今月もリリース多すぎBTO PC新製品(2020年6月全期)

2020年7月 8日

最近発売のBTOパソコン6月分。

4月はコロナ騒ぎで新製品が少なかっただけと知り、今回の6月も1ヶ月分にすると大量の記事数となっております。数行コメントを入れて行くので買う用ではなく最近どのようなパソコンが出ているのか参考まで。

適当に見て参りましょう。

最近発売のBTOパソコン(2020年6月)

7メーカー20記事分。画像は意味のあるモノだけ。ソースは全部PC Watch。

全記事へのツッコミは厳しいので「はいそうですか」的なリリースはスルーし、番号を指して感想文して参ります。

マウスコンピューター(3)

  1. 着脱式キーボード付属の子ども向け10.1型タブレットPC
    mouse-E10.jpg
  2. マウス、筐体幅100mmのスリムタワー型PC
  3. 7万円台の狭額縁14型モバイルノート

1.GIGAスクール構想向け。

子ども向けタブレットPC「mouse E10」を8月下旬に発売する。税別直販価格は52,800円。保証期間は1年間。 1,280×800ドットの10.1型液晶ディスプレイを搭載したタブレットPCで、脱着式のキーボード

キーボードの画像が無いので公式からパクってきたところ、Surfaceのような平たいやつで打ちにくそう。本体は耐衝撃/防滴/防塵らしいので5万ならばクソ性能でも頑張っている方かと。

2.税別49,800円と来たならばPentiumかCeleronだろうと予想するもハズレ。

CPUにCore i3-8100(中略)4GBメモリ、120GB SATA SSD、300W 80PLUS Bronze電源、Windows 10 Home

そこを削ったかと感じたSSDはそれでも3桁容量あり、幅10cmという値打ちのこきかたからしてベアボーン(この場合ケースと電源)代でコスト抑えたと推測。意地で付けたような光学ドライブは法人向けを意識したか。

3.マウスにしてはバランス悪い。

CPUにCeleron 4205U(1.8GHz、ビデオ機能内蔵)、メモリ8GB、256GB NVMe SSD、1,920×1,080ドット表示対応14型非光沢液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Proを搭載し、税別価格は64,800円。

Celeron Uならメモリは4GBでSSDも削り120GBクラスにしてもっと値下げするか、メモリ8GB盛るならCPUも少し盛って税別9万円程度が良いと思っております私の中では。液晶180度開きは地味に利点。会議室で向かいの人へ画面前倒しして「ほらここ」がやりやすい。

パソコン工房(4)

  1. ディープラーニング向けPCにailia AI showcaseバンドル開始
  2. 第10世代CoreとRTX 2060を搭載したゲーミングノート
  3. ディスプレイに装着可能なRyzen 3 PRO搭載コンパクトPC
    SOLUTION-IDA3-RP3E-VHX.jpg
  4. RTX 2070/144HzフルHD液晶搭載の15.6型ゲーミングノート

1.これまた隙間というか隙間すぎるソフトのバンドル(最初からパソコンに入っている、または付属するソフトのこと)。

ax及びアクセルが開発、販売するディープラーニング・フレームワーク「ailia SDK」を使用したデモソフト

source:AIデモソフト「ailia AI showcase」を提供開始

ax側がパソコン工房へ依頼したとは考えにくいため、タダでお試し版を入れることで付加価値としたのでしょう。そういうことする人向けPCとしての提案、しつこいけれど隙間中の隙間すぎて需要の範囲の数人しか気付かなそう。

2.これはRTX 2060を選ぶというよりも、2060という性能控えめにして予算を削る一応なコスパ重視ながら、ノートなのでもちろん高めになる税込と送料で16万円くらい。どうしてもノートが良く20万は出せない人用か。

3.ASRockの小型ベアボーン第何弾かもう忘れたけれどAMD版で、CPUのRyzen 3 PRO 3200GEは調べても情報が少ないので出たばかりかと思えば2019年7月発売。AMDの公式では一応デスクトップ用となっております。税込約7万でこれはコスパに疑問。

