Core i7 980x搭載PCの標準構成を価格一覧で比較

2010年3月18日

Core i7、現在の最高性能980xを載せたパソコンが発売。

どこが最も早くリリースを出すか記録を見ると3月17日の昼前から一斉に流れ始めており、インテル様の御規制の香りが致します。とりあえず一覧を作成。

 

Core i7 980x搭載PCのBTO標準構成を価格一覧で比較

インテル Core i7 980x エクストリーム搭載PC一覧(エプソンダイレクト入り)

プレスリリースやニュースを元に競合するよう機種を絞っております。

色の濃淡は横の比較でおおよその性能上下、濃ければ高く薄ければ低い。フロンティアは元から液晶モニタがセットになっており、カスタマイズで外した価格(-15750円)としています。

全て主要パーツのみを簡易的に書き出しており、BluRayの倍速や電源の静音性、HDDの回転数などは省略。もちろん全てカスタマイズ可能ではあるものの、それらを全部入れると意味不明になるためやりません。というか出来ない。

 

エプソン(ダイレクト)の標準仕様がひど過ぎて話にならない

エプダイは良いメーカーだと思うけれど価格が高過ぎてナショナルブランド扱いとしましたが、これで見ると判りやすいかと。しかしエプダイの看板とも言えるEndeavor Pro7000が驚くほどのロースペック。

カスタマイズして行くと、とんでもない高額PCになるのかと思いますが、残念ながらケースが在庫切れという意味不明な状態でカスタマイズ画面が進まず断念。

比較の一覧が見づらいためエプソン外します。この表を元に行きましょう。

インテル Core i7 980x
    エクストリーム搭載PC価格一覧で比較

高額過ぎる980x搭載のパソコン工房

パソコン工房はユニットコムの一つとして出しており2機種共に40万円近いという価格では比較にならない状態。しかし主要パーツの性能で見ると本当に40万の価値が有るのかとも思えるため入れました。隣のマウスコンピュータ1と、14万円近い差が何なのかは不明。

何をどうしたら40万円になるのか判らないため、私が何か重大な14万円分を見落としていたら教えて下さい。仕様詳細とカスタマイズは見たつもりです。

ツボを心得た激安PCマウスコンピュータとドスパラの競合

素晴らしい安値を評価し、例外で2機種入れております。(マウス1と2)

パソコン工房が高過ぎるのかマウスが安過ぎるかは隣のドスパラ。ドスパラも激安とは言えないもののかなり価格を落として来ます。価格が10円単位まで同じ、OSとメモリで差を付けている事からドスパラの情報がマウスへ漏れているのかとさえ思える程です。

マウスコンピュータかドスパラかと言えば上の表ではマウスの勝ちに見えますが、カスタマイズの選択肢や価格然り、その他要素が多く関わるため購入するなら詳しく見て判断を。

Faith(フェイス)とTWOTOPの価格と仕様が不自然

どちらもパソコン工房と同じユニットコム。フェイスの方がTWOTOPより4万円高額でOSの有無が違うものの、なぜかTWOTOPの方がメモリとグラボが上。OSがDSPなら約15千円の差ですがOEMなら更に安いはず。

見所はグラボの差で、高い方のフェイスはGTS250、安いTWOTOPは現在のGeForceシリーズでは最高性能のGTX285が載っております。価格コムで比較すると差は約3万円。普通はここで差が付きGTX285搭載が高額になるはずですが、横の繋がりは無いという事でしょうか。

FRONTIERが珍しく新製品を他社と同じタイミングで発売

今年の1月にAtom N450ノートを真っ先に出していましたが、今年のフロンティアは何か変わった気がします。昨年までは新製品が無く、出ても旬の時期が過ぎており目立たない。

価格も良い具合ですが、バランスが中々。カスタマイズが有るにも関わらず、なぜここで中途半端にGTX260が標準かと疑問は有りますが、OSは32/64bitがセットになった得なWindows7。HDDも何か半端に上がっており、メモリも6GBと他社の中間。これで25万は頑張っていると言えるでしょう。

最小構成でOS無しが基本のサイコムをマウスが襲撃

マウスコンピュータ(MCJ)は本気で価格情報を持っているのではと疑える程に当てて来ている(ように見える)。サイコムと比較し、OSはWin7のHomePremium付き、メモリは惜しみなく6GB搭載、他は大差無いという凄まじいその2です。

サイコムは他メーカーと比較し特殊で、この構成という決め打ちはせずカスタマイズで仕様を決めて行くという、標準構成が無いようなものです。原価やコストを考えて出た値段がマウスコンピュータの980x下位モデルという事でしょうか。

 

購入のタイミングとメーカーやパーツの選び方

他人が何を言おうと自分が気に入っているメーカーが第一。

安いからと言ってパーツの詳細を見なかったり、カスタマイズでアップグレードした際の価格比較を忘れてはなりません。あまりにもこだわるなら自作しろといういつもの結論になりますが、CPUは全く同じでも、それ以外のパーツは各社全て違います。

