ドスパラが棒PCお試し期間設定(2015年11月9日まで)

2015年10月19日

ドスパラがスティック型PCを試せるキャンペーン開始。

実施期間はタイトルの通り11/9までとなっており、90日以内の返品ならば返金という、個人向けPCとしては珍しい売り方。プレミアムサービス加入という罠臭い条件が付いており調べたので調査。

すんなり返品可能なのか?

ドスパラが棒PCお試し期間設定(2015年11月9日まで)

店舗でもやっている御様子。

スティックPC返品OK!ドスパラがお試しキャンペーン - AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/20151010_725095.html

ドスパラ棒PCお試し90日

通販でもやっております。リンク切れ嫌なのでタグ抜きで。

スティック型パソコン(PC)|ドスパラ通販【公式】
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_stick_pc

通販版

期間は2015年11月9日の購入まで。

購入から90日以内に返品したなら返金してくれるというキャンペーンで、条件はプレミアムサービスへの加入のみ、の前にドスパラのDJ会員加入が必要。

入会金などは無い御様子。

プレミアムサービス

おそらく、

  • クレジットカード決済で申し込む
  • 解約が面倒になり放置する

を狙っているのでしょう。携帯電話を契約し、オプションの解約が面倒なので数百円なら良いかと放置する感じか。

解約フォームが見当たらないけれど、加入後にリンクが現れるのかドスパラへ直接問い合わせになるかは不明なので入るならご注意有れ。

さて、ドスパラと言えばセーフティサービス。

セーフティサービス

左の2機種は全く同じ構成で、セーフティサービス加入を条件に税込10,800円安くなっております。しかし、入ってすぐに解約は損する仕様。

※セーフティサービスへの加入が必須のモデルの場合は契約翌月を1ヶ月目として12ヶ月間の最低利用期間がございます。こちらの期間中に解約された場合は解約事務手数料として9,120円(+税)がかかります。

source:セーフティサービス|ドスパラ公式通販サイト

解約すると税込9,850円必要。最安プランは税別680円/月なので、初月でいきなり解約しても税込総額は最低10,260円。

継続するなら1年間8,813円なので、1年後の解約を忘れない自信が有るなら2千円くらい安くなる感じで、素直に1万円安いわけでは無いという罠風味。

 

プレミアムサービス加入は罠なのか調べた結果

プレミアムサービスもセーフティ~と似たような仕組なのか。解約手数料が発生するなら、いくら90日間お試しとは言えども1万円くらい要してしまうなら完全なトラップ。

というわけで、プレミアム~のページを3回読み、利用規約も2回隅々まで見たけれど、解約手数料や最低利用期間に関する情報が見当たらず。

仕方無いのでドスパラへ直接メル突し問い合わせてみた結果が以下。メールは公開すると事前に確認済み。読み易くなるよう、意味は変えず一部編集。※サードウェーブ広報Kさんの御協力に感謝


Q1.(スティックPCお試しは)購入と同時(または事前に)プレミアムサービスへの加入が条件との事だが、90日以内に返品した場合のプレミアムサービス継続は条件に含まれるのか?

A1.返品申込時に継続して加入いただいていれば返品キャンペーン対象となります。返品キャンペーンに申込いただくことでの解約制限は設けていません。

Q2.例として、10月21日に納品され、10月30日に返品してプレミアム~を解約した場合。

  • 1.翌月11月20日までの解約となりプレミアム~の支払いは2ヶ月分
  • 2.利用が1ヶ月満たないので1ヶ月分の支払い

A2-1.ご加入日、解約日に関わらず当月内での解約の場合は1ヶ月分の料金となります。

  • 3.プレミアム~解約は別途条件有り

A2-2.特に条件はございません。


要約すると、プレミアムサービスの解約には制限など無く、月単位での月額となる、という事なので、セーフティ~とは違い、いつでも解約可能で解約手数料も無い御様子。

スティックPCお試しで注意する事

いつでも解約出来る事は判ったけれど、スティックお試しの条件は、

  • 事前または同時にプレミアム~へ加入する事
  • 途中でプレミアム~を解約するとキャンペーン対象外

という事は、最大90日利用するなら3ヶ月間はプレミアムサービスに入っていなければならず。更に細かく言うと、私が質問で21日にこだわっている理由は利用規約のここ。

第9条 契約者が行う契約の解約

1. 契約者は、本サービスを解約しようとするときは、第10条に定める方法によりその旨を当社に通知するものとします。この場合、毎月の初日から20日まで(以下「当月解約期限」といいます)に当社に通知のあったものについては当該通知のあった月の末日に、また、毎月の21日から末日までに当社に通知があったものについては当該通知のあった月の翌月の末日に、本サービスを解約したものとし(以下「解約日」といいます)、契約者は、解約日までに生じた料金等につき支払の義務を負います。

source:ドスパラ プレミアムサービス新規お申込み|ドスパラ公式通販サイト

10月21日に納品され30日に返品後解約ならば、この規約では後半戦へと突入しており翌月末、言い換えると10月21~11月20日までに解約を通知したとみなされ2ヶ月分になるのか、と確認したかった。

