激安、ASUSのeeeTopが値崩れの謎というかそりゃそうか

2009年8月 1日

何気なく見ていた価格比較サイト。
eeeTop(イーイーイートップまたはイートップ)が激しく値下がり。

eeeTopの価格

ASUS/ASUSTeK Eee Top 1602 価格比較 [coneco.net]
http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1090221001

eeeTopのグラフ

この1ヶ月で約12000円安の最安42000円となっています。約23%オフ。
54000円で買ったら暴れそうですがパソコンとはそんなもの。

もちろん要りませんが、これはネットトップというもので、マイクロソフト様の御規制によるWindows XP(Home)のOEMがインストールされたULCPC(ウルトラローコストPC)です。

一体型ですが、タッチパネル仕様となっています。

なぜ価格が落ちたのかは、Windows7のタッチパネルが標準になった時を見越してでしょうか。グラフの落ち始めにヤマダ電機が在庫処分をしていたようで、今は第二段階に入ったように見えます。

このネットトップというものがくせ者で、要はマイクロソフト様規定の通りにネットブック(ミニノートのことです)と同じスペックが限度となっています。この仕様以内でなければ安いOEMのWindows XPは載せてはいけないというお約束。契約に縛りがあると聞いたことがあります。


ASUS | Eee Top
http://event.asus.com/jp/2009/eeetop/index.htm

アホのように使いづらいFLASH操作を駆使してスペックまでたどり着きました。頼むからテキストで作られた普通のページも用意しろと。ロードに数分かかった上、どこが仕様の詳細かしばらく判りませんでした。

ASUSのeeeTop公式サイト

故意に縮小したので、詳細が見たければ公式サイトのリンクへ行って私と同じ苦しみを味わって下さい。

冗談です。

CPUはAtomの270、HDDは160GB、チップセットはインテル945GSE、メモリ1GB、XPのHomeが標準装備となっています。今在庫処分真っ最中のフロンティアやエプソンダイレクト、ソーテックのミニノートと全くと言って良い程の同じスペック。

ミニノートは3.0~3.5万円でしたが、このネットトップは4.2万円。
ミニノートとの違いは画面の大きさに規制が無いこと。

このeee Top 1602は15.6型ワイド液晶でWXGA(1366x768)と大きめです。A4とは言えませんが、普通のノートPCと同じ大きさ。大きければ良いというものでもありませんが、タッチしたいならばこの程度は欲しいところ。大き過ぎても面倒ですが。

タッチパネルで7千円~12千円の差があるのか、とは言えず、やはりノートとは比較できません。そして最も比較してはいけないことは、メモリの空きスロットx1でしょう。

標準1GBなので、XPのHomeならば問題無し。プラス1GBできるということは、Windows7も快適に使えるかどうかまでは言えませんが、行けると思われます。

ではなぜ在庫処分に入っているのかは、Windows7が出る頃からタッチパネルが標準のハイスペックや、このeeeTopに近い価格の一体型が出ることを恐れてのこと。Windows7が動きそうだからと言ってもAtomのしかも270は非力です。

XP+タッチパネルに使い道が有るならば良いかも知れません。

どうしてもタッチしたいならば、DELLのVistaをアップグレード待ちにするか、Windows7まで待った方が良さそうです。製造が大量になるほど価格は落ちます。

そう考えると、来年はタッチパネル元年かとも一瞬思いましたが、それが必須になる何か(アプリケーションなど)が任天堂Wiiのように爆発的に流行らなければ、やはり無理があると思います。

AtomでWindows7が本当に動くのかは、動画も載ってるEngadgetでどうぞ。
VAIO Type P に入れています。Atom Z540(1.86Ghz)
AeroはDirectX9.0以上が必須です。

動画:VAIO type PにWindows 7をインストール、起動
http://japanese.engadget.com/2009/01/11/vaio-type-p-windows-7/

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。