CPU以外では、いずれもGeForceのGTS250~GTX285で揃えているものの、4月6日頃にGTX400シリーズが出るという噂(via 上田新聞)が有り、3週間様子見が正解かと。インテル程では無いとしても、最高スペックが上書きされると、現状の最高は中程度に落ちて価格も徐々に下がります。

金が余っているなら良いけれど、コストパフォーマンスを考えたパソコン選びに最高性能は価格に見合わず。マニアの自己満足や一番良いパソコンをくれというセレブの道楽買い。普通の人はへぇーボタンを押す為の仕様です。

比較や選び方で主観はあまり書きたく有りませんが、マウスコンピュータは規模が大きくノートベアでは安さにこだわっており、一覧の比較ではベタ褒めでしたが正直私なら避ける所。褒め過ぎは面白く無いため何か刺しときますが、マウスが好きなら安いしお勧めです。

 

Core i7 980xをBTOメーカーが独占している謎

元からナショナルブランド(ソニーとか)は手を出さない性能と価格帯で、自作やベンチマニアが最も欲しがる属性。BTOメーカーも自作より安く付く辺りは自作系と似ていますが、なぜインテルはボックス(単品)を発売しないのでしょうか。

エルミタージュ秋葉原 [取材ネタ] 本日解禁「Core i7-980X Extreme Edition」リテールパッケージ版の予約受付がスタート
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/201003/17_08.html

■単品予約17日より開始予定。ただし納期は未定

なぜかソフマップ駅前店のみで予約開始。入手出来なければ6月に返金という良く判らない状態。と思っていたら追記が出ました。

3月17日追記
「ソフマップ駅前店」によるCore i7-980X Extreme Edition予約については、諸般の事情により中止となりました。

インテル様の御規制の香りが致します。

980xは要らないから、他のCore-iシリーズを比較したい場合は「Core i7とi5とi3の性能や機能を比較し図解」をどうぞ。初心者にも分かり易いよう、そこまで省くのかと驚く程に簡潔にCPUのみを比較しております。

追記:出典(この記事へのリンク)を入れて貰えれば記事内の画像は自由に転載して貰って構いません

<参考にしたプレスリリース>

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(6)

GTX280と980xだけで400W近いでしょうから、電源600W台はなんかこう、こころもとなく思えてしまって仕方ないです。

マウスのはまじですごいかも知れない・・・他がそれでも980xは売れるだろうと踏んで、盛りすぎてるだけかも知れませんが。(きっとそう)
あそこはメモリとか何かツテがあるんでしたっけ?最近あほpadのせいでメモリ値上がる気配なのに、気前よすぎだろうとw。
でも電源ユニットがどこの何を使ってるのかがキモに思えるので、選べないのはちょっと抵抗あります。

ということで、パーツベンダーが全部選べるSycomという私見に至りました。
BTOはこうやって構成をああだこうだ考えてる時が一番楽しいから困るw。

まあ結局買わないんですが。

パソコン工房の構成がMDxxxとGSxxxで混乱してるのかなと・・・

GSでしたらGTX280×2のSLI構成だと思いますしMDでしたら
SSD×2のRAID0構成になると思います。
電源もGSだと750Wになるのかな

CPUが単体で販売されてないのでわかりませんがパッと見妥当な
価格じゃないでしょうか

まあ、私なら買えないなw
パソコンオタクよりもゲームオタクが買うんじゃないですかね?

マウス最高です!

今見てみましたらsycomで980xモデル完売のようですね。
他メーカーはどうなんでしょうか。

CPU単体で買えないだけに、余計最小構成で買えるsycomが売れてるのかもですね。

まあ買わない私には関係ないんですがw

Intel様ご規制は当たり
980XEEは日本に100か200本しか入ってない
詳しいことは知らない
次回入荷は4月末とか5月とか・・・
だからホワイトボックスオンリ
HPは何本持ってるんだろ

まあ僕もいらないけどねw

>TakaQ さん

ここまで価格差が有るとメーカーが、など言っていられないかも知れず。しかし6コア(12スレ)で何をすると言うのか不思議です。対応しているアプリケーションを聞いた事が無く、価格コムや2chでは4コアさえ使い切れないという意見が多く有ります。

>edo さん

そうですね。マニアがベンチマークを公開するネタ用としか思えない。SLIも使い方によっては2枚分のコストパフォーマンスどころか1.3倍程度の性能にしかならないと聞いた事が有り。CPU単体で10万円らしいので、CPU以外で試算すると比較として良いかも知れず。

>マウス大好き さん

コメントスパムで「マウス 評判」は取れない。数回書いて気が済んで更新せず飽きて放置が関の山。

>事情2 さん

元ネタは言えないと推測し噂と考えても、あまりにも数が少なくBTOメーカーのみ搭載で単品無しは合点が行きます。単品は3~4月に発売とエルミタ辺りで読んだ記憶が有るものの、3月なら既にどこかからリークしているはず。

まあ、私は要らないわけですが(笑)

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。