ドスパラBTO「Prime Magnate」を市販パーツと価格比較

2010年6月26日

ドスパラのPrime Magnateを勝手に評価するシリーズ3つ目。

ラストは使われているパーツを市販の部品と価格を比較。

自作は自分で組み立てるため工賃は発生しませんが、BTOパソコンはメーカーが受注後に組み立てるのみならず、販売するパソコンのため工賃以外に設備や維持費や人件費、それ以外に利益を出さねば存続出来ません。

それでもBTOパソコンは自作より安くなり、ナショナルブランド(有名メーカー製PC)より遙かに安いという。

今回は「カスタマイズした後」という安さが減る要素有り。計算しながら進めるため、私も現時点ではいくらか知りません。パーツの合計より多少、数千円は高くなるかと予想。

 

ドスパラ Prime Magnateの価格をパーツ単品買いと比較

標準構成では42980円、キャンペーン中の購入で標準39980円。

カスタマイズ後は59858円。先に調べるパーツを書き出します。

Prime Magnate GCD DJメール記念特価モデル

  1. OS:Windows7 Home Premium 32bit[カスタマイズ]
  2. CPU:インテル Core i3 530 (2.93GHz/L3キャッシュ4MB/HT対応)
  3. RAM:2GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/2GBx1)
  4. HDD:500GB
  5. M/B:インテル H55 Express チップセット マイクロATX
  6. VGA:NVIDIA GeForce 210 512MB[カスタマイズ]
  7. ODD:DVDスーパーマルチドライブ
  8. 3.5'':7in1 カードリーダー の追加[カスタマイズ]
  9. CASE:BL Micro ブラック(350W 静音電源搭載)
  10. PSU:400W
  11. K/B:日本語キーボード
  12. MOU:マウス無し[カスタマイズ]

これらを製造メーカーや種類に置き換えます。

  1. OS:Windows7 Home Premium 32bit DSP版 [カスタマイズ]
  2. CPU:インテル Core i3 530 (2.93GHz/L3キャッシュ4MB/HT対応)
  3. RAM:SILICON POWER製 DDR3 SDRAM 2GBx1
  4. HDD:Seagate ST3500418AS Barracuda12 500GBx1
  5. M/B:Pegatron IPMIP-GS/H55 mATX
  6. VGA:Palit Microsystems(NE221000H0856) [カスタマイズ]
  7. ODD:SAMSUNG SH-S223C/BEBN
  8. 3.5'':MITSUMI FA406 Black[カスタマイズ]
  9. CASE:BL Micro ブラック(350W 静音電源搭載)
  10. PSU:EVER GREEN LW-6400H-4
  11. K/B:BL-11 USB K/B
  12. MOU: マウス無し[カスタマイズ]

CPUクーラーは別ですが、市販はバルクよりBOXが安いためドスパラPC(BTOパソコン側)が不利になるようセットとして、CPUクーラー代は考慮しません。

他には12番、マウスを無しにしておられ、ドスパラはサービス品のため何故付けなかったのか聞いた所、要らないからとの事。エコですな。私なら貰えるもんは貰います。

1.Win7 HP 32bit DSP(coneco最安:12440円+送420円)

coneco.netでは妙なショップが複数DSP/OEMと称して中古CPUとセットで10500円でしたが、中古CPUを組み込むわけが無くマイクロソフトのライセンスに違反するため除外。

PCワンズで販売中のDSPが送料別としても最安、計12860円とします。

2.Core i3 560 BOX(価格com最安:11170円、送料無料)

最安は現在Amazonが11170円の送料無料。同じく送料無料でツクモが11190円のため、ポイントを考えるとツクモかも知れない。

しかし安いですな。このクラスのCPUでも1万円程度で手に入るとは良い時代になったものです。

3.SP DDR3 SDRAM 2GBx1(価格com:(9470+788)/2枚)

ドスパラが最安ですが2枚セットのみ。送料788円を合計し強引に2分割して5129円としましょう。

DDR3の価格がDDR2とそう変わらないレベルまで落ちており、メモリに関してはLGA775以前からの乗り換えで悩む事は無さそうです。

4.Seagate ST3500418AS(価格com最安:4118円+送料375円)

最安はEC-JOYでしたが送料を込めるとBESTDO!通販部が最安。

WindowsのOEMを価格表示無しにしていたり怪しさが有るものの、リピーターとしての評価は高く大丈夫でしょう。

買うわけではないためこれで。お一人様1個限り、計4493円。

5.Pegatron IPMIP-GS/H55 mATX(ドスパラ:3980円+送料788円)

ドスパラ実店舗の北海道で処分販売中の3980円ですが通販で買えず。

価格コムより、H55のマイクロATXで検索するとASRock(これもASUS)のH55M-LEが最安で7970円。高すぎるので強引にドスパラ北海道を適用します。仮想で計4768円。

6.Palit Microsystems(NE221000H0856)(3980円+送料込とします)

PalitのGeForce210ではやはりドスパラが最安。

送料は上のメモリと同梱すると考えて込としました。同性能のGF210では玄人志向のGF210-LE512HDが価格コム最安3900円ですが送料は650円以上。前者ドスパラ3980円で行きましょう。

7.SAMSUNG SH-S223C/BEBN(価格コム:2480円+送料込とします)

同性能で安いDVDスーパーマルチを探すには面倒なので、型番そのまんまを検索し価格コム最安でドスパラの2480円。グラボと同じく送料は込とします。

ちなみに東芝サムソンと書かれておりました。10へぇ。

8.MITSUMI FA406 Black(価格コム最安:1385円+送料450円)

