性能も価格も桁違いなディープラーニングPCの世界

2019年5月25日

タイトルは故意の誤りでPCではございません。

パーソナル・コンピュータではなくスーパーコンピュータ、略してスパコンとは呼ばれるもののSCとは言わない気がする、何かとパーソナルではないスパコンの通販を発見したのでそれネタで1本。

一緒に驚いて参りましょう。

ディープラーニング用スパコンとは?

ディープラーニングは日本語にすると深層学習というやつで、AI(人工知能)を動かすために学習させることを指しております。

通常のパソコンならばCPUは高性能が良くゲーム用ならグラボ搭載、で済むところスパコンはCPUのコア数が多いほど良い、グラボのGPUが高性能でGPUコア数も多い方が良いという違いが。

GPUカード(グラボ)の違い。

  • ゲーム用・・・GeForce、Radeon
  • ワークステーション・・・Quadro、FirePro
  • スパコン・・・Tesla

どうしてもTeslaでなくてはならないわけではないけれど、NVIDIAがGPUコンピューティング用としてサポートや保証をしている種類がTeslaというシリーズ名でございます。

このGPU1個の時点でいきなり桁が違う。

Tesla V100最安

source:価格.com - ELSA NVIDIA Tesla V100 32GB ETSV100-32GER

最安で約120万円。

だけでは終わらない、これを複数枚搭載しつつCPUも2個とかして数十コア/スレッドになるモノが多く、ヘタしなくとも1千万円も余裕で目指せる構成も可能なジャンルがスパコン。

 

今ならパナソニックのスパコンが500万円(税別)

期間限定らしい、パナソニックのGDX Stationが今なら500万。

NVIDIAディープラーニング環境導入キャンペーン | Panasonic
https://www.panasonic.com/jp/business/its/nvidia/nvidia-campaign.html

500万円スパコン

教育機関なら110万円も値引きされて390万円とお得なので今すぐ買うか今夜買うか迷うところですな。

主な構成は見てもよくわからない。

  • OS:Ubuntu
  • CPU: Intel Xeon E5-2698 v4 2.2GHz
  • GPU:Tesla V100 x4(VRAM:合計128GB
  • グラフィック:オンボード
  • RAM:256GB(DDR4)
  • 電源:1,500W

ケースのデザインがHPのようだと思えばそうなのかも知れない、他の機種では日本HPでも販売しているモデルがパナソニックで売られております。

HP製品

ところが更に探すとG-DEPという会社が製造しているらしい。

g-dep

source:GDEPアドバンス

BTOスパコン発見。

スパコンもカスタマイズ可能

1億目指して盛ってみた。

カスタマイズで2千万円

全然届かず2千万円。

しかし下から2行目にある通りラックマウント式スパコンなので、これ何台買うの?という話にもなるわけで予算は計り知れない。

 

コスパではなく生産性で性能を検討する世界

GPUだけで100万円、それが4枚とCPUがXeonで500万という意味不明なレベルの全くパーソナルではないスーパーなコンピューター。

これを見ていて思ったことはゲーミングPCで、私は普段ゲーム用デスクトップはRTX 2080が限度、2080 Tiは性能に対するコスパ悪いだろうと書くけれど、その考え方は違うのかとも思った。

ディープラーニングは趣味というより業務用なので大型トラックが2千万か3千万かな違いとするなら、ゲーミングPCは趣味として乗る普通乗用車の300万か500万かのような。

自動車好きな人ならばそういう価格の点ではなく、どれが好きかとか、どれならば満足できるかの方が重要なわけでコスパで計るものではないでしょう。私の友人はカーキチをこじらせ2千万円でGT-Rニスモを購入し、ホイールだけで4本100万とかマジキチプライス。

それ考えるとグラボだけで1枚16万は不自然ではないし、クロックとコア数を求めてCore i9にしようとも、メモリ32GB盛ろうと「バカかな?」とは思うものの趣味なのでしょうがないでフィニッシュ可能。

趣味でわからない分野ならばアニメか何かのフィギュア、いくらオリジナルだろうと3万円とかわけがわからない。しかし本人が満足ならば全然アリなのかと。

何の話かわからなくなってきた、実は今回Tesla V100搭載PCを探してみたのもガチな話で、現在GTX 1080 Tiでディープラーニングしているけれど本格的にやるといくらなのか見積もってほしいと聞かれて調べてみた。

企業レベルならTesla、せめてTitanとかQuadroのRTXシリーズが良いのだろうけれども、あまりの桁違いさからコスパを取るか生産性重視なのか判断するところから、なのかと気付かされた。

スパコンの性能やコスパもゲーミングPC以上に現行パーツが3年で3倍お得になるとか平気でありそうところが導入のタイミングの悩みどころ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>パーソナル・コンピュータではなくスーパーコンピュータ
スーパー・パーソナル・コンピュータでも略してスパコンだから問題ない。

>CPU: Intel Xeon E5-2698 v4 2.2GHz
E5のv4って発売が2016年とあまり新しく無いのですよね。新しいシリーズはSilverだとかPlatinumだとかGoldだとかWだとか、名前が豪華。CPU単体で消費電力が200Wを超え爆熱になる場合もあり、家庭用としてXeonの多コア高クロック仕様を使うなら要注意。

価格.com|インテル Xeon W-3175X BOX
https://kakaku.com/item/K0001150564/

ASCII.jp|Xeon W-3175Xベンチマーク速報、定格でもCINEBENCHで5500cb超え
https://ascii.jp/elem/000/001/807/1807865/

>本格的にやるといくらなのか見積もってほしい
ゲーム用とは違うジャンルで性能を求めるなら、ジャントしてはワークステーションが当てはまるのでは。個人的にはスッキリしていてオリオスペックが見やすい。

オリオスペック|ワークステーション
https://oliospec.com/shopbrand/ct522

サイコム|ワークステーション・専用サーバ機
https://www.sycom.co.jp/bto/work_station/

マウスコンピューター|ワークステーション MousePro Wシリーズ
https://www.mouse-jp.co.jp/business/mpro-w/w900/

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

mouse

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。