スリムパソコンの故障が多い理由

2008年12月 6日

スリムPC、BTOパソコンで増設を考えるなら「う~ん」なシャーシですが
見た目がスッキリ省スペース、しかも安いので普通の人にはうけてます。

なぜ安いのか?
まずは製造から販売メーカーへ入荷するまで。

・ 単純に原材料が少ないので量が少ない
・ 輸送も省スペースなので1コンテナあたりの数量が多い

次に技術的なところで

・ 電源容量が小さいので最小構成になる
・ 同じく電源の都合でCPUやビデオカードの性能が高くできない

最後に販売の観点より

・ 一度にたくさん入荷する(MOQが多め)ので大量に売らなければ在庫が腐る
・ 一般ウケする上に安い構成なのでいっぱい売れる

というところでしょうか。

私のDELLソニー論で行くと「たくさん売れるので故障したという声が多い」という
ことになるのですが、最近のスリムは構造に問題があります。


その前にお断りしておきますが、ドスパラのスリムが悪いと言っているのではありません。
ドスパラしか内部の写真が無かったのです。これは他メーカーさん見習うべき。

スリムタワーパソコンの構造
ドスパラのスリムPCフロント

ドスパラのスリムPC内部

先に下の画像、電源の設置場所にご注目下さい。
(左下のシールが貼ってあるケーブルが出ている箱です)

電源装置は通常、この画像で行くと「下から吸気して、左(背面)へ排気」します。
熱が発生するので冷却しているのですが、マザーボードのようにコンデンサなどあります。

上の画像では電源は右奥にあり、ケースに足が付いています。
この足がポイントで、無ければほぼ吸気できない=冷却できない、ということです。

見た目が悪いからと足を外していると、電源の寿命が縮まるだけでなく、
最悪(コンデンサなどが)爆発します
マジです。

また、足を外さなくても、設置している「下」に吸気があるということは、積もったほこりを
吸いやすくなります。なぜこれがまかり通っているのか理解できません。

先ほど某電気店へ行って見たのですが、どこのメーカーもこんな構造になっていました。
実際に爆発した、電源が入らなくなった、という不具合が多いので書いています。
※他の故障箇所と比較しても電源装置の故障率が高い

これに代わって、というわけではないですが、マイクロソフトがVistaに移行しようとして
大失敗し続けている低価格PCのご紹介。マウスコンピュータより。

ネットトップの電源
マウスコンピュータのネットトップ・フロント
マウスコンピュータのネットトップ・背面

なぜかサムネイルになりませんでしたがそれは良いとして。
インテルのロゴが表示されていませんが、CPUはAtomなので省電力です。

電源装置(内部構造)はおそらくベアボーンだと思われるのでありませんが
下の画像の最下部をご覧下さい。

AC電源を使用します。ノートパソコンのアダプタと同じです。
これは熱を発するもののファンは必要ありません。あったらイヤです。(ノートのAC)

ネットトップは改善されたわけではなく、元から省電力がウリでこのように
なっているのですが、スリムとは違うということです。

スリムPCで電源装置が下にあるなら、カーペットの上に置いたり吸気(底面)を
ふさぐのは危険です。繰り返しますが爆発する可能性があります

ノートは操作が不便、ミドルやマイクロタワーは大きすぎる、デザイン、置き場所
色々理由はあると思いますが、スリムを買う前にちょっと考えてみましょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(6)

セカンド用にスリムタワーを探しているのですが
エプダイのEndeavor AT980Eの側面図を見ると電源が上部に付いていました。

同じエプダイでも他のスリムタワーは下部に付いていたり
どういう基準なのか、よく分かりませんが
吸気の関係上、上部に付いている方が無難でしょうか。

HDDと電源が直ぐ側にあるので、CPU程ではないにしろ
排熱を吸ってしまうのがやや問題でしょうか。

側面図で中身の配置が事前に分かるだけでも
個人的にはいい店だと思っています。
中の配置が分からないPCでもケースのコネクタを見れば
大方、電源が上下どちらに付いているか、分かるのですが
電源が下部に設置されていて、コネクタはケースの上側に
付属しているなんてことは、まさか無い筈。

単にスペース的にそうなったんではないですか。
横置きすれば上も下もないし。

確かに上下を気にしなくて済みそうなんですが
どのスリムタワーでも横置きで問題無いのかは、自信ありません…
排気口と置くスペースだけ確保できれば、いいんですかねぇ。

基本、縦と横置きどちらも考えて設計されているかと。
メーカーロゴが上下逆にならない立て方、側板の吸排気口を上(CPUが逆さ吊りにならない)にすればよろしいかと。横置き間違えるとDVDが逆さになりトレイに入らない(笑)

私が気になる事は、電源が下でファンが下向きの場合は地べたに置いた際、事務所など土足の環境では盛大に砂埃を吸ってしまうのでは無かろうかと。気にしなくて良いでしょうな。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。