DELLとオンキヨーもタッチ対応Windows8 PC発売へ

2012年10月25日

10月25日、Windows8発売前日。

デルは既存のWindows7 PCを8へ置き換え、動かぬオンキヨー(デジタルソリューションズ)と思っていたら、Windows8発売と同じ週になり新製品を発表。最近のデルの供給はズレており、オンキヨーも相変わらず。

適当に見て参りましょう。

オンキヨーのWindows8仕様PCは21型タブレット

オンキヨーは世界初のスレートPC(日本語でスレートPCという表現が初という意味)をWindows7仕様で過去に発売しており、私の予想通り盛大にこけていると思われるけれど、更なる博打商品を発射予定。

ONKYOから世界初の21.5型Windows8タブレット、Core i7選択可-Engadget
http://japanese.engadget.com/2012/10/22/onkyo-21-5-windows-8-core-i7/

onkyo-windows8-21inch-slate.jpg

本体下部、画像左下に見えている物は明らかにスタンド用の穴。

Windows8に期待する限られたPCユーザ争奪戦で最初から逃げる準備をしているような製品では有りますが、オンキヨー曰くタイトル通りスレートPC。

メーカーでは「世界初、Windows 8・21.5型・インテル Core i7 搭載 タブレットPC(スレートPC)を発売」としっかりタブレットを名のっています

スレートとタブレットが逆になっておりますな。

『スレートPC』の『PC』とは本当のPCであるということ。『スレートPC』という名前はよく使われるが、PCそのものの機能が入ったものはなかなかない。われわれが今日からこの市場を作っていく

source:オンキヨー、国内初のWindows 7搭載スレートPC 3モデルを発表 | マイナビ

どうしたのでしょうか。

脳内で某TakaQさんの「もうやめて!オンキヨーのライフはゼロよ」が余裕で再生されたのでここまでにしましょうか。内輪かつ意味不明失礼。

性能は面倒なので一覧にはせずノートPCに置き換えると、最上位のCore i7モデルは約15.5万円、ノートなら10万円以下。最下位のCeleron搭載は約10万円、ノートなら余裕で5万円切れるレベル。

どうしてもフルHDの21.5型をタッチ操作したい用途が有るなら良いかも知れないけれど、20型で良いなら日本HPから約6万円で似たような物が出ております。上の機種。

hp-board-pc-touch.jpg

オンキヨーは市場や競合調査をしないのか?と思ったけれど、ボード(一体型)PCの製造は数ヶ月掛かると思われ、やらかしてしまったのでしょう。

Windows8では無くAndroidならフロンティアも21.5型が有り約3.5万円。

frontier-ft103.jpg

source:フロンティアより21.5型タブレットPCが約3.5万円で発売 - BTOパソコン.jp

一応、フロンティアの直販サイトで確認すると現在約3.3万円。売れているようには見えないので、何となく欲しいなら処分待ちが正解でしょう。

話を戻すと、オンキヨーの21.5型自称タブレットPCはキーボードとスタンドを外した単なるボードPC。

やたら高額なのは平常運転、オンキヨー信者の皆様はいかがでしょう。

 

DELLのノートはモニタ回転、ボードPCは27型

デルは2製品ピックアップ、ノート兼タブレットPCから。

他社製品を踏まえ、“勝負できる”と確信:「XPS 12こそ、コンバーチブルUltrabookの本命」―デル、PC秋冬モデル発表会 - ITmedia PC USER
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1210/23/news123.html

dell-xps-12-ultrabook.jpg

どういう勝負をしようと思っているのか本文を読めど良く分からない

「ノートPCとタブレットの垣根を越えたことで、ユーザーにあらゆるシーンで使ってもらいたい」

DELLの中の人が漠然とこう言われているけれど、重量約1.5kgでバッテリ駆動5.5時間程度の物が最低10万円くらい、上位機種は13万円は客を突き放しているようにしか見えず。

