BTOパソコンメーカーの2014年の変化や特徴まとめ

2014年12月31日

毎年やっている1年間のBTO PCメーカーまとめ。

昨年まではクレバリー倒産やフロンティアをやっていたコウジロが解散、TWOTOPとGoodwillがパソコン工房へ吸収など派手にやらかしていたけれど、2014年は特に目立った完全な沈黙は無し。

例年通り知名度ランキング上から。

但し、一部ブランドを除き全体的にあまりにもやる気が無いと思う為、私も(一部を除き)やる気無しの方向で。MCJグループとドスパラ以外は簡潔に参ります。

 

MCJグループ

パソコン工房

パソコン工房の通販トップページ

パソコン工房の過去1~2年を振り返り3文字で表すと「値上げ」。

昨年は延長保証の値上がりと同時に送料まで値上がり。続いて円安直撃なのかパソコン本体が全体的に値上がり。

とどめは今年4月の消費増税、では無くその後に税別表記にした際の便乗値上げ。分かり易く5%税込10万5千円のパソコンが有ったとすると、価格を変えず8%税別表記へと変更しており、円安値上げを含めるとアベノミクス前より2割くらい高くなっておりましょう。

便乗値上げ後、個人的にオフラインでのパソコン購入相談をされていないので真面目に見ていないけれど、以前はパソコン工房>マウス>ドスパラの優先順が、今ならマウス>PC工房>=ドスパラになると思う。

  • マウス・・・ひと通り揃っており量産系BTOの中では最安クラス
  • PC工房・・・マウスより標準構成の種類が多いので細かく選べる
  • ドスパラ・・・価格の確認用

量産系BTOはカスタマイズしない標準構成がコスパ最良なので、マウスに無いバランスのPCが工房に無いか一応見るけれど、マウスより価格高めな設定なのでマウスへ戻ってしまうはず。

同じMCJグループなのでどちらで売れても良いのかも知れないけれど、パソコン工房=割高の印象が強くなってしまうと、今後苦しくなるでしょう。

DELLのパソコン=安いという印象が今でも有るからこそ、とりあえずDELLで買ってしまう人が居る、その逆になりそうな予感。

それでもエプダイとかツクモよりは安いのだから救いは有るけれど、パソコン工房を検討する人はマウスやドスパラと比較しているはず。国内量産系BTOの主力メーカーなのだから、Nantenaに力入れている場合では無いかと。

消費税10%で再便乗しない事に期待。1年半延期になるらしいので2017年4月、それまでパソコン工房ブランドが生き残っているかは別の話。

マウスコンピューター

マウスの通販トップページ

安定のマウス、今年もプレスリリースが相変わらず上手かった。

マウスの利点は、

  1. 便乗値上げしていない
  2. Win7も8系と同様に販売
  3. ノートPCも全力で販売中
  4. ゲームPCコーナーが充実
  5. Quadro搭載PCも気合充分
  6. Intel、AMD、NVIDIA取扱い
  7. 法人向けMouseProも順調?

パソコン工房は2と3、ドスパラは4と6、DELLは3と7、のように、私から見たマウスコンピュータは何でも有りの無双状態。

以前は延長保証が他社より割高だったけれど、他社が値上げしまくった為に今ではマウスの一律7千円が光っておりましょう。

具体的には、ドスパラやユニットコムが3年保証を5%にしていたので境界線が14万円辺りに有ったけれど、10%ならば7万円以上ならマウスの方が割安。送料3千円も高いと感じていたけれど、ドスパラ&工房系が2千円へ値上げしたので割高感が薄れた。

ゲーマーならマウスとドスパラ、ノートならマウスと工房、3Dデザイナならマウス、という感じで、用途や性能を問わずマウスと他を比較するのが2014年のBTOパソコンの選び方だった気がする。

古くからパソコン初心者の安物買いはDELLやドスパラが相場だった為、「○○最悪」の○の中にはDELLやドスパラが入っていたけれど、今後はマウスの文字が入るかもしれませんな。トラックボールにしろと。意味不明失礼。

何かケチを付けたいけれど思い当たらず。円安増税で全体的に値上がりはしているけれど、他社ほどではございません。

フェイス

フェイスの通販トップページ

フェイスもやる気なしグループの方に入るけれど、MCJ傘下のユニットコム内ブランドなのでついでに紹介。

フェイスは2013年の2月頃、ゲーム用PCに特化し尖った商品を出すと宣言。実際に夏過ぎ頃までは本当に売れると思っているのか?的な豪快な高額高性能PCを連発しており、プレスリリースも頻繁に見かけたけれど、その後、音沙汰消滅。