カードリーダーを単品で通販する事に無理が有りますが、価格コムで送料を含む最安はEC-JOYで計1835円。スロット数で7in1とするか、種類で40in1と表記するかの違いがあるようです。

9.BL Micro ブラック(350W 静音電源搭載)(おおよそ3000円)

電源は400WのSILENTKING4が載っており仕様が間違っているようです。電源無しのマイクロATXケース、安物と考えて2500円程度としたい所ですが、ケース単品なら3千円はするでしょう。

但しバランスを取るため送料は込とします。

10.EVER GREEN LW-6400H-4(おおよそ4000円)

終息しており価格情報無し。

価格comで400Wを検索し最安が3200円+送料で約4000円。LW-6400H-4で検索した所、これと言った特長無く80PLUSでもありません。

11.12.キーボードとマウス(合わせて約1000円)

バルク、ノーブランド、一応新品としてキーボード300円、マウス300円、送料込で1000円としましょう。新品送料込で1000円は厳しいかも知れませんが探せばあるはずです。

 

ドスパラBTOは59,858円、単品パーツ合計は54,715円

差額5143円でドスパラのBTOが高くなってしまいました。

結構無理をした点は有るものの、通販最大の敵である送料がかかっており、店頭に出向けば更に安くなりましょう。しかしそうすると最安で買うという通販最大の利点が無くなり、ひょいと秋葉原へ出掛けて丸一日潰せる人間以外には無理が有ります。

バルクも混ざっておりショップの保証が有れば良いものの、万一の修理では自力が基本となり組立も自作。そう考えると、組立や交換作業自体は私でも出来ますが面倒な上に保証など考え、ポイントの付くドスパラを選びます。もちろんドスパラ以外のBTOも有りです。

カスタマイズを抜くと、標準仕様ではキャンペーン価格39980円。

OS無し、グラボ無し、カードリーダー無しの為、これら3つの単品合計18675円を単品パーツ総計54715円から引くと36040円。差額は3940円となり、若干ですが差は縮まります。

自作より安いとは行かなかったものの、この条件で単品を買うかと言われるならどうでしょう。複数のショップから通販で購入している段階で私は個人的に無しです。

 

ドスパラはBTOでも出荷が早いようです

1台中1台で早いか遅いかを言うにはピンポイント過ぎますが、発注から納品までの記録を見せてもらった所、このようになっております。

  • 受付(注文)日時:2010-05-08 16:47
    納期:承認後 納期案内から3日で出荷(12時以降入金のお客様)
  • 「クレジットカード決済」でのお支払い額:¥59,858
  • ご希望お届け曜日:指定なし(最速)
  • 発送(出荷)日:2010-05-11 12:03

出荷まで2.80日、カスタマイズしているにも関わらず3日かかっておりません。

クレジットカード決済、希望の曜日無し、が納期を短縮している要因ですが、カスタマイズ無しなら当日出荷などやっており、その辺りで他社と差別化を図っているのでしょう。

他社ではサイコムが7日以内と表記し3日で出していたり、DELLは2ヶ月くらいと言いつつ1週間で届いたなども口コミ掲示板で書かれておりますが、今回のPrimeMagnateの納期は大変早いと言えます。いつもそうだとは限りませんが。

 

ドスパラ、Prime Magnate 総評というか勝手にまとめ

現物を見ず触ってもおらず画像のみで3記事も書けるとは美味しいネタでした。

今までにレビューもどきをやった記事は、昨年12月に書いたドスパラのPrime Galleria HGの評価(Core i7 860搭載)のみですが、実はこの後も他社含め3回オファーが有りました。が、面倒なので全部断っております。

理由は単純で、皆さんドスパラのガレリアHGクラス、Core i7の860周辺で勝負というか宣伝をされようとする為。

ブログのネタとしては他社のPCも見たい気もしますが、中身は大差無いためCore i7はもう要らない。その手を詳しく調べ解説するには私より他のPCマニアの方が適任と思うわけです。

今回のようにCore i3でどこまでの性能が有るか簡単に解説したり、ノートや特にネットブックなど別の構成で無ければ要らないという考えにて。よってCore i3ももう要らない。

話を戻し、簡単では有りますがCore i3のベンチマークが判った事で、私でもi3程度で充分と判りました。ゲームなどしなければグラボも要らない。

Core i3の良さは

  • パーツやOSなど一式全部揃えても全体的に安く付く
  • 上を目指さない、一般的な用途ならCPUの性能として充分
  • デュアル(物理2)コア、HTで2倍(理論4コア)程度でも高級過ぎ

予算に余裕が有るなら更に上でも良いものの、普通に使うならi3は高性能と言えます。規格がLGA1156ならついて行けなくなった時にCPUを交換すれば良いだけ。その頃にはジャンクで数千円など有るやも知れず。

いつまで販売かは知りませんが、Prime Magnateの詳細ページはこちら

10万円以上出せば高性能なPCを買えますが、性能と比較し価格に見合うかと言えば疑問。いつも通りですが用途次第という事です。

ドスパラ記事になってしまった為しつこいですがもう一度。

他社のBTOでも良い安いPCは多く有ります。後悔しないパソコン選びは自分で判断が基本。この記事に惑わされる事の無いよう、ご注意下さい。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

いつも記事みてます BTOのカスタマイズの記事は特に大好きです! 自分も買わないのにカスタマイズで組んだりしてますよ

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。