BTOパソコン通販のWindows8と7の選択が分かり難い件

2012年11月 6日

Windows8発売から10日くらい経過。

有名メーカーは秋冬モデル全部Windows8仕様として華麗に自爆しておりますが、BTOパソコンメーカーは引き続きWindows7の新製品も続々と発売。8仕様も売っているけれど、一部メーカーで分かり難くなっているので紹介。

一部メーカーとは、ドスパラ、マウス、パソコン工房など量産系。

ドスパラ、マウス、工房などが7と8を切り離して販売

どういう事か、各社のWeb通販より見て参りましょう。ここから先、機種は無作為に選んでおります。

ドスパラ

デスクトップパソコン、Monarch LGDの機種選択画面より。

dospara-windows8-7-bto-pc.jpg

この画面ならWindows8か7モデルが選択出来るので問題無いと思うけれど、BTOパソコン=カスタマイズ=OSも変更出来る、という感覚で下のようにスクロールせずカスタマイズ・見積りボタンを押してしまった場合。

dospara-windows8-monarch-lgd.jpg

なぜかWindows8のみとなっており、7の選択がございません。

dospara-windows8-customize.jpg

私はてっきり8と7の選択が出来ると思いスクロールしなかった為、まさか7の販売は終わるのかと思ったけれど、最初の画像のようにモデル一覧の7仕様から入ると普通にWindows7で売っておりました。7の場合は8の選択無し。

仕様はOS以外全く同じ。なぜカスタマイズに入れないのか判らないけれど、マウスも同様に分かれております。

マウスコンピューター

mousecomputer-windows8-7-bto-pc.jpg

上がWindows7で下が8。価格差はキャンペーンと称した値下げ、仕様も期間限定でメモリ容量が違い、それ以外は同じ構成。

Windows7仕様PCのカスタマイズ画面がこちら。

mousecomputer-windows7-customize.jpg

8の選択無し。Windows8仕様の方も同じように7は無し。

ドスパラとマウスは変な売り方をすると思いきやパソコン工房も分離。

パソコン工房

pc-koubou-windows8-7-bto-pc.jpg

上の画像を一見すると価格と仕様は同じように見えるけれど、Windows7仕様の機種はCore i5になっており値下げという見せ方。Windows8の方はCore i3。

この機種に限らずパソコン工房のデスクトップ全体を見るとWindows8を当て馬のようにして7を販促しており上手いと思ったけれど、やはり分かり難い。

pc-koubou-windows8-customize.jpg

Windows8の機種に7へのカスタマイズはございません。逆も同様。

これら3メーカーに限らずDELLなどの量産系BTOメーカーも8と7が分離しており、カスタマイズで7から8、8から7への選択は無し。

これはマイクロソフトが 混在させてはならない(キリッ と指示(契約条件)でも追加したのかと思ったけれど、OEMでは無くDSP版なので関係無し。

 

自作代行系は普通に7と8をカスタマイズで選択可

市販とメーカーがプリインストールするDSP版は名前が同じでも契約内容が違うのか?など妄想しつつツクモへ行くと普通にカスタマイズ可能。

ツクモ

tsukumo-windows8-7-bto-pc.jpg

ドスパラやマウスのように分かれてはいるものの8と7を選択可能。

tsukumo-windows8-custmize.gif

標準構成とされているラジオボタンのデフォルト(最初からチェックが入っている)項目が違うのみで、カスタマイズすると7モデルも8モデルも同じ構成に。

サイコム

サイコムは標準でOSがオプションなので当然ながら全部掲載。

sycom-windows-7-8-customize.jpg

量産系よりサイコム(自作代行系)の方が分り易いとは矛盾しておりましょう。

 

Windows7仕様パソコンの販売は今後も続く(まとめ)

量産系BTOメーカーの場合、サイコムのようにしてしまうと機種名や型番の規則性が無くなり都合が悪いのかも知れないけれど、買う側の分り易さを考慮してくれるなら8と7の選択有りの方がよろしいかと。

量産系BTOメーカーの良さはパーツなどの選択肢を絞り、無駄に迷わせない所が利点と思っているけれど、必要な選択肢が無い状態はいかがなものか。

Windows8のモデルからカスタマイズへ入ると7は無いのか、7モデルから入ると8は無いのか、と思われても仕方無し。

私が阿呆なだけという可能性も有るけれど、初めにドスパラを何となく開いた際、7を捨てるつもりなのかと思ってしまった。

おそらく機種名や型番の都合で切り離しているのだと思うけれど、邪推し別の見方をすると、Windows8祭りやマイクロソフトが自ら失敗したと気付き、ほとぼりが冷めた頃にWindows7を前面へ出して販促する準備。それは無いか。

いずれにしても、BTOパソコン(BTOメーカーの通販)ならWindows7で新製品は普通に出続けており、来年の春モデルが出るまで家電店などの店頭販売PCは8まみれになるので、7を求めている人が居るなら教えて差し上げましょう。

有名メーカーより安い割に性能は高めなものの、デスクトップばかりで見た目がダサくても良ければ。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。