現在も画像左下のようにグラボ別で選択出来たり、メニューにある通りゲームが最優先、次に超弩級パソコンと来ているので他ブランドとは違うものの、静か過ぎて存在感がございません。

ゲームや超高性能以外のPCをパソコン工房の汎用BTOで流用は良いとしても、ゲーム用はどうしたのか。

アホなスタッフが書いていた面白ブログ(http://faithstuff.blog85.fc2.com/)は閉鎖。Twitterは有るには有るけれど、クソ真面目にパーツの宣伝をしているのみ。

パソコンは他社も同じ性能や似たようなパーツで構成するのだから、ただ並べているだけではフェイスブランドを残している意味が薄くなってしまう。馬鹿なスタッフがブログやSNSで暴れてこそ、クレバリー無き後のフェイスが生きるのでは。

よって、TWOTOPのようにパソコン工房へ吸収されるか、連結なので問題無いとしてマウスのG-Tuneへ飛ばされそうな気がしております。

フェイスは5年以上前はサイコム並にカスタマイズの自由度が高く、サイコムより安価なBTOパソコンを販売していたけれど量産系へ。その後、クレバリーのような面白スタッフが居たけれど真面目腐った状態へ。

フェイスで無ければならない理由が無いのなら、フェイスを続ける意味は無いと思うけれど余計な世話ですな。

 

ドスパラ

ドスパラの通販トップページ

2013年と比較すると多少やる気がなくなっている感が有るドスパラ。

しかし、今年はものテクという良サイトを立ち上げており、3日坊主せずに日々更新されております。

私が当サイトで紹介していないだけで、レビューやコラムはパソコン変態には凄く楽しめそうな記事が満載。こんな所を読んでいる暇が有るなら、ものテクおすすめ。

パソコンの方は、時々ゲームPCや新パーツ搭載のプレスリリースを目にするものの、やはり以前ほどの元気は無いと感じており、妙な構成や表記ミスが微増しているので「人手不足?リストラでも有ったのか?」と勘繰れるところ。

ご多分に漏れず円安増税の影響か全体的に値上がりしており、以前はドスパラのコスパ優先最安低性能と言えばマグネイトシリーズが5万強の税込が相場だったけれど、現在は約6万円の税別なので6.5万円くらい。

5万円を切る機種のCeleronにするくらいならノート、またはAMDにしろと思うので、Core i3搭載が最低ラインとするなら、マグネイトの値上がりは残念。

BTOパソコンとは違うけれど、ツクモと同じでパーツが安いですな。価格コムで最安を競っていたり。私も先日マザーをドスパラで購入。

偶然これに気付いた為。

ドスパラの会員販売

税別なので約1.9万円なら税込2万5百円くらい。価格コムの最安相場は当時2.3万円前後なので2千円くらいは安く買えたという。価格コムにドスパラが有ったなら、一応ドスパラのページで確認をおすすめ。

今年はタブレットも気合を入れていたし、上海問屋も相変わらず新製品が多く、ものテクやパーツ販売も気合充分。

パソコン以外で頑張るつもりなのかも知れないと思った。

 

その他

外資系とヤマダ電機系の2つで。

DELL、日本HP

2014年の両社は、特に個人向けのPCを真面目にやっていない印象。

DELLは元から法人8割と言っていたので企業向けが主力。HPは知らないけれど、個人向けPCは罠パソコンが多かったり、変な構成のノートや一体型も有り、特にデスクトップは見る価値が無くなってしまった。

Windows 8のせいで個人向けのパソコンが売れなくなり、かと言ってスマホやタブレットはレノボやサムスンなど中華圏が強く、サーバやソリューションサービスへの注力は仕方無いのかも知れない。

ツクモ、フロンティア

ツクモはパーツ屋と化しており、以前にも増してBTOパソコンはやる気が無くなっております。PCは種類が少なく価格も特に安くは無く、昔ながらのツクモファン、またはツクモたんハァハァな変態専用な感じ。

フロンティアは経営がインバースネットになり、PC本体価格がコウジロの頃より安くはなったものの、シリーズ全機種在庫無しとか、2万円のグラボが載ったケース違いで4万円高いとか相変わらず訳の解らない提案で販売中。

ヤマダ電機傘下になった頃から、どちらのメーカーも昔の老舗感は無くなっているので、いっそのこと合体してツロンティモとかにして、PC生産をフロンティア、パーツ販売とかPC構成はツクモに任せた方が分かり易くて良いと思った。

