FRNV104とFRNV504仕様「フロンティアのCULVスペック」

2009年9月26日

FRONTIER(フロンティア)のFRNV104FRNV504の仕様です。
オンライン上に掲載されていないらしいのでリンクしておきます。

価格はヤマダ電機の値札に書いてあった表示。
ここから値引きとポイントが付くようです。


FRNV104(ヤマダ電機店頭表示価格:59,800円)
FRNV104(フロンティアのCULVノート)

OS Windows Vista Home Premium SP1
CPU Celeron 723(1.20GHz/L2:1MB/FSB:800MHz)
チップセット インテル GS40+ICH+9M
メモリ 2GBx1枚(DDR2-800MHz SO-DIMM)
メモリ最大 2GB
メモリ空きスロット 0/1
グラフィック インテル GS40(オンボード)
液晶サイズ 11.6型ワイド光沢液晶(16:9)
解像度 1366x768
ハードディスク 120GB/S-ATA
光学ドライブ 無し
イーサネット 10/100Base-TX
無線LAN IEEE802.11b/g/n(ドラフト)
キーボード 87日本語
電源 40W ACアダプタ(DC19V、2.1A)
バッテリー駆動 約2.75時間 ※JEITA1.0規定
バッテリー充電 動作時2.2時間/停止時2時間
重量 約1.2kg(バッテリー搭載時)
外寸 幅295、奥行き200、厚さ25.7~26.2mm

スペック詳細:FRNV104(PDF 約2.3MB)
※右クリックからファイルを保存した方が良いです


FRNV504(ヤマダ電機店頭表示価格:69,800円)
FRNV504(フロンティアのCULVノート)

OS Windows Vista Home Premium SP1
CPU Celeron 723(1.20GHz/L2:1MB/FSB:800MHz)
チップセット モバイルインテル GS40 Express
メモリ 2GBx1枚(DDR2-800MHz SO-DIMM)
メモリ最大 4GB
メモリ空きスロット 1/2
グラフィック モバイル インテルGMA 4500MHD(オンボード)
液晶サイズ 13.3型ワイド光沢液晶(16:9)
解像度 1366x768
ハードディスク 320GB/S-ATA
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
イーサネット 10/100/1000Base-T
無線LAN IEEE802.11b/g/n(ドラフト)
キーボード 88日本語
電源 65W ACアダプタ(DC19V、3.42A)
バッテリー駆動 約4時間 ※JEITA1.0規定
バッテリー充電 約2.5時間
重量 約1.8kg(バッテリー搭載時)
外寸 幅333、奥行き225、厚さ12~31.5mm

スペック詳細:FRNV504(PDF 約2.2MB)
※右クリックからファイルを保存した方が良いです


上の一覧は、私が主要構成を書き出したものです。
詳しくはPDFを保存。Firefoxから直で開くとブラウザがクラッシュしました。


フロンティアのサイトへ行って調べたものの、この2機種は現在掲載されていません。隠しているのかと疑ったのですが、どうやらヤマダ電機専用のノートらしく生産量が少ないため宣伝が少なめとのこと。2chでは無い匿名掲示板よりネタを仕入れて来ました。

CULVって何だ?という方は、以前書いた「CULVとは? » 省電力MPU搭載の低価格ノートPC」をどうぞ。タイトルそのままです。


フロンティアのCULV「FRNV104」と「FRNV504」を勝手に評価


FRNVシリーズとやらですが、スペックの一覧で文字を緑色にした箇所が104と504の違いです。主要構成のみ書き出しているため、他にも違う箇所は有りますが主には以上。

OS、CPUは同じものですが、チップセット(グラフィック)が若干504が上でしょうか。画面サイズも504の方が大きく見易いかと思います。HDDは大容量かつ値が下がり止まるわけも無く、私が修理をしていた頃では想像もできない320GBが載っています。

見た目価格では1万円の差しか無いので、上位と思われる504だろうとなりますが、デザインの見た目では104の方が良いと思うのは私だけでしょうか。薄さは504が勝っていますが、店頭で現物を見ると104のエッジ(フチの事)が良い感じに湾曲しており、BTOメーカーとしては行けているかと感じました。

キーボードがAdamoに似ていますが、そこまでデザインは良く有りません。キーストロークが浅く打ち難いと思いましたが慣れでしょう。87や88キーボードとは、テンキーの無い普通のノート用という意味です。


さて、いつも通りの買ってもいない上の評価ですが、ストレートに今これは無しでしょう。30日以内にWindows7の発売が待っており、無償アップグレード無しのVista、しかもHome Premiumは自爆行為です。価格やスペックの問題では無くタイミングが悪過ぎる。

なぜ今これを出したのか意味が解りませんが、フロンティアの直販を見ると9月末まで決算セールをしており、これに便乗かと思いきやオンラインでは販売しておらず意図が分からない。ヤマダ電機が9月決算なので合わせているにしては在庫が残るに決まっており益々理解できません。

フロンティアに限りませんが、CULVの特長は超低電圧という消費電力です。いずれも40W、65Wという私のデスクトップの10~15%程度の電気しか食わず、さすがインテル様でございましょう。

このノートで更に意味不明な所は、超低電圧にも関わらずのバッテリー駆動時間。JEITA測定で2~4時間ならば実際には1~2時間が良いところでしょう。これは薄さというデザインを重視したための矛盾で、省電力ならバッテリーも長時間になるものをバッテリーの空間まで奪ってしまい短時間になっているのです。どんなセルが使われているのか気になりますね。


唯一の救いとしては、ヤマダ電機(のみ)で販売しているため、現金値引きやポイント還元が激しく日に日に安くなって行き、最終的に展示機処分になると最初に購入した人が暴れそうになるほどの激安になることです。しかし、しつこいですが今Windows7アップグレード無しは有り得ない。

値引き5千円、ポイント10%と仮定すると、FRNV104が5万円前後、FRNV504は6万円切れるという辺りでしょうか。ポイントが5千円も有ればヤマダ電機の店員がここぞとばかりにポイントを使い切るよう押し売り お勧め商品を紹介してくれますが良く考えて使って下さい。

BTOメーカーと思えないデザインと思うので、ヤマダ電機に行くことが有れば寄って見て下さい。あまり煽ってもアレですが、104は良いかも知れません。2万円なら衝動買いしていたかもというレベルですが、どう考えてもWindows7(もういい

余ってWindows7が載って出る可能性が有るかも知れませんね。

出ないかも知れませんが、どちらにしても私はもちろん要りません。

<2010/09/24 追記>
有益なトラックバックを戴いておりますが、本日でTB機能を切るため本文よりリンク申し上げます。有り難う御座います。

思いつきログ: 破損したネットブックの代わりに買ってみたCULV
http://pub.ne.jp/TokyoBlueline/?entry_id=2598459

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

>バッテリーの空間まで奪ってしまい短時間になっているのです。どんなセルが使われているのか気になりますね。

FRNV105を買いました。基本的な仕様は104と同じです。
バッテリですが、板状のリチウムポリマーが使われています。薄くて驚きます。(ノートPCでリポは初めて見ました)
HDD回しっぱなしで2時間5分持ちました。カタログデータからするとかなり優秀ではないでしょうか?

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。