ツクモが色々おかしいBTO PC新製品(2018年9月下)

2018年10月12日

最近発売のBTOパソコン9月下旬分。

今回はGeForce RTX 2080の無印とTiが出揃ったためか、7記事中4つがRTX 20シリーズを採用した新製品。BTOパソコンらしいグラボ搭載祭り、高性能PCまみれにていつもどおりな印象。

適当に見て参りましょう。

最近発売のBTOパソコン(2018年9月下旬)

画像は特徴的なモノと意味のある部分だけ。

パソコン工房

Ryzen Threadripper 2990WX搭載クリエイター向けPC - エルミタ
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0917/276527

スリッパ搭載言いたかっただけちゃわなさそうなワークステーションは税込約50万円からとなっており、グラボ違いで3種類。

なぜ高額化してしまうかは、CPUが32コア最大64スレッドという23万円もする高級品が載せられており、最安構成でも6万円のQuadro、最上位はメモリ128GBというマジキチ状態なので高くもなる。

パソコン工房がクリエイター向けPCにブランドを付けたことで、私的国内3大量産系BTOメーカーでの区分けがわかりやすくなった。

  • クリエイター向け
    パソコン工房:SENSE∞
    マウス:DAIV
    ドスパラ:raytrek
  • ゲーミングPC
    パソコン工房:LEVEL∞
    マウス:G-Tune
    ドスパラ:GALLERIA
G-TuneとGALLERIA以外は知名度まだまだな印象。

GeForce RTX 2080 Ti搭載のゲーミングPC - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1144043.html

どうバランスを取るかがBTOメーカーとしての見せ場。

  • CPUにCore i7-8700K
  • メモリ16GB
  • Intel Z370チップセット
  • 500GB M.2 SSD+2TB HD
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • GeForce RTX 2080 Ti(11GB)
  • OSにWindows 10 Home

価格は税込333,698円なので見た目308,980円。

特にケチの付け所がございません。個人的にはメモリは8GBで良いとは思うものの、2chではおっさんらが8GBでは少ないとうるさいため、もはや16GBくらいが当たり前になりつつあるのでしょう。

HDD容量がもっと欲しい場合、コスパ重視なら4TBあたりをセルフでおかわりすると良さそう。基本、2TBへデータを入れて4TBへバックアップし、Steamのゲームは4TBへ直接入れる。

消えても再ダウンロード可能なためで、2TB+2TBにパーティションを切り、Steam用のドライブレターを「S」に設定するとか。

最近のマザーボードは、コネクタがSATAでも接続先をPCIeと共用している場合があるため、マザーボードの型番で検索して仕様の確認を。

パソコン工房はASRockとMSIが多いと思うので市販品と同じ、またはOEMでも元となった市販マザーが検索できるはず。

6コアCore i7搭載の17.3型ノート - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1145321.html

何に使うのかよくわからない、CPUにCore i7-8750Hという何かとオーバースペックになりそうな高性能なやつを搭載。

価格別でメモリとストレージが違う。

  1. 102,578円・・・RAM 4GB、SSD 120GB(SATA)
  2. 111,218円・・・RAM 8GB、SSD 240GB(SATA)
  3. 118,778円・・・RAM 8GB、SSD 250GB(NVMe)+HDD 1TB

買うなら3番でしょう。

ここまで高い価格帯ならば1と3の差が1.6万円くらいなので2割も違わず、データ保管&バックアップ用HDDが最初から付いていた方が話が早い。

問題は、ほぼ密閉された状態のノートPCで発熱するNVMeはどうなのか、そして全機種共通してグラボ搭載していないので何に使うのかわからない。

ノートなのに6コア12スレッド、と自慢したい人用か。

マウスとツクモ

マウスやTSUKUMOからRTX 2080 Ti搭載PCが発売 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1145100.html

mcj-pw-2080ti

PC Watchがまとめて上げているので2社の仕様一覧。

マウスがやたらと高く見えるのは気のせいではなく、それぞれ税込にすると約38万と32万円くらいなので、パソコン工房の税込33万円とツクモがだいたい同じくらい。

マウスとツクモの構成で大きな違いはメモリが32GBと16GB以外に特に無く、マウスはなぜ34~35万辺りに落ち着かないのか謎。

となると3~4万円マウスが高いため、もしかしてCPUとグラボのダブル水冷でもやっているのかと疑いカスタマイズ見たものの空冷。

何か変わったことをしているのかリストを眺めたところ、メモリが16GBx2になっていたので、これが高額化した原因だろうか。にしても+3~4万円はいただけない。

マウスらしからぬ構成と値付け、珍しい。

ツクモ

GeForce RTX 2080搭載のワークステーション - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/biz/1144929.html

ツクモは無印の2080でワークステーションと来た。

価格は税別で約50万円であり、何が高いかはCPUで、約17万円のCore i9-7960X(16コア最大32スレッド、2.8-4.2GHz)を採用。

そこまでやるならパソコン工房のように32コアスリッパを搭載した方が良いと思われ、それにしてもなぜ50万円も行くのかわからない。グラボとCPUで約30万円、マザーが4万、残り16万少々は何なのか。