以上。

サイコムは宣伝しまくる量産系メーカーでは無いので省略、と言いたいけれど、少し見て来た印象は、10年以上前から変わらないマイペース感。

私が自作せずBTOパソコンを買うなら、やはりサイコムに頼むと思う。もちろん、メモリとHDDとSSDとDVDとOSとかは抜きで。<こういう買い方をすると割高になるのでご注意有れ。

 

BTOメーカー2014年の変化や特徴(まとめ)

今年は解散や倒産や吸収などの大きな動きは無かったけれど、逆にそれが不気味と感じており、大手メーカーのPC事業撤退や縮小のように、水面下で準備や進行しているのでは?と勘ぐっております。

何故かは無慈悲なマイクロソフトによるWindows 8系でのカオスと共に、Windows 7の販売縮小など暴走をやめる気配が無く、10にも期待出来そうな気がしない為。メーカーも同じように考えているとするなら、パソコン以外で何とかしようと考えているのではと憶測。

  • PC平均単価は年々下がる
  • 安い割にはオーバースペック
  • パソコンは元から利益が薄い
  • 円安と増税によるダブルパンチ
  • スマホやタブレットで済む人が増加
  • WindowsがクソOSになって行く(予定)

パソコンで商売を続けても良い要素が見当たらないわけですな。

昔は安さならDELL、修理の早さならエプダイ、パーツはツクモかフェイス、老舗が安心ならドスパラ、のような特徴が有ったけれど今はどこも似たようなもの。

私は自作するのでBTOパソコンは買わないけれど、人から相談された際にどこから探すか、今なら最初にマウス、次にパソコン工房、一応ドスパラも見る程度。

DELLやツクモなどは時間の無駄なので最初から無視して良いとさえ思っており、個人的にはマウスさえ残れば量産系BTOパソコンの購入で困る事は無いだろうし、競合して貰う為にドスパラ、これら2社が残れば良いと思っております。

今年大事件が無かった為、来年こそはまたどこかのメーカーが消滅するかも知れませんな。

DELLが個人市場から撤退とか、PC工房がフェイスを吸収しゲーミングPCブランド化など有り得ない話では無いと思う。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(5)

>昨年まではクレバリー倒産や
いっときBTOパソコン.jpとも連携したりしてたのに残念やなw

>円安値上げを含めるとアベノミクス前より2割くらい
いい線ですねw これはもうPCカテゴリーに関わらず見られたことだけれども便乗値上げの相場としては実際2割から3割ってとこじゃないですかね
5%→8%だから3%増のはずが30%上がってんですが(震え声)的な何かw
デフレ脱却ばんざーい(白目)

>パソコン工房=割高の印象が強くなってしまう
コレわりとっていうか、マウスよか割高なのは元からじゃね?
2005年あたりからの印象だけれども ドスパラ > マウス > PC工房
やったのが昨今は マウス > PC工房 > ドスパラ になった感じ

>BTOの主力メーカーなのだから、Nantenaに力入れている場合では無い
マウス(の株価)があるからむしろそれでエエんや(意味深)

>便乗値上げしていない
便乗じゃないだけで値上げはしてるからなw
機種のモデルチェンジサイクルがわりと早いのはそのためというか、入れ替えのタイミングで価格改定しやすくて都合いいあたりも上手いと思うの

>ノートPCも全力で販売中
確かデュアルストレージタイプ標準で扱い始めたのもここが最初や

>他社が値上げしまくった為に今ではマウスの一律7千円が光っており
>送料3千円も高いと感じていたけれど、ドスパラ&工房系が2千円へ
相対評価的に考えて明らかに大きいですなコレは

>古くからパソコン初心者の安物買いはDELLやドスパラが相場
確かにそうねw
まずはドスパラの価格見てみっか的な印象はあったもの
そんでDELLはサイト構造が欧米チックっていうかカオスだから回避w

>「○○最悪」の○の中にはDELLやドスパラが入っていたけれど、
>今後はマウスの文字が入るかも
今後はどころかマウス叩きは以前から普通にあると思うんですがソレは
具体的に挙げると、あそこは電源カツカツだから地雷~的な話とか
もっとも実際わりとカツカツなんだけどもw

>円安増税で全体的に値上がりはしているけれど、他社ほどでは
民主与党暗黒日本時代の2011年頃にわりと上位機種のノート買ってて、同じようなグレードと比べられるから判るけれどもそんなことないでw
具体的な数字でいくと同じような構成で2万円弱は上がってますな
当時標準79800円だったのが今は97800円とかそんな感じ

