ドット抜け(落ち、欠け)の液晶保証はツクモにて健在

2009年9月24日

言い方は三種類有りますが、液晶モニタのドット抜けや落ち、欠け、いずれも同じ意味です。

その前に、左の説明でツクモの液晶のドット抜け保証が無くなったと大嘘を書いていたため訂正してお詫びします。大変失礼致しました。ヤマダ電機に買収される前と同じ条件の保証がそのまま有ります。


各所で絶賛かどうかは知りませんが、有名なツクモのドット抜け保証。これはどういうものなのか、知っている人も少々お付き合い下さい。更にその前に、他社のドット抜け保証も有るには有るので一応書いておきます。FaithとTwoTopです。


フェイスのドット落ち保証

保証区分:ドット抜け保証(対象商品:液晶モニタ *20インチ未満の製品のみ受付) 保証料金:商品単価の5%


ツートップの液晶ドット欠け保証

保証区分:ドット抜け保証 対象商品:液晶モニタ(20インチ未満) 保証料金:商品単価の5%


商品単価の5%取るのか、と見所はそこではありません。対象商品が20インチ未満の液晶モニタのみとなっており、今更20インチ未満など需要は無かろうということです。おそらくですが、ここに保証の内容が書いてあると各社気付いていないのでは無いかと。

いずれも同じような内容、書き方になっている理由は、株式会社ユニットコム(パソコン工房)の子会社のためでしょう。本体のパソコン工房も有るかと探しましたが、地域店舗では有るらしいものの、通販には案内が有りませんでした。

というわけで、私が知る限りでは液晶モニタのドット抜け保証はBTOパソコンメーカーではツクモのみ、ということにしておきます。他にもあればタレコミお願いします。


TSUKUMOの液晶ドット抜け保証、など相性保証

ツクモ パーツ交換保証 - BTOパソコン(エアロ)TSUKUMO ネットショップ
http://www.tsukumo.co.jp/hosyo/koukan/index.html

液晶のドット抜け保証というのみでは無く、相性保証の一部としてドット抜けを保証しているようです。条件はツクモのexカードに入会するというものですが、入会金や年会費など無料の実質単なるプラスチックです。

通販は、以前CPUクーラーを購入した際に私も入りましたが、カードさえ無い会員ログイン、もちろん無料。宣伝では有りませんが、特価品で会員価格と書いてあるものはこれに当たります。買う時に入会すれば良いため、今入らなくても良いです。


ツクモのexカードと言えば、ヤマダ電機に吸われた後から、ヤマダ電機のポイントと互換性が有る新カードになったようです。持っている人は詳しく読んだ方が良いかも知れません。

秋葉原マップ:「ツクモeX.ポイントカード」でヤマダ電機とポイントが相互利用可能に
http://akibamap.info/archives/51188493.html


<追記> コメントにてアロハさんよりタレコミを頂きました。いつの間にか「キャンペーンは終了」していたようですが、キャッシュを見る限りではそのような事は一言も書かれていません。どこで告知されていたのか御存知の方はお知らせ頂けたらと。

http://www.tsukumo.co.jp/ex/ - 2009年7月18日 23:00 - ウェブ魚拓
http://s03.megalodon.jp/2009-0718-2300-47/www.tsukumo.co.jp/ex/


話を戻し、exカードを作る、または会員になれば相性保証を受けることが可能となりますが、液晶のドット抜け保証を目的とした場合、一体いくらかかるのかを例を挙げて計算します。ツクモは20インチ未満などという細かい設定は有りません。


例:X224W 《送料無料》 会員価格:15,837円

TSUKUMOの22インチ液晶(送料無料)

保証無しで買うと送料無料なので15,837円ですが、1050円加算すると保証を受けることができます。この例では送料が無料なので千円かかったと思えば良いわけです。

但し条件が有り、ツクモカードを作る以外に

・ 1ヶ月以内に申し出る事
・ 1回の相性保証につき交換は3回まで
・ 箱や付属品を破損してはならない
・ 差額を支払えば上位機種を選べる(下位の差額返金は無し)

ドット抜けを初期不良として扱ってくれるメーカーは滅多に無く、ASUSやBENQがキャンペーンなどで一時的に販促する程度です。

通販の案内では前もって点検するなら有料のサポートを使えと書いてありますが、ツクモの店頭で購入する場合、融通の利く店員なら、その場で開封して実際の映りを見せてくれるそうです。噂なので真偽は不明ですが、ツクモのそういう所が根強いファンを持っているのでしょう。

私は実店舗へ行ったことは有りませんが、堅苦しい保証内容を読んでいても、最後にある第9条のような、何か解らないこういう雰囲気が好きです。普通は裁判所はどこだなど書くものでしょう。

第9条(準拠) 本保証の契約規定に定めのない事態が生じた場合は、当社が信義に反せず誠実に取扱を決定させていただきます


方針がヤマダ電機に浸食されて行くなら、今後はどうなるかはまだまだ分かりませんが、ツクモには何やら客に対する心意気や誠意のようなものが感じられます。BTOが未だに充実しないことは残念ですが、ヤマダ電機の天下りのような専務様にはツクモファンとして御尽力頂きたいものです。


しかし、これを書きながら私は液晶のドット抜けに当たった事が有りません。

修理で言えばモニタセットで購入した場合、液晶はメーカー保証となりますが、一応点検として工程に含まれます。液晶モニタの故障であった場合は、液晶本体の交換となります。PCメーカーの修理工場で分解して液晶パネルを交換などはしません。やると保証が効かなくなり、修理不能になることさえあります。

担当した修理品とセットになっていたメーカーは、BENQ、HYUNDAI、三菱、iiyama、I/O-DATA、など各種取り揃えてあったものの、とりあえず工場では見たことはありませんでした。

ドットが1個抜けようと3個だろうと普通は保証しないものです。PCメーカーがそれを受けても、液晶メーカーが受けてくれず有償修理や交換になるためです。

一番良いのはツクモの保証より、店頭で現物を見て買うことですが、やはり通販ならば安い、そして数kgを持って帰らなくて良いという利点が有ります。ツクモのような保証が無ければ、通販はクーリングオフが適用されないため、多少ゴネてもサポートが優秀ならばドット抜け程度では交換になりません。

液晶モニタの価格は下がる一方ではありますが、安い買い物とも言えないため、ドットの欠けているものに当たらないよう祈るしか無いですね。メーカーの直販やキャンペーンを狙っても良いですが高いです。

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(2)

一時期2chで話題になっていましたが、「キャンペーンが終了した」そうでポイント交換ができなくなってますよ(苦笑。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090718/price.html#99each

どこにもそんなこと書いてなかったのに…、っていうのがヤマダクオリティって感じ。

さすがヤマダ電機様ですね。
誰か知りませんが、魚拓が有ったので記事内へ突っ込んでおきます。
タレコミ有り難う御座いました。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。