私の試算では10万円くらいの盛り。

初音ミク仕様ゲーミングキーボードとマウスを9月10日発売 | Game*Spark
https://www.gamespark.jp/article/2018/08/30/83425.html

miku_pc-21

source:http://shop.tsukumo.co.jp/features/mikupc

初音ミクなだけに39台限定、本当かよ感あるカスタムPC。

中身はカスタマイズできない状態での販売となっており、発注ページを見たところ、MOMA GARAGEが自作して発送するような感じであり、ツクモは販売ページを貸しているだけな気がする。

価格は税込278,640円でまさかのグラボ非搭載。

CPUは平凡にCore i5-8400、他に高そうなパーツが見当たらず単品で計算してみたところ、初音ミク無しのノーマルなInWin301ケースならば税込15万円で完成するので13万円がご祝儀。

何が高いかは、電源からケースファンまであらゆる箇所を水色に光らせるためだけに構成したと思われる仕様なので、性能とか機能などではなく、初音ミクPCとして13万カスタムご祝儀出す気があるか、信仰心を問われる製品。

2chで「ケースだけで売れ」とか書かれていたけれど、お前は13万のケースを買うのか?と思った。いや、完成品でも13万でケース買うレベルなのは間違いないのだけれども。

フロンティア

GeForce RTX 2080搭載のゲーミングPC - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1145323.html

さすがに2080 Tiの重量1.8kgにビビったか、無印の方で新発売。

  • CPUにCore i7-8700(3.2GHz)
  • メモリ16GB
  • Intel H370チップセット
  • 320GB SSD+2TB HDD
  • GeForce RTX 2080ビデオカード
  • OSにWindows 10 Home

税込23万円くらい。

良いとも悪いとも思わない、2080で妥協する人にはアリなのだろうか。私なら2080 Tiかコスパ重視で1080 Tiかの2択になると思うので、レイトレース対応ソフトがまだ普及していない2080と1080 Tiの違いが価格以外わからない。

 

何かと不安なBTOパソコンでのRTX 2080仕様

独断と偏見で勝手に評価。

  • 用途次第で大アリ・・・初音ミク
  • 納得の構成・・・パソコン工房とツクモの2080 Ti搭載
  • ワケガワカラナイヨ・・・ツクモのワークステーション

なぜ初音ミクがアリかは、別売りのミクキーボードとミクマウスも購入し、水色に光るグラボを探して後付したり、初音ミクerが自分の趣味に金かけるのはアリだろうと思うため。

ところで納得の構成とした両社の2080 Tiだけれども、MSI版基準で1.8kg超えのグラボは中でどう支えられているのだろうか。

もし支えなく重さでPCIeスロットがくぱぁしても設計ミス、欠陥だとして無償修理になるとは思うけれど、18万円級のグラボがケースの中でどう扱われているのか気になる。

それ以外にも機能面としてRTXのウリであるレイトレーシング、これに対応しているゲームはまだ5種類しかないらしい。

  • Battlefield V
  • Metro Exodus
  • CONTROL
  • Shadow of the Tomb Raider
  • Atomic Heart

source:レイトレーシング対応ゲームまとめ | HARDMODE

対応決定(予定)が21タイトル+今後増えて行くと書かれてはいるものの、いくら増えても自分がやっているゲームが非対応なら意味がなく、待ち続けると次世代RTXシリーズが来年か再来年あたりに出る予感。

今はまだGTX 1080 Ti、20の次の仮に30シリーズが出た時に対応ゲームではなく、自分のやっている、やりたいゲームがどうなのかを見た方が良いと思うのだけれども、最上位Ti毎回買える人なら問題ないですな。

リンク用ソース

コメント(4)

>Ti毎回買える人なら問題ない
ゲフォをゲーム用途で買ってる訳では無いし、イキオイでキヨミズというかIYHなヒトなので、その範疇に入るかもなのだけれど。
必ずSLIするので今回は重量が最大の問題なのよねぇ。

今回はパスかも。

と言いながらマザボ水平配置のE-ATX対応ケースを探してたりするんだが ww

>G-TuneとGALLERIA以外は知名度まだまだな印象
ガレリアは特にゲーミングPCで有名。各ゲームタイトルで推奨認定を受けていますし。キーボードしかりマウスしかりPC本体しかり、自分が必要とするスペックが分からないなら、ゲーム向けモデルを選ぶと性能不足に陥る可能性が低くなりますね。

>2chではおっさんらが8GBでは少ないとうるさい
少なければ後から足せば良いだけ。8GBで足りない用途の作業を行おうとしているなら、8GBで足りるかどうかくらい自分で判断しろと思いますがね。

>初音ミク仕様ゲーミングキーボードとマウス
百歩譲ってマウスは初音ミクの絵が描かれているから良し。問題はキーボード。これはどの辺が初音ミクなのか。単に青く光るだけのイルミネーションキーボードだろと。

>初音ミクなだけに39台限定、本当かよ感あるカスタムPC。
水色好きの私には欲しかったのですが、手に入りにくいのと今のPCで間に合っているので買いませんでしたw

>ミクキーボード
初音ミクデザインのキーボードがツクモに再入荷、クリアファイル付き : 汎用型自作PCまとめ
http://www.jisaka.com/archives/29043421.html
再入荷したようですよw

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。