>次に超弩級パソコンと来ているので
ドレッドノート級に該当するPCってのはいったいどれなんですかねw
ちな超弩級の意味ってコレな
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%BC%A9%E7%B4%9A%E6%88%A6%E8%89%A6

>面白ブログ(http://faithstuff.blog85.fc2.com/)は閉鎖
>Twitterは有るには有るけれど、クソ真面目にパーツの宣伝
おイタが過ぎて中の人が叱られたんじゃね(適当)

>馬鹿なスタッフがブログやSNSで暴れてこそ、
>クレバリー無き後のフェイスが生きるのでは
だからってそのままクレバリーと同じ運命辿られても困るのではw

>フェイスは5年以上前はサイコム並にカスタマイズの自由度が高く
あれーそうでしたっけ? 結局PC工房とツートップとフェイスって当時からどれも似たりよったりで、サイコム系だとテイクワンとかワンズとかあとレインくらいしかなかったような気がすんですが

>2013年と比較すると多少やる気がなくなっている感が有るドスパラ
2011年頃まで遡って比べるとさらにやる気なくなってるの判るでw

>当サイトで紹介していないだけで
全力で紹介してんじゃねぇかw
http://bto-pc.jp/btopc-com/repair/mono-tech-com-review.html

>レビューやコラムはパソコン変態には凄く楽しめそうな記事が満載
>こんな所を読んでいる暇が有るなら、ものテクおすすめ
アカン 記事で紹介された時ですら行ってない(小声)
つまり私はいたって普通のPCユーザーであって、変態属性など微塵もないことがここであらためて証明されたということだな(確信)

>プレスリリースを目にするものの、やはり以前ほどの元気は無い
実際あんまり経営状況よくないんじゃないの
http://shinjukunews.com/archives/51780466.html

>「人手不足?リストラでも有ったのか?」と勘繰れるところ
スレタイわろた
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/pc/1402664976/777

>以前はドスパラのコスパ優先最安低性能と言えばマグネイトシリーズが
>5万強の税込が相場だったけれど、現在は約6万円の税別なので6.5万円
あー そら勝てないわ 以前の価格ですら勝てないw
http://www.mouse-jp.co.jp/express/#desktop

>5万円を切る機種のCeleronにするくらいならノート、またはAMDにしろ
なおCeleronのノートならさらに格安の模様
http://www.mouse-jp.co.jp/express/#note

>Core i3搭載が最低ラインとするなら、マグネイトの値上がりは残念
いや実際昔はマグネイトも4万弱じゃなかった?
って4万弱の時代に記事やってるじゃねぇかw
http://bto-pc.jp/btopc-com/select/dospara-prime-magnate-gcd.html
何が以前は5万やw 4万すら切っとるがな
さらに昔は4万弱がわりと普通だった模様
http://akakagemaru777.blogspot.jp/2009/07/core-2-duo-e7400-39800.html

>ツクモと同じでパーツが安いですな。価格コムで最安を競っていたり
でも確か送料タダになるのは1万円からじゃね(ツクモは5K)

>価格コムの最安相場は当時2.3万円前後なので2千円くらいは安く
おおスゲエ 1万円超えるモノならもはや一択ですな

>上海問屋も相変わらず新製品が多く、ものテクやパーツ販売も気合
>パソコン以外で頑張るつもりなのかも知れない
なんかアカンほうのコースじゃないですかねソレは(震え声)

>2014年の両社は、特に個人向けのPCを真面目にやっていない印象
ココ最近どころか以前からだろw
むしろ個人相手にする気あったの2009か2010年頃までじゃないの

>DELLは元から法人8割と言っていたので企業向けが主力
実際、ここ2、3年で導入されたラックマウントのブレードサーバから、タワー型のワークステーション、果ては数十台単位で換装された卓上のスリム端末に至るまで、ほとんどDELLですわw

>昔ながらのツクモファン、またはツクモたんハァハァな変態専用
そういえばアキバのキャラコンて今もやってんのかなあ
とか思ったら普通にやってたw
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/20141209_679380.html
つくもたん強すぎワロタ もう殿堂入りでいいだろw
2009年結果
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091226/etc_09moere.html
2010年結果
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20101225/etc_10moere.html
2011年結果
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20111231/sp_11moere.html
2012年結果
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/20121228_580581.html
2013年結果
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/20131227_629327.html
2014年結果
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/20141226_681993.html
事実上2位を競うコンテストになってんですがソレは(白目)

