終わらない激安合戦、ミニノート市場の勝者は誰だ?

2009年7月11日

言ってしまえば、Acer(エイサー)とASUSです。

スタートダッシュはASUSでしたが、Acerのデザインと価格がうけたのでしょうか。昨年末の商戦で大ブレイクしたと思ったら、今年になってAcerが一気にトップへ躍り出ました。今年はデスクトップを国内販売、秋にはAndroid搭載予定、やり放題ですね。もっとやれ。


他社は冴えない上に売れ残りがあからさま過ぎます。
言いかえると、Atom270程度で良いなら今が買い時かも知れず。


SOTEC 「DC101WP・DC101BP」


まずはSOTECから。
失礼ですが、2ヶ月前のゴールデンウィークを明けた頃から最終処分だったはず。

一体、何台在庫を余らせているのでしょうか。
価格は以前から変わっていません。

SOTECのミニノート

DELL同様、イーモバイル抱き合わせで100円(実質6万くらいになる上、2年使い続ける縛り有り)ですが、その余裕も見られません。

OS:Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 3
CPU:インテル Atom プロセッサー N270(1.60GHz)
メモリ:1GB (1GB×1) PC2-5300
HDD:160GB (Serial ATA 1.5Gb/s,5,400rpm)
マザー:インテル グラフィックス・メディア・アクセラレーター 950
LCD:10.1型 ワイドTFTカラー液晶(最大1,024×600ドット)

春頃まで流行っていたスペックですね。
しかしネットブック(ミニノート)に性能を求めてはいけません

他社との価格競争に負けているのか、やはり在庫満載なのか。
追加の6セルバッテリー8800円は良心的です。


エプソンダイレクト 「Na01 mini」


サポート万全、修理(部品)保証もやや変わっており良心的なので、個人的には頑張って欲しいエプソンダイレクト。宣伝を始めた頃は「お!」と思いましたが、未だに同型を持っているようです。あの宣伝を見た時期は確か冬。

エプソンダイレクト(epson-direct)

OS:Windows XP Home Edition SP3
CPU:インテル Atom プロセッサ N270
メモリ:1.0GB(PC2-5300 DDR2 533MHz SDRAM)
HDD:160GB(シリアルATA 150MB/s 5400rpm)
マザー:モバイル インテル 945GSE Express+ICH7M
LCD:10.2型 WSVGAカラー液晶 1024×600[約1,677万色]

主要パーツはチップセットが違う程度でソーテックとほぼ同スペック。

バッテリーの保ちやWebカメラではSOTECