「パソコンはまだ買うな」というか今買うな

2009年11月19日

もちろん買うのは構いませんが、twitterを見ている限りではWindows7が出たからと言って今すぐ購入すると面倒な事になる。という呟きが結構有ります。

評判と同様。悪いは広まり易く、良い口コミは表に出にくい。
収集した情報に加え、いつも通り好き勝手に書きます。

 

Windows7は早過ぎる、Vistaのアップグレードも良く考える

Windows7がリリースされ早1ヶ月が経とうとしていますが、PC出荷台数は1.5倍や2倍以上など騒いでいるように売れているようです。そりゃVistaと比較すれば倍率は上がるだろうと。

Windows7の良さを書き出します。

  1. 性能の低いCPUや容量の少ないメモリでも動作する
  2. 上位エディション(Pro、Ultimate)にはXPモードという仮想環境が可能
  3. インターフェイスが見易く、タッチパネルなど新機能が増えた
  4. 価格が過去のWindowsと比較し安い
  5. 32bitと64bitをセットでライセンス有りの太っ腹(DSP版除く)
  6. IntelCPUの大規模な切替直後、タイミングが上出来
  7. Vistaユーザが救われた

発売当初のVistaはセレブ仕様でしたが、今ではRAMなどの価格が暴落しており安くなっています。パソコンの性能は短期間に進化するためHDDの容量は上がり、CPUもSocket変更で更に高性能かつ安い。

Vistaには無かったというか、Vistaの不満を解消するかの如しの大規模アップデートとも見えますが、本当に良いことづくめかと言えばどうでしょう。

Windows7の対応が遅れている周辺機器

プリンタではキャノンやエプソンは早速対応して来ているものの、ブマイナーなメーカーではWindows7?何それ?状態。レックスマークをググって訪問すると、VistaとVistaの64bitのみという意味の解らない状態。

レックスマークのプリンタドライバ

Vistaのドライバが7にも使えるのかも知れませんが、それなら普通はWindows7にも対応と書くでしょう。このように既存の製品はメーカーの努力次第となり、古すぎる周辺機器は無視される可能性も有ります。

動かないアプリケーション

対応一覧は検索で出る事が多くありますが、非対応の場合は調べても判らない。実際に動作しなかった人やベンダーが動作しないと書けば分かりますが、手持ちのアプリケーション全てを調べる事は難しい。

今使っているソフトウェアが対応しているかだけを調べ、CDラックや押し入れにパッケージ丸ごと突っ込んでいるような物は動かなければ諦めるしかありません。

twitterでは、64bit版では現在FLASHが動作しないという呟きもありました。

SP(サービスパック)待ちのベータテスター状態

決め付けてはいかんと思いますが、過去のWindowsはMac君も言っているように、初めからまともな状態ではありません。定期や緊急アップデートを重ねつつ、匿名レポートを送信して大規模な更新であるSP1から2、3などと続きます。

Meを著期間使い懲りているユーザは信用しないかと。私はWindows98、2000(短期間)、XPと来ましたが、2000までは固まりまくっていたためSP1以降でなければ入れる気がしません。

この点はRC版などでWindows7の評価は高く、以前のWindowsとは違うと思いたいものですが、待った方が得な事には変わりないため、XPユーザで今も使えているなら急いで乗り換える必然が見えません。

モニタもセットで今買うか否か

Vista後期ユーザなら液晶モニタで16:10や16:9のワイドかも知れませんが、1年程前まで液晶と言えば4:3のスクエアが一般的でした。今年になり液晶パネルも大暴落した為、春以降の購入なら安く大画面のモニタをお持ちかと思いますが、23インチが3万円を切ったのは最近の話。16:9が出回り始めたのは夏前後の事です。

実用性は置いておき、Windows7の新機能で売りでもあるタッチパネルの液晶モニタは未だ出足が遅く選べる状態にありません。キャズム(流行るライン)を越え、誰もがタッチパネルを持っている時まで待つか、タッチは斬り捨てるか。

そして大きな問題として、今使っている4:3の液晶をWindows7でも使うのかという事。解像度が合わない、という事は無いかと思いますが、あまりにも古い低解像度のモニタでは、新しいグラフィック出力に対応せず映らない可能性も有ります。

今液晶を買う時期かと言えば微妙過ぎ、モニタセット購入となればそれ相当の価格に跳ね上がります。個人的には16:9の23インチ程度有ればタッチ機能は不要と思いますが、有るに越したことはありません。

 

今、買いな搭載OSはもしかするとVistaかも知れない

もちろん冗談ですが半分真剣。

7へのアップグレードクーポンが付かないパソコンは論外として、未だにビックカメラやフロンティアではVistaパソコンを売っています。考えられる理由。

  1. 在庫を残してしまい、叩き売っている最中
  2. Windows7仕様への検証が間に合わず仕方なくVista
  3. (手持ちの周辺機器などが)7に対応していないかもという売り文句が使える

3は薄いと思えますが、1と2は充分有り得えます。

Core-i5やi7が載っていれば間違い無く「2」、Core2シリーズなら「1」が考えられ、歳末ボーナス合戦に向けて本気で赤字処分をしていると推測出来ます。

 

XPは?

今更感が有り、マイクロソフト様のサポートも2014年終了との事。今から新品でXPのHomeやProのネットブック(トップ)以外を選ぶ理由は有りません。何が何でもXPというなら、Windows7標準でXPへのダウングレードが付いたPCを購入、カスタマイズがよろしいかと。


タイトルは、ゲリラマーケティングとかいうキャッチコピーで有名な「家はまだ買うな!」を文字ったものですが、大手の専門ニュースが買え換え五月蠅いため個人ブログならでは視点で書きました。

関係有りませんが、まだ家を買うなというキャッチを見て訪問する人間は、今買おうと思っている確率が高いという釣りで、検索狙いのタイトルでやっても効果は有りません。

家でもパソコンでも、私が何を書こうと欲しいと思った時が買い時です。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。