>シリーズ全機種在庫無しとか
すっげー売れてんだろ(自演じゃないとは言ってない)

>2万円のグラボが載ったケース違いで4万円高いとか
ケースが高いんだろ(ボッタクリじゃないとは言ってない)

>いっそのこと合体してツロンティモとかにして
なるほど「つくもたん」から「ツロンティモたん」になればユーザが名前覚えてない的に考えて票数激減するだろうからついに女王の座陥落だろうな(正論)

>水面下で準備や進行しているのでは?と勘ぐっており
そんじゃエスパーするわ まずはドスパラからやな(適当)

>無慈悲なマイクロソフトによるWindows 8系でのカオスと共に、
>Windows 7の販売縮小など暴走をやめる気配が無く、
>10にも期待出来そうな気がしない
これは無慈悲なサイバー攻撃で上映もとい暴走をやめさせるしかないな
北の将軍様はよ さあはよ あくしろよ

>パソコンで商売を続けても良い要素が見当たらないわけですな
てことはつまりパソコンのブログもヤバわけですなw

>修理の早さならエプダイ
情弱養分乙のマジキチ価格ならの間違いじゃね(小声)

>パーツはツクモかフェイス
ツクモは解るけれどもフェイスってパーツの鉄板なイメージ無いな

>マウスさえ残れば量産系BTOパソコンの購入で困る事は無い
それはますます株価が捗るなw

>競合して貰う為にドスパラ、これら2社が残れば良い
そらユニットコムじゃ資本同じだから残っても意味ないもんなw

>今年大事件が無かった為、来年こそはまたどこかのメーカーが消滅
よーしエスパーするわw ドスパラやな(謎の押し)

>DELLが個人市場から撤退とか
事実上もう撤退してるようなもんやで(白目)

>PC工房がフェイスを吸収しゲーミングPCブランド化など
>有り得ない話では無いと思う
あり得ないも何も単にツートップの時と同じっていうか、ユニットコムグループ内の整理再編なだけだと思うんですがソレは(小声)
http://bto-pc.jp/btopc-com/select/the-end-of-twotop-ec.html

>但し、メモリ無しとか減設カスタマイズは出来ず
あーそれでスルーしてたから印象にないのかもしれない(適当)
その昔はしょっちゅうエアBTOで遊んでた時期はあったのでw、よさ気なところは覚えてないはず無いなとか思ってたんですが、そら要らんモノ外せない仕様とか最初の選択肢から外れますわ

>とどめは今年4月の消費増税
安倍のせいだー(棒)

>円安値上げを含めるとアベノミクス前より2割くらい高くなっておりましょう
安倍のせいだー(棒、2回目)

>同じMCJグループなのでどちらで売れても良い
マウス→パソコン
パソコン工房(またはユニットコム系)→パーツ
に特化できていいんじゃないw

>それまでパソコン工房ブランドが生き残っている
Windows 10がまともならばいいですねw

>今後はマウスの文字が入るかもしれませんな
>トラックボールにしろと。意味不明失礼。
JavaやPHPやEclipseが入るかもw C#やVisual Studioにしろと。やっぱり意味不明w

>円安増税で全体的に値上がりはしている
安倍のせいだー(棒、3回目)

>アホなスタッフが書いていた面白ブログ
fc2のドメイン使っている時点でどうなのかとw せめてレンサバ借りて独自ドメインでやれと思うw

>私が当サイトで紹介していない
前に紹介していたはずじゃ?w

>「人手不足?リストラでも有ったのか?」
アベノミクスで従業員が転職し、その後も人が来ないせいでしょうw(適当) やっぱり安倍のせいだー(棒、4回目)

>ご多分に漏れず円安増税の影響か全体的に値上がり
安倍のせいだー(棒、5回目)

>5万円を切る機種のCeleronにするくらいならノート
ノートは同価格帯のデスクトップに比べると性能が低いはずじゃw

>パソコン以外で頑張るつもりなのかも知れない
パーツに専念したほうがいいと思うw

>Windows 8のせいで個人向けのパソコンが売れなくなり
大手メディアで1年のまとめ的な記事が上がっていますが、誰もWindows 8のせいだとは指摘していないw 「コンシューマーPCが消えつつあるー」「スマホやタブレットのせいで嗜好品や趣味としてのPCが衰退しているー」ばかりw