この回転液晶パネル、どこかで見たと思い調べると2年前に発表した物と似ておりました。動画より切り出した4コマ。

Dell Inspiron Duo

source:NECの3D方式切り捨てやDELLの面白スレートなど6選 - BTOパソコン.jp

DELLはどうしても回転させたかった、としか思えず、なぜ回転させなければならないのか不明。良し悪しは別として、Lenovoのような裏返しや東芝のようなスライドの方がシンプル。

デルへの突っ込み、もう一つは巨大ボードPC。 

デル、27インチ一体型「XPS One 27」Windows8でタッチ対応 | マイナビ
http://news.mynavi.jp/news/2012/10/23/198/

dell-xps-one-27-board-pc.jpg

「Windows8、マルチタッチ」「ボードPC、大画面」と分けると良さそうに感じるけれど、「マルチタッチ、大画面」は無理が有りましょう。

以前、日本HPのボードPCで書いた私の感想文より。

感心した点は20型に抑えている事で、これ以上大きくなると腕の長さ、要するに眼から操作パネルまでの距離と画面の物理的なサイズが矛盾して来るのでしょう。

source:Windows8仕様PCがBTOメーカー各社より予約販売開始 - BTOパソコン.jp

私が今これを書く為に見ている23型でさえ、 画面でタッチ操作しようと約80cmから50cmへ近付くと画面全体が視界に入らず、タッチ操作する際は頭や時には上半身を動かすはめに。

23型の液晶パネルの幅は約50cm、27型になると60cmくらいになるので10cmほど巨大化。縦も5cm前後大きくなり、さすがに27型は無理が有りましょう。

画像手前のキーボードは、106や109日本語キーボードから矢印キーの列が省略されているので幅が約35cmくらいとすると、ノートでいう15.6型くらいの大きさ。キーボードの幅が大き目なノートと思うと、27インチの巨大さが分り易い。

価格は下位で14万円弱、上位機種は約16.5万円。安くない超高額とも言えるDELLのパソコンにどのような価値が有るのか不明。

 

Windows8祭りはいつまで続くのか?(まとめ)

いずれもタッチ操作に対応しており、Windows8のモダンUI(お触りタイルの方)がメインと考えると良さそうに見えるけれど、画面の大きさが矛盾したり、オンキヨーのボードPCとDELLのノートは自信に根拠が無く自己満足に見えてしまう。

既存Windowsユーザから見るとWindows8というだけで地雷。更にタブレットPCへ変形という新たな試みでWindows7 PCより価格が上昇。そしてデスクトップ(ボードPC含む)では操作性で矛盾するという、どうにもならない現状。

Windows8やWin8仕様PCの発売は明日0時、本日深夜。

難点含め理解した上で購入するなら良いけれど、最新のWindowsパソコンとして何となく選んでしまったり、店員の押し付けで決めてしまうPCユーザはどうなるのか。

DSP版(Windows単品)やWindows8仕様PCをダシに、BTOに限らずショップやPCメーカー総出でWindows8のお祭り状態へ持って行こうとするのは解るけれど、どうしてもこれが引っ掛かってしまう。(n=1,137)

windows8-research-bto-pc-jp.gif

source:Windows8の発売前アンケート調査の結果(2012年9月) - BTOパソコン.jp

秋葉原へ行ける、というより終了が0時過ぎでも自宅まで帰る事が出来る人は釣られてみましょう。BTOメーカーに限らずPC関連ショップも参戦しております。

Windows 8 発売記念前夜祭|DSP版 Windows Navi+
http://www.windows-naviplus.jp/event/win8/

windows8-event-2012-10-25.jpg

Windows8の発売より、特価品目当てで並ぶ人が多そうですな。


公開前(当日2時頃)追記:DELLの新製品情報を今、Engadgetより受信したけれど、これは有りだと思う。

デルから水平に倒せる10点タッチ23型、5万4980円 - Engadget
http://japanese.engadget.com/2012/10/24/10-23-s2340t-5-4980/

dell-s2340t-multi-touch-monitor-overview1.jpg

Windows8(お触りタイル)を受け入れる人が多く、移行して行くなら。 ここまでやるなら、パソコンデスクへPC本体埋込み前提でやって欲しい。

Windows8を受け入れ(もういい

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。