Ryzen 3 PRO 3200GE(4コア/4スレッド、3.3~3.8GHz、Radeon Vega 8 Graphics)、DDR4-2666 4GB(SO-DIMM)、NVMe SSD 250GB、Windows 10 Home

CPUが意外と高いのだろうか。以前のパソコン工房なら、Core i5+8GB+500GBで6.7万円くらいで出せていたはず、と思ったけれど、あれは税別だと今気付いた。まあこんなものか、しかしAMDなのに(もういい

ドスパラ(1)

  1. GeForce RTX 2070/144Hz液晶搭載のゲーミングノート

ノートならこれが正解かも知れないと思った。

SteelSeries製のメンブレン式フルサイズ日本語キーボードを備える

昔のノートはパンタグラフ、それが薄型や見た目だけ重視したアイソレーションというクソごみボタンとなり、一周回って別の場所でメンブレンとは。ゲーミングキーボードとしてメンブレンはアイソレーションより操作性が段違いに良いはず。ノートでメカニカル難しいならパンタグラフかメンブレンになるべき。

DELL(2)

  1. GeForce MX 330やIce Lake搭載の14型/15.6型ノート
  2. 300Hz表示やOC対応17.3型ALIENWAREゲーミングノート

1.これで6.8万は安い、コスパ良好。

Inspiron 14 5000の場合、Core i3-1005G1、4GBメモリ、256GB M.2 NVMe SSD、14型フルHD(1,920×1,080ドット)非光沢液晶、Windows 10 Homeなど

メモリが4GBでSSDはNVMeながら256GB、価格と同時に容量も抑えた設定なので、この2点で足りなくないか自力で判断できる人向けでもある。不安ならCPUランクアップ、メモリとSSDの容量2倍な8.5万の方でもコスパ良し。MX 330はなぜ搭載できるようにしているのか不明。

2.リフレッシュレート300Hzのノート、というかモニタは初めて見た。過去最高は240Hzなので確かに凄い。しかし価格も凄いのでゲーミングノートに30万円以上出せてしまう人限定。

日本HP(2)

  1. RTX 2080 SUPER Max-Q搭載の31.5型液晶一体型PCなど
    ENVY-All-in-One 32.jpg
  2. Ryzen Mobile 4000シリーズ搭載の13型2in1など

1.どうしても一体型で高性能グラボ搭載でなければ死んでしまう人向けなのでコスパで語るものではないけれど最下位モデルより。

CPUにCore i7-10700、メモリ16GB、512GB SSD+2TB HDD、GeForce RTX 2070 with Max-Q、3,840×2,160ドット(4K)表示/10億色表示対応31.5型IPS液晶ディスプレイ、OSにWindows 10 Pro

詰め込みましたな。デスクトップ用CPUの割にグラボは薄型ノート用とも言えるMax-Qデザインを採用。4K解像度で2070 Max-Qは大丈夫なのか。ちなみにモニタ下部の横長スペースはおそらくスピーカー。

2.ノート5種類の刷新で、CPUがRyzenな10万円切りモデルから第10世代Core i搭載の約18万円まで幅広め。HPは見た目が良いので、国内風メーカーより安くて性能は高いモノが良いなら割とおすすめ。今の電気屋にあるのは9割Lenovoなので最初から安いLenovo買え感。

ツクモ(5)

  1. Core i7搭載で約970gの14型ノートPC
    N1430J-720T.jpg
  2. Quadro P620搭載のデスクトップPC
  3. Blenderに最適化したRyzen/Threadripper搭載ゲーミングPC
  4. Core i9-10900Kと水冷クーラーの構成も可能なゲーミングPC
  5. カリ城制作老舗アニメスタジオのPCと同等仕様のデスクトップ

1.重量970gに既視感があるのでサイト内を掘り返してみたところ、2月後半のBTO新製品でも970gのマグネシウム合金モデルが既出。但し見た目が違うのでベアボーン違い、ながら同じくマグネシウム代がのっているので軽さに2万出せる人向け。

