新 Core i7 が激安すぎて話にならない

2009年9月 9日

新Core-i7というより、Socket1156が昨日発売されました。

苦し紛れでBTOメーカー各社、祭りを演出しようとしているのかと思っていたのですが、価格コムやASCIIを見て驚きました。P55は安いとは聞いていましたが、ここまで下がってはX58形無しです。

ASCII.jp:インテル「P55」搭載Core i5/i7対応の新型マザー大量デビュー
http://ascii.jp/elem/000/000/457/457320/

X58の最安が現時点で約2万円。平均3万円前後という所ですが、発売から10ヶ月経っての価格。仕組が違うため単純にCPUのクロックで比較はできませんが、P55は新発売でこれです。

インテル「DP55KG」

¥19,980 パソコンハウス東映
¥21,500 ドスパラ秋葉原本店
¥21,770 フェイス本店
¥21,780 アーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.
¥21,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
¥22,970 クレバリー1号店
¥24,980 ZOA秋葉原本店



インテルマザーでハイエンドがこの価格。
最安のマイクロATXではここまで値崩れ。

インテル「DP55WB」

¥10,480 パソコンハウス東映
¥10,980 アーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、ドスパラ秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOP
¥12,470 フェイス本店、ソフマップリユース総合館
¥12,980 ZOA秋葉原本店



お前らG31かと。
インテルにしては安過ぎです。ここがスタート、どこまで落ちるのか。

全て引用するときりが無いため、次はASUS。
やはりハイエンドのDELUXが3万円を切っています。

ASUSTek「P7P55D Deluxe」

¥28,970 クレバリー1号店
¥28,980 アーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、ドスパラ秋葉原本店、TWOTOP秋葉原本店、ソフマップリユース総合館、フェイス本店、T-ZONE.PC DIY SHOP、ZOA秋葉原本店



Core i7-920搭載機と比較するとこうなる、という例を貼ろうと思ったのですが、なぜかいずれもグラボがGTX285になっていたり、メモリが8GBなど標準でお祭り構成となっており、どう比較すれば良いのか難しくなり諦めました。

Corei5の750やI7の870はどうでも良い。
ここは920と価格がかぶっている860が比較対象。

価格を見る限りでは、920より若干安めと見えます。しかし発売直後でこれならば、来月のWindows7まで各社激戦は必至。今買うべきではありません。やめろと止めてばかりですが、まだ買えません。もちろん私は買いませんが。


昨日の内容ではSocket1366(Core-i7の920~975)と、Socket1156(Core-i5の750、i7の860~870)をCPUのクロックだけで比較した感があったので、どう違うのかを笠原先生に聞いてみましょう。

笠原一輝のユビキタス情報局
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1126/ubiq204.htm#

Core i7の1366と1156の違い
※出典:笠原一輝のユビキタス情報局

画像の左が1366、中央が1156です。右は無視してください。

大きな違いは、メモリコントローラが3と2になっており、1366ではトリプルチャンネル(メモリ3枚差し)に対して1156は今まで通りのデュアル(メモリ2枚)になっています。中途半端な3枚の理由、なぜ4枚にしなかったのかは、はるか昔に書いた記事にて。

Q13 物理4コア、HTで理論8コア Intel Core i7 をどう思う?
A13 AMDの来年6コアに対抗してるだけだと思う。自社のC2Qを潰してでもやる子供のケンカ?

パソコンに関するややマニアックな質問バトン | BTOパソコン.com
https://btopc.jp/etc/bto-pc-56.html


6コアだけでは無く、メモリ3枚はAMDが先にやっていたHyperTransportに対抗したのです。おそらくですが間違い無いでしょう。Core2Quadを潰しただけで無く、旧Corei7も自爆しているわけです。

メモリはもう良いとして、その下にある矢印に「QPI」と書いてありますが、ここが1366の特徴で、今までは見慣れたFSBという文字が消え、バススピード「4.8GT/s QPI」という表記に変わりました。

簡単に言うと、FSBではデータの伝送が双方向なのでCPUとチップセットの往復を切り替えており、切り替えるということは切り替える時間が必要。それがQPIになると、一方向が2本になり切り替えが無いため高速になるというものです。どのくらいかは知りませんが2倍以上にはなるはずです。

しかし、メモリ3枚だからと言ってもキャッシュが今までのようにL2(2次キャッシュ)だけでは足りずに上限が出ます。これを解消するために、やはり見慣れぬL3(3次)が8MBとなっており、本気で高速になっている、ということです。理論では。

そんなわけで、昨日のフライングした記事では920より860の方が高性能ととられそうな内容でしたが、インテル様の純正スペック表では、QPIとDMIによる速度の違いが書かれています。

インテル潤・Core潤・i7 プロセッサー - 仕様
http://www.intel.co.jp/jp/products/processor/corei7/specifications.htm

インテルのCore-i7スペック


待てば待つほど良いに決まっていますが、将来性を考えるとSocket1156になるのでしょうか。いや、X58が終わりとは決まっていないため、Core i7-980以降など出て欲しいところですが、過去の記事を漁っているとロードマップが有りました。どう見ても1366が消えているのです。

インテル、腐ってやがる・・・早すぎたんだ | BTOパソコン.com
https://btopc.jp/select/bto-pc-349.html


Windows7、Socket1156、新Core i7やi5、新しい物好きや自作マニアにはたまらないかも知れませんが、やはり私は興味が有りません。しかし、いつ今のPen4機が逝くとも解りませんので覚悟はしています。私ならば、故障した時に一番安いSocket1156にするでしょう。

SAMURAIクーラーを生かしてCore2
は有りませんが、安ければCore2Quadも考えます。

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。