本田雅一のクロスオーバーデジタル:2014年のPC/スマートデバイス動向を冷静に振り返る - ITmedia PC USER
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1412/31/news009.html

【特集】後藤・山田・笠原の3氏と振り返る2014年のニュース ~4K、新VAIO、Windows無償化、Oculus Riftなど - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20141231_682301.html

>スマホやタブレットはレノボやサムスンなど中華圏が強く
サムスンでさえもチャイナやインドでは地場メーカーに押されつつ有りますがw

>サーバやソリューションサービスへの注力
IBMもその傾向がありますねw

>ツクモはパーツ屋と化しており
もともとパーツ屋だし、それでいいんじゃないの?w

>フロンティアは経営がインバースネットになり
>シリーズ全機種在庫無しとか、2万円のグラボが載ったケース違いで4万円高いとか相変わらず訳の解らない提案で販売中
フロンティア自体をやめてしまえばいいのにw

…と思ったら
>いっそのこと合体してツロンティモとかにして
吹いたw

>私が自作せずBTOパソコンを買うなら、やはりサイコムに頼むと思う
プログラミング用PCをエアBTOしてみましたが、他のBTOメーカーの割安感がなくなった印象がありましたw 本当に買うとしたら結局小回りがきくサイコムに頼むと思いますw

>今年は解散や倒産や吸収などの大きな動きは無かった
>逆にそれが不気味
潰すのは簡単ですが、続けるのは難しいんですよw

>大手メーカーのPC事業撤退や縮小
ソニーのVAIO売却、パソコン事業撤退が大きいかったですなw

>PC平均単価は年々下がる
デフレのせいだなw やっぱり増税しかしない安倍のせい(棒、7回目)

>円安と増税によるダブルパンチ
安倍のせいだー(棒、8回目)

>スマホやタブレットで済む人が増加
あれ?w 前の記事ではスマホやタブレットに移行している人は少数って言っていませんでしたっけ?w

>WindowsがクソOSになって行く(予定)
よくわからないけどここまで全部安倍のせいでしょう(棒、9回目)

>パソコンで商売を続けても良い要素が見当たらない
やっぱり安倍が悪い(棒、10回目)

>今はどこも似たようなもの
メーカー製パソコンもAppleの真似ばかりで面白くなくなったしw

>個人的にはマウスさえ残れば量産系BTOパソコンの購入で困る事は無い
>競合して貰う為にドスパラ
あとは自作代行系のサイコムが残ればいいと思うw

>マウスコンピューター
Windowsタブレットも頑張っているのですよね。特に8型の「WN801V2-BK」はコストパフォーマンスが高め。スペックは以下。

OS:Windows 8.1 with Bing
CPU:Atom Z3735F(4コア。1.33~1.83GHz)
RAM:2GB、eMMC:32GB
液晶:8型 1,280×800 グレア(恐らくTNパネル)
バッテリ:5.8時間(JEITA 2.0)
その他:Microsoft Office Home and Business 2013、SDXCメモリカード対応、mini HDMI出力、802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0 + LE

これで約2.8万円(消費税&送料込み)。私は不要ですけれど、Office搭載のWindowsタブレットとしてはかなり安い。

>ドスパラ
私はパーツしか購入した事がありませんけれど、Palitのビデオカードを採用できるのはドスパラだけなのですから、そこら辺でコストパフォーマンスの高い構成ができないものか、と思うのですがね。

>偶然これに気付いた為
ツクモの「ズバリ価格」も一応はチェックした方が良さ気。こちらの価格は価格比較サイトには掲載されない事も多いため。

TSUKUMO:ヘルプ > よくあるご質問
http://www.tsukumo.co.jp/service/faq.html#02
ズバリ価格→ポイントの還元はございませんが、お得な価格で購入できます。

>DELL
2014年は私的にも公的にも、ディスプレイで盛り上がったイメージしか無し。DELLを取っ掛かりに、個人向け4Kディスプレイが本格始動した感触。PCは知りません。

>日本HP
大丈夫でしょう。こんなこともやる余裕もありますし。まあ日本HPは無関係とも言えますが。PCは知りません。

Engadget Japanese:HP がスマホ市場に再参入、Android ファブレット VoiceTab 2モデルをインドで販売
http://japanese.engadget.com/2014/01/16/hp-android-2/

>フロンティア
私的にこのページは、各項目が簡潔な文章で短く纏められているため、良さ気なコンテンツだと思っています。PCは知りません。

教えて!FRONTIER
http://www.frontier-direct.jp/sp/tutor/index.html

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。