BTOパソコンの弱点とは

2008年11月 9日

おもしろいショップを見つけました。

BTOパソコンの3大ウイークポイントを解消した高品質BTOパソコン、ゲームPC|USER SIDE(supermicro公認)
user side logo


マニアックな皆さんなら惑わされることは無いと思いますが、初心者には
良く見えるので、USER SIDEさんには申し訳無いですが解説します。

「BTOパソコンの泣きどころ」など、キャッチはとても良いのですが
co.jpドメインを持つ法人として、他社をおとしめるのはみっともないです。

(USER SIDE) BTOパソコンのウィークポイント


・ BTOパソコンに多用される廉価電源の劣化は早い。
 BTOパソコンの最大のウイークポイント。
 良いパソコン電源に換装しましょう。

 いいとこ突いてきますね。確かにその通りです。
 電源は経年劣化する消耗品。しかも、実効率が低い電源装置もよくあります。
 (実効率が低いとは、例えばピーク550Wでも400以下だったりすること)

 しかし、それはBTOパソコンだからという理由ではなく、全てのパソコン部品に
 言えることです。ここにこだわるなら、国産の4万円以上する電源がおすすめ。

  ニプロンの国産電源が個人的におすすめです。
 劣化が遅いことに着目するなら、価格帯で行くと7万円~でしょうか。
 そんなもんBTO買う一般消費者が選ぶのかと。


・ BTOパソコンで使用されるMB の品質も高くはない。
 工業製品としては信じられない不良率のはず。
 低コストのパーツを採用するのがBTOパソコンの低品質の原因。

 これもその通り。ですが、リテールも同じものです。
 大量生産したものをリテールとしてパッケージして付属品、マニュアルを付けて
 1年や10ヶ月保証を付けるか、または段ボールに1箱に最低限の緩衝材で
 数十枚挿して組立工場へ送るかの違いです。

 「はず」という曖昧な表現は商売のうたい文句として不信感があります。
 「はず」と書くくらいなら、コピーとして使わない方が良いでしょう。
 ウソですから。

 ※DELLはマザーを自社製造しているのでこれには当てはまりません
  なので「DELLは」と頭に付けるなら文句ありません。
  が、憶測で書くべきではないですし、デル様に潰されるでしょう。


・ BTOパソコンに使用されるバルクメモリの不良率も問題。
 高い負荷がかかった時に不調になる場合もある。
 パソコンのカスタマイズでの換装をおすすめ。

 もはや何を言っているのか私には解りませんが、これもマザーボードと同じです。
 永久保証(儲け余分にもらってるからタダで交換する代)やパッケージ、説明書が
 付属するか、または静電気防止袋(名前忘れました)でグロス単位の製造メーカー
 保証無しの状態かの違いです。


 さて、BTOパソコン(メーカー)の弱点として書かれた3つの弱点でしたが
 このショップは詳しい人が見ればすぐに分かるウィークポイントがあります。
 そろえて3つ挙げて差し上げましょう。


1.保証が1年またはパーツの保証

 BTOパソコンメーカーには肩を並べられない小さいショップの弱点。
 私が修理人として最も気になる長期保証(延長保証)がありません。

 製品保証(USER SIDE)
  http://www.users-side.co.jp/shop_guide_6.php

 なぜかは簡単。
 バルクで利益を出せるほど売れないので、リテールを使っているのです(多分)
 (パッケージ全部捨ててバルクと言うかも知れませんが) 

 要するに組立代行屋さんなわけで、自作できるならパーツ買えば良いレベル。
 ここは私のお気に入り、サイコムと同じです。

 でも相性問題はどうするんだ?と言われるなら、


2.NVIDIAとATIが混在???

 これが意味解りません。
 本当に検査しているのか以前に「相性出るっしょ」というレベル。
 選択幅が広がるのは結構ですが、AMD+NVIDIAは何がしたいのか。

 どんな丹念な検査をしているのかすごく気になります。

 グラボ(ビデオカード)の相性はすごく難しくて、例えばWindowsXPで動作が
 挙動不審になったとしても、何が原因か分からないことが多い。
 ビデオカードやチップセット、CPUを組み合わせて考えてみると、相性かも
 という検証を各BTOメーカーは検査でハネています。危ないものは売らない。

 USER SIDEさん、ハネるどころか選べますが技術者居ないのでしょうか。
 私は技術者とは言えない程度ですが、このくらいは知っています。


3.IntelとのNDAはどうなってるの?

 3つめはこじつけっぽくて確証は無いのですが、今日は11/9なのに
 インテルのCore i7をトップページに載せています。

 私の勘違いで、NDAがOEMメーカーだけのものならすみません。
 11月のXデーまではCorei7搭載の宣伝は禁止のはずです。


と、いうわけで、Webサイトの内容を見ただけでオススメできないショップに
認定しました。もちろんこれは「私が勝手に」なので、USER SIDEファンの人、
これを読んでも良いと思ったなら、ここで買うことをおすすめします。


今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。