2.Quadro言いたかっただけな気がする何に使うのか提案の無い一応グラボ搭載なデスクトップ2種類で、特に上位モデルのP620+Core i9で20万円がもっと意味わからない。私がツクモなら「4画面デジタル映像出力可能なデイトレード入門向けPC」として、モニタ4枚セット+アーム4台分をカスタマイズに入れる。そうなるとますますi9とP620の組み合わせがバチクソ意味不明。

3.こちらはきっちり提案されており納得。

無料の3DCGアプリ「Blender」に最適化されたAMD CPU搭載デスクトップPCを4機種発売した。税別価格は123,800円から。

BlenderはSteamでも無料で提供されており、条件を見るとCore i3+メモリ2GB+VRAM 1GB+Open GL3.3が最低、推奨はCore i9+メモリ4GB+VRAM 4GB+Open GL4.5という開きが凄まじい。ちなみにグラボのRadeonはOpen GL4.6対応なので正しい。

5.ルパンやクラリスや伯爵で埋め尽くされた壁紙が付く系のアレではない新しい提案方法。通常は「アニメスタジオでも使われている弊社製品」と来そうなところ、「アニメスタジオ使われている製品同等」と来た。但し何に使えるのかは書かれていない謎製品。どうしたツクモ、先月までのキレは?

フロンティア(3)

  1. Core i7-10750H/RTX 2060搭載の15.6型ゲーミングノート
  2. 第10世代Core搭載の省スペースPC
  3. AMD B550マザー採用のデスクトップPC

新しいパーツ出たので組み立ててみた系ばかり。

毎回マトを外してくれる今回のオチとしては、完成品のパソコンを買う人にマザーボード、しかもミドルレンジながらハイエンド並に高機能と言われるB550を採用と言えども無意味に近い。

BIOSいじったり改造しまくってほしいのだろうか。<本当にやると修理断られるか、保証期間内でも有償になるか、もしくは増設パーツ全部外されてBIOSを出荷時の設定へ戻されるはず。

以下テンプレ。

パソコン詳しい人とマーケティングに詳しい人も雇うべき。求人の条件や資格の欄に「パワハラに強い人」を入れる前提で。

 

閉店と開店を切り分けるツクモの戦略は?

独断と偏見で勝手に評価。

  • 用途次第で大アリ・・・ツクモのBlender用PC
  • 納得の構成・・・DELLのコスパ良しノート
  • ワケガワカラナイヨ・・・ツクモのQuadro P620機

3D制作してみたいと思えども、皆がPCハードウェアに詳しいとは限らないところへのBlender用は上手い。確かに推奨スペックを満たしているので何の文句もございません。

DELLは大昔のDELLに戻ったかのようなコスパ良いノートながら、グラボのMX 330搭載可能は無意味な罠すぎて用途がわかる人限定。これさえ騙されなければ普通に安い良いノート。

ツクモのQuadro P620は、Open GL使う職人への道の入門機として、または私が提案したような4画面まで行けるなどの提案が無ければプレスリリース出した意味がわからないほどリソースの無駄遣い。

さて、今回のオマケはツクモの開閉店について。

ネット通販の構成がやたら上手くなったと思えば秋葉原を中心に東京のツクモが次々と閉店し、福岡店まで閉めたと思えば、なんば店内にMSIストアがオープンというドタバタぶり。

実店舗よりネット通販に力を入れるというインタビュー記事を見たので実店舗はやめる方向かと思いきや、MSIと連携する新企画。

これら憶測するに、実店舗は金かかるので縮小し通販テコ入れはツクモの方針として、MSIコラボはMSI側からの申し入れのような気がしてならない。

かつてはサイコムでノートを販売してみたことがあるMSI、今はもう無いというかサイコムのネット通販サイト上からノートPCコーナーが消滅しておりいつの間にか終了。確か今から数年前の話。

GIGABYTEにしてもASUSにしても、そしてMSIも、ついでにAcerも、いずれの台湾メーカーも日本では流行らない、冴えない感じが続き続ける。

なぜ流行らないかは3つ。

  1. 無駄なギミックによる高額化・コスパ全然良くない
  2. いずれのメーカーも自作ユーザくらいしか知らない
  3. 自作ユーザは自作するしサブのノートは安物で良い

