【Corei7-965搭載】BTOパソコン比較2

2008年11月29日

【Core i7 965 搭載】BTOメーカー価格比較」の続きです。

【Core i7 965 搭載】BTOメーカー価格比較

搭載機限定で販売価格比較、昨日と同じ画像です。
並びに意味はありません。

Sycom [ G-Master BLADE/965 ]
一番安く構成されてるだろうな、と思ったらやっぱりでした。

サイコムの売り方は基本的に自作の延長とか組立キットと言った方が近く、光学ドライブが普通に構成されていなかったりして、うっかりするとOSがインストールできなくなるような人はいないと思いますが、かなりの最小構成です。

ビデオカードを他社と合わせるために上げましたが、他社のGF9800+に合わせ1万引き
¥257,370


faith [ PASSANT i965SLI280/DVR ]
型番にSLI280と書いてあるのに9800GTX+へ落としています。

フェイス違う方向へ気合いが入っていまして、メモリが標準で6GBとか電源計算できなくて付けたんじゃないかと思えるような標準1200Wで外せなかったり。しかしそれなら安全にマザーはIntelにしとけよと思うのですがASUSTekの珍品。

1200WがKEIANあたりと想定し700Wの差額2万円とすると
¥267,370


TwoTop [ VIP i7965X58SO/HD487 ]
中々良いとこ出してきますね。安いです。

適当かつ勝手に原価を計算すると、Corei7-965が11万、マザーDX58SOが3万、HD4850(書き忘れましたがRAM512MB)が2枚で4万、ケースと電源1.5万、光学ドライブHDD合わせて1.2万、メモリ3枚で7千円、その他キーボードなどを3千円とすると22.7万円。

約3.6万円の利益になりましたが、発売と同時に値下がり始まるので在庫すると赤字になるでしょう。安いことには違い無いです。一応、間違っていないか見に行ったのですがありませんでした。Corei7の965の選択が全く無くなっていました。価格間違えてた?

サイコム並の低価格と最小構成、グラボの性能を9800+に合わせて1万引き
¥252,799


パソコン工房 [ Amphis BTO MT908iCi7EX TYPE-SRX ]
これは完全に最高峰狙ってますね。

グラボがちとアレですが、基本をおさえつつもBlu-Ray+SSD80GBが標準で外せなくなっています。表には書いていませんが、Blu-Rayは普通に4倍速なものの、SSDはインテルが夏に出して結構売れたものです。聞いたこと無いメーカーならまだ安いモノはありますが、採用しなかったということは品質や相性が出たか、あるいはパソコン工房の高級機のコンセプトとしてこのSSDだったのでしょう。

他と合わせてSSDを抜いてBlu-RayをDVD-Smultiにするとこんなとこ
¥255,000


クレバリー [ Middle Tower Core i7 Extreme GM8K BK ゲーマー ]
ひねりの無い型番ですね。ゲームに最適だからゲーマーだそうです。

カスタマイズして他社に合わせたので、ほぼTwoTopにOSが付いた感じの仕様になっています。クレバリー、OSはDSPなのに「なし」がありません。理由は判りませんが、OS持ってる人にはありがたくないカスタマイズですね。一番安いWindows Homeは現在最安13,000円でした。

外せないけどOSの価格を抜いてこれなので結構高め
¥287,800

ドスパラ [ Prime Galleria ZX-E ]
さすがドスパラ。秋葉でカウントダウンするだけはあります。(景品しょぼかったけど)

マザーボードがどこなのか詳細が無く判りませんでしたが、X58ならIntelかASUSでしょう。他の構成はサイコムとほぼ同じです。比較すると390円安いですが、サイコムはドスパラに合わせてグラボ上げましたので、実際の最小構成となるとドスパラの方が性能や部品を落としきれない分、最低価格はサイコムに勝てません。

「ハズレ無しのパソコンなら」と言うだけはある安定したBTOメーカー
¥256,980




というわけで、無理矢理構成を近付けて比較してみました。
Core i7の965エクストリームを構成すると実際どの程度なのかが見えましたね。

今、965を選ぶくらいの使い方ならばビデオカードはもっと上が良いでしょうし、
必要と思えばBlu-Rayもアリでしょう。でもBlu-Rayは増設でもいいかも。

自作や増設で怖いのは相性ですが、今回のように規格が大規模に変わる時に
ソッコーで欲しいと思うならBTOはあまり意味が無い気がします。

パソコンはCPUに合わせてマザーが作られ、CPUとマザーの処理能力などに
合わせてグラボやメモリが考えられるので、選択肢の少ない今なら自作は
ありでしょう。おすすめ。

でも、ソケットの変わった10万円もするCPUを3万円のマザーに取り付けるのは
結構勇気がいりますよね。実物見ましたが、CPUは775より少し大きめで
リテールファンはかなり大きかったです。(Core2ExtremeのBOXより大きい)


普通に考えて半年は待ちですが、デカイ買い物なので長期保証も合わせて
考えた方が良いでしょう。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。