ラストで突っ込む
  • 特別値引き・・・3千円以上1回一律300円、最大1割引もしょぼい
  • 新品商品送料無料
  • PCクリーニング無料・・・元値3千円が高すぎ、パソコン工房は500円
  • 中古パソコン1年間保証

これ、ドスパラが儲けようとしているだけで加入者のメリットが少なすぎる、コスパ悪いと思う。この手の月額商売は通常、加入料以上に得をしそうだからこそ金払うわけで、サービスを絞りまくって金を絞り取ろうとしているようにしか見えない。

分かり難いかも知れないのでポイントについて補足すると、倍率が下がる理由はカード会社へ手数料を支払っているからと思われ、ドスパラの規模(年商300億円クラス)ならば1%くらい取られるのかと。

また、「カードでも1倍」は当たり前のように思えるところ、ドスパラはカード決済すると通常はポイント付かないので1%は付けてやるという意味。なので私はドスパラでポイント付いた事が無いし、付いても1年で消えるので利用する機会の無いポイントなぞ要らない。

どのような使い方が賢いのか?

上で書いた通り、単発での加入。加入して特典を利用したなら同月内にやめてしまえば324~972円で何かを使えるはず。

注意点はポイント倍増サービスで、仮に1月に加入してポイント倍率上げて買い物をしたならポイントが付くタイミングは翌月になるので最低でも2ヶ月分の費用が必要。

シルバーで6万円くらいのPCを購入したなら600ポイントなので振込手数料とか考えるとチャラどころか赤字の可能性。

という感じで、1ヶ月でやめるか2ヶ月でやめるかの2択だと思われ、何も利用しない月に金を支払い続ける意味が不明。保険など随時何らかの支障が発生するなら月額は理に適っているけれど、何もしない月は毎月景品プレゼントくらいしか利点が無い。

また、詳細を見るとプレゼントは豪華賞品と書かれていたので、当選確率は低いとするなら、その月額分を貯金して買った方が良いのではとも思えてしまう。

ドスパラには悪いけれど継続しない、が賢い使い方。ドスパラのこれ考えた人の頭が悪いのかも知れないけれど。

せめて月額を支払っている間は購入したPCの保証が最大で5年まで有効とか、水濡れや破損にも対応する保険になっているならノートPCで役立つかも知れないものの、この内容では毎月お布施は無理だと思った。

 

顧客の囲い込みができると思っているのか

PCセットでは無いプレミアムサービス加入ならばいつでも解約可能なので短期間の解約前提で上手い事やれば小遣い程度の値引きは期待できるかも知れないけれど、年間通して支払い続ける人が居るとは思えない。

これがAmazonやヨドバシなどで毎回300円引きなどの特典ならば客の囲い込み効果はあるだろうけれども、ドスパラで頻繁に買い物や買い取りとか、PCクリーニングで店舗まで毎月行くわけが無い。

毎月3千円以上PCパーツを買うなら300円値引き+送料無料は利点としても、5千円以上ならば元から無料、金額が増えるほど300円差が微妙過ぎる。

自作PCユーザな私の場合、ドスパラで買い物をした経験は過去7年くらい以内なら5回程度。他人のPCを代理購入2回、自作用パーツ3回と記憶。

もし7年前にこのサービスがあったとしてプラチナプランだったとすると、PC代12万、パーツ代6万円くらいなので18万円となり、ポイント3倍の差が3,600円+300円値引5回+PC2台の送料無料分4千円くらい、合計1万円弱。対する7年間の会費は税込8万円。アホかと。

だいたいこのプラン設定がおかしい。

02-dospara-plan

私のような自作PCユーザは、「PCサポート料金半額」「PCクリーニング無料」は確実に要らない。モニタはドスパラが最安とは限らないので「ドット抜け品交換保証」、中古買わないなら「中古パソコン1年保証」も割と要らない。

では自作とかしない一般PCユーザなら全ての恩恵があるかと言えば、パーツ買わないだろうから「新品商品送料無料」「特別値引き(300円)」が不要。クリーニングは年に1~2回として、PCサポート最大半額が年に2回までとかしょぼすぎる。

これら2種類を自作ユーザ用、完成品PC用として分けたとしても、月300円払うならAmazonプライムに入った方が遥かなる特典。

マイクロソフトのようにサブスクリプション(月額や年額)で安定した収益を上げたいのは解る。しかし数年に一度しか利用する機会の無いパソコン屋でそれは無理があると思う。

このような事に人員を割いて作業するなら人件費を減らしてPC本体送料無料を復活させるとか、全体的に他社より高めなPC本体価格を下げる努力をした方が良いのでは無かろうか。

携帯電話のオプションなら月300くらいならいいか、解約に行くのが面倒という流れになるとしても、ドスパラ限定で月額支払う人が居るのか謎すぎる。

もしかして高齢者騙してデポるつもりなら店舗でやるべきであり、通販でプレミアムサービスとか言われても価格なりの利点が見いだせないので労力の無駄かと。

ここまで難点を挙げまくった以上の最大のハードルはポイントの使いどころ。

  • 1ポイント1円で買い物可能・・・1年で期限切れ、無理やり何か買う事に
  • Steamウォレットにチャージ・・・ご好評につき9/30まで延長<期間限定?
  • 景品と交換・・・ゴールドとプラチナ会員のみ、現在最低1,500ポイントから

無理がありすぎでしょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

>パソコン代金がいくらか値引きになる
この手のサービスは「加入すると安くなる」より「加入しないと高くなる」印象が強いです。あまり好みでは無し。

というかドスパラって「セーフティサービス」とかいう似たようなサービスを展開していませんでしたっけ。こちらはPCを購入した際にセットで加入する限定ですが。

ドスパラ公式通販サイト - セーフティサービス
http://www.dospara.co.jp/support/share.php?contents=safetyservice

例えば「20万円くらいのゲーミングPCを買う場合」なんぞは、予めプラチナプランに入っておいて2倍か3倍のポイントを取得し、すぐに解約すると多少は得。多少というか僅か、そしてあくまで日常的にドスパラを利用するなら、ですけれど。パーツもPCも9割はドスパラで買うヘビーユーザなら、加入するメリットは大きそう。

>買取査定2割増し・・・ドスパラの言い値、査定額を2割引けばチャラ
それやったら市場の買取価格と大きな差異が出ます。PCパーツを売るようなPCに詳しいユーザへ対して、PCパーツ販売の老舗ドスパラがそんな馬鹿はしないはず。とはいえ増額分が「2割」なことはドスパラの言い値。市場の最安買取価格に2割乗せるのでしょうか。

>ドット抜け保証
これ規定には「モニタ単品の商品に限る」と書いてありましたから、例えば「デスクトップPCとモニタをセットで購入した」場合は保証外っぽく読めますね。

クレジットカードの手数料は大手のショッピングサイト等の最安でも2%だったか
2%台と聞きました。
15年ぐらい前の話なので、今は違うかもしれませんが。

ちなみに、アイフォー傘下の頃のウェブマネーは今の消費税ぐらいの手数料で、
こんな高い手数料で利用するところなんてあるのかと思った記憶があります。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。