インテル、終わってる

2009年7月26日

インテルCPUの来年までというお題で勝手に妄想していたのですが、良く判らなくなったのでエクセルに書いてみました。この程度ならばテキストで良かったと後悔しています。

インテルCPU妄想ロードマップ

OSは今回関係無いのですが、書いてしまったのでそのまま。
その横に、LGA1366~775までを並べ、各CPUを入れました。
矢印が付いているものは予定や予想です。

インテルやPCメーカーなどは、Core i7への切り替えに始まり来年のCore2終息(生産終了)までを頭に入れてロードマップしているのだと思います。

これを見ると、Core-i7が昨年リリース(発売)され、最近プロセッサーナンバーが965->975、940->950へと替わり、低い方は今年の秋に終息します。価格が同じなので上位発売と同時に終わっているようなものです。

良い表があったのでプロセッサーナンバー一覧はこちらをどうぞ。

【PC Watch】 Intelプロセッサー・ナンバー一覧表
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/spec/intel_cpu_spec.html

CPUの移行についてはASCIIが解り易い。
要点の有る2ページ目にリンクしています。

ASCII.jp:Core 2を置き換えるCore i5とCore i3にまつわる謎 |ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情
http://ascii.jp/elem/000/000/420/420961/index-2.html


秋にはCore-i5、来年はCore-i3が予定されています。
i7との違いはスペックや処理方法なのですが、これ以上書くと初心者の方に解らず、私も解らなくなるので検索などして頂くとして、友人のやっている会社で事務のお姉さんが言った一言に「あ」と思いました。

Core i5とi3って価格はいくらにするつもり?

直後に閃いたフレーズがタイトルです。
(インテル、終わってる)

元のCore i7はAMDと子供のケンカ状態です。Core(コア)がいくつだとか、HT(ハイパースレッディング)がどうだとか、しかしそのようなことは私らどころかメーカーにも無関係。

ここでCore i7のリリース時期は失敗しています。

i5とi3はいくらなのか?
右にも有りますがCore i7の920が現在の最安値で27000円前後です。

Intel Core i7 920 価格コム最安

まだまだLGA775が主流なので急激な値下がりは無いと思いますが、来年の終息までに別のSocket(1156、1155)も出て来ます。Core i5の発売から約1年半は3~4種類のソケットが混在することになるのです。これはひどい。

これを書いている時、台数で売れているものは一般的かつ安いCeleron(LGA775)、ハイスペック変態もCore2 Quad~Extreme(LGA775)またはCore i7-975(1366)です。ここにLGA1156を入れる意味が解らない。インテルは何をどうしたいのでしょうか。

i5が発売されて売るつもりだとしても、選ぶ人は何を目的にそれを求めるのか。普通に考えて要らないでしょう。なぜ要らないのかは、事務員さんの一言です。

Core i7(920)が相場27000円、BTOでHPやマウスコンピュータ、ドスパラなどは余裕で10万円を切って来ています。Core i5の登場(発売)で消費者は気付きます。これ何?と。

ここでパソコンメーカーやマニアックな人間は、CPUそのものの性能や処理の違いを言うのでしょうけれど、普通に考えてi「7」よりi「5」は下です。これを上にすると更に混乱。※下です

「i7」が10万円以下なのだから、i5が出ようとi3だろうと10万円以下。i7の800番台もさっぱり意味が解りません。i7というくらいなので、700~900がi7になるのでしょうか。920で結構、となるわけです。


既にやっちまっているので今更何をしても無駄。Core i7という920のラインで、インテルCPUの価値を落としてしまった、時期尚早としか思えないのです。

Winodows7が影響するかは解りませんが、これから夏にかけてゲームPCが売れまくります。まだCore2シリーズでの購入が多いとは思いますが、920へ移行して行くとLGA1366マザーの量産が本格化し、価格は更に下がります。LGA775の終息には良いのですが、i5とi3の意味が無くなるのです。

中途半端に来年までかぶりっぱなし、これはどういう戦略なのか。

秋葉原の著名人が突っ込んでおらず、天下のインテル様ストラテジーなので私が思いっ切り勘違いしている可能性が考えられますが、普通の人が考えるとそうならないでしょうか。

安く高性能は良いのですが腑に落ちません。
反論あれば是非コメント頂きたく思います。

今のところ、Core i7、920のBTOを追って値下がり待ちでしょう。
BTOメーカーは920とWindows7で祭りを起こすと良いかと思います。


<関連記事>

答えが出たようです。

インテル、腐ってやがる・・・早すぎたんだ | BTOパソコン.com
https://btopc.jp/select/bto-pc-349.html

リンク用ソース

コメント(3)

今までのLGA1366の9XX系とLGA1156の8XX系どちらが速いのか私もさっぱり分かりません。Corei5が、7の発売に合わせてくるということは、7発売前後に現行モデルにも大きな動きがあるのは間違いなさそうですね。
新しいCorei7が発売前後に、920は製造中止になるのでないかと考える人もいるみたいですが、どうなることやら。

> 新しいCorei7が発売前後に、920は製造中止になるのでないかと考える人もいるみたいですが、どうなることやら。

そっちか!と思い、調べるとありました。ネタ発掘ありがとうございます。
今日書き流しますが、これはひどい。インテル、腐ってやがる・・・・ 早すぎたんだ(何がだ)

PC Watchを巡回していたらこんな記事を見つけました。

消え行くLGA1366パッケージのCore i7
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20090727_304653.html


この記事を見ると、インテルが新しいCorei7でLGA1366は売れなくなると予想して、必然的に消滅すると書かれています。ただ記事によると新しいLGA1156の方が低電力ではあるみたいですが(ロードマップより)、LGA1366の方がパフォーマンスが優れているらしいですね。本当に疑問です。

>今日書き流しますが、これはひどい。
記事にするということは根拠とかが見つかったのですね(゚Д゚;)。楽しみにしてます。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

期間限定の特集など


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

広告

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。