Kさんは広報なので規約までは熟知していなかったのか。おそらく私の質問の期間で納品と返品と解約した場合は2ヶ月分になると思う。

という事で、コスパを重視した無駄の無い納品から返品までの期間は、11月1日に発注とプレミアム~へ加入し、

  • 1ヶ月分・・・11月20日までに返品後、解約を通知
  • 2ヶ月分・・・12月20日まで(同上)
  • 3ヶ月分・・・1月20日まで(同上)

となるので、90日がっつり試すならば1月29日まで引っ張れてしまうので4ヶ月分の支払いになると思われ、返すなら20日までがよろしいかと。但し、返品時にはプレミアム~加入中が条件なので、数日余裕を見るべきでしょうな。

とは言え、こんな物は2週間も使えば必要か否か判ると思うので、11月に入り購入と加入し20日までに返品と解約するが普通でしょう。

たかが1ヶ月300円、されど300円。私は効率厨以外にコスパ厨でも有る(けち臭いともいう)ので、無駄に数百円支払わない方法を推奨。

買い取るならプレミアム~はとっとと解約してしまいましょう。返品しないつもりならば最初から加入しない方が良いでしょうな。理由は次のまとめで。

 

ドスパラ棒PCの90日お試しは有りだと思う(まとめ)

以下の手間が苦にならない人限定。

  • 返品時の送料はユーザ負担
  • プレミアムサービスの解約
  • キーボードなど周辺機器の準備

プレミアム~は解約しなくとも良いけれど、300円のプランは無駄過ぎる。

  • ポイント2倍・・・カード決済ではポイントが付かない
  • 買取査定20%アップ・・・ドスパラの言い値なので基準不明
  • 液晶モニタドット抜け保証・・・買う時に入り確認後すぐ解約で良い

ドスパラで購入しドスパラで売るなら良いかも知れないけれど、これらの条件の為に毎月300円支払い続けるのはコスパ悪い。

返品の送料1千円前後はまだ良いとしても、スティックPCを試すには最低限USBか無線のキーボードとマウスが必要。使い込むならMicroSDカードも。それらを普段使わないなら返品後は無駄になる可能性。

全て納得出来るならば、棒PCのようなクソ性能で何がどこまで出来るか3ヶ月近く試せるのは利点。

Atom Z3735Fの低性能さ、メモリ2GBという低容量、32bit版Windows 10の使い勝手はどうなのか。文字のみでは分からないなら、お試しは有りでしょう。

ドスパラ側としては、返品が面倒とか忘れてくれて売れる事に期待しているやも知れず。ユーザ側としても面倒になり1万円少々なら良いかとして買ってしまう人も居そう。

出来る事は限られるけれど、出来ない事も限られているわけで、見ないテレビや余ったモニタを活用出来るならば、試して買ってしまっても良いかも知れない。

以上。当記事はドスパラから依頼されたわけでもステマでもございません。もしステマしてくれと依頼されたなら逆に晒すと思う、それがBTOパソコン.jpと私。

ちなみに私はパソコン工房の棒PCをテレビに挿しており、テレビの電源は滅多に入れず、遠隔操作でWindows 8.1や10のアップ&ダウングレード実験をしていたりという遊び方も可能なので、安くセカンドPCを入手しWindows 10を試すという考え方も有りかと。

おまけ:この返品フォームはもったいないと思う

これ。

返品フォーム

source:https://secure.okbiz.okwave.jp/twave/helpdesk?category_id=245

何らかの意図やOK Wave内なので制限が有るのかも知れないけれど、なぜここで「返品の理由をお聞かせ(お選び)下さい」が無いのか。

  • 価格が高く感じた
  • 発熱に不安を感じた
  • 性能不足や容量不足
  • Windows 10に何らかの不満
  • 実は試してみたかっただけで返品前提
  • 故障

など、次のスティックPCへ繋げて欲しいと思ったけれど余計な世話ですな。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(3)

スティックPCがついに1万円切り ~ドスパラ、Windows 10搭載スティックPCを税別9,980円に値下げ - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151019_726339.html
9,980円に値下げになったようですよw

売れなすぎて少しでも在庫を減らすための策か、と邪推したくなるキャンペーン。

>解約フォームが見当たらない
プレミアムでない方のセーフティーサービスは、やや不可思議な解約フォームがありますね。解約フォームのタイトルが「お問い合わせ内容入力」ですが、解約フォームへのリンク先なので間違ってはいないはず。ウェブ上が不可ならPDFを印刷して郵送でも可。

セーフティサービス解約について | ドスパラ サポートFAQ
http://faq3.dospara.co.jp/faq/show/1332

ちなみにプレミアムもセーフティもDJ会員とひも付けされているため、DJ会員を退会すると自動的に解約となります。

DJ CLUB MEMBERS CARD 事務局|ドスパラ公式通販サイト
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_dj_club_card_form

>いつでも解約可能で解約手数料も無い
プレミアムサービスで少し魅力的なのは、プラチナプランの「PCクリーニング無料」でしょうか。毎月1回までの制限があるものの、通常3,000円かかるクリーング費用がゼロ円。普通は半年に1回でも十分なくらいですが、キレイ好きな方は是非どうぞ。ファン付きのスティックPCなら効果は大きいやも。

>カード決済ではポイントが付かない
これは昔からドスパラの謎。昔はクレジットカード決済で事務手数料を取っていましたし、クレジットカード決済をあまり歓迎していないのでしょうか。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。