そこである程度認知度の高めなツクモの店内でやろうとするMSIは多少上手いとは思うものの、パーツ屋で完成品を売ろうとする矛盾もありそう。

自動車に置き換えると、オートバックスやイエローハットの店内で現代自動車(ヒュンダイ、韓国)の新車を販売するようなものではなかろうか。PC変態なら原材料同じなので同じとわかるとしても、変態以外にはそんなことはわからない。

パソコンに置き換えるとサイコムでノートPCを売るような。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(6)

>3.ASRockの小型ベアボーン第何弾かもう忘れたけれどAMD版で、~~税込約7万でこれはコスパに疑問。

約1年前にパソコン工房の同タイプ、
Ryzen5 2400G(4コア/8スレ、3.6~3.9GHz、Radeon Vega 11Graphics)、DDR4-2666 8GB(SO-DIMM)、NVMe SSD 500GB、Windows10 Home
を税+送料込で65k円で購入しました。

用途はリビングの55型4KテレビへNASに保存してるコンテンツをMDHI2.0接続で4k60p出力するため。

なるべく低予算で無理なく出力可能な小型PCを探していたんですが、初めLenovoのLegion(Cube型:それでも大きめ)くらいしかないかなとあきらめていたところ、パソコン工房からASRockの小型ベアボーンを使った完成品が出たので飛びつきました。

とてもPCに見えないサイズとコスパ良好でお気に入りです。
現在パソコン工房の同型(Ryzen5 3400G)は税別69kになってますね。税込みだと約76k。。

このASRock小型ベアを使った完成品は、結構人気が有りそうなので、少し盛ってるんですかね。

>子ども向けタブレットPC「mouse E10」
52,800円は税別だけれど送料込みという奇妙な値付け。前面のカメラには物理的なスライドを搭載して誤撮影を防止する、という機構は気が利いているとは思います。持ち歩くことを想定した場合、1.24kg(カバー含)という重さがややネックになりますね。

10型だからある程度は仕方ないにせよ、カバーを外したら1kgを切る重さになるため、カバーを外した状態がデフォルトの使い方になりそう。ただし、そうなると耐衝撃や防滴防塵の利点が無くなるのは痛い。

>カリ城制作老舗アニメスタジオのPCと同等
スポーツ用品でも「○○選手モデル」とか「○○選手が使用中」とかは人気ありますし、それにあやかろうとする方々をターゲットにしたのでしょうか。個人の癖が出やすい道具と違い、PCは同じスペックなら誰にでも同じパフォーマンスを発揮するため、○○が使っていたPCとかどうでも良いと思いますけれど。

ゲーミングPCはこのままでいいのか!? サードウェーブが18年振りにゲーミングPCを再定義 - GAME Watch
https://game.watch.impress.co.jp/docs/kikaku/1263305.html
ドスパラが信頼性とはなんの冗談ですかねw

ドスパラは飾り気の無し無骨一辺倒のPCケースが好きなのでゲーミングだけとは言え変わってしまうのは寂しい。
他のパーツはともかくミニタワーで12cmケースファン積んでいるのが他に見かけないので、その点は好きです。

なおここ数ヶ月で2台、ドスパラBTOで調達する機会がありましたが(いずれもSATA240GB)偽装SSDは盛られませんでした(CrucialとWD)。ネタにならなくて少し残念。

>GIGABYTEにしてもASUSにしても、そしてMSIも、ついでにAcerも、いずれの台湾メーカーも日本では流行らない、冴えない感じが続き続ける。
中華メーカーならファーウェイが、韓国メーカーならLGが日本でノートPCを扱っていますが、流行りそうですか?
ファーウェイはスマホで、LGならテレビやディスプレイでそれなりに知名度があると見えますが

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向き。

ツクモ

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

フロンティア

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。


※ドスパラはパーツの偽装疑いを誤魔化したり取引先を勝手に切る信頼性暴落した事件があり掲載中止(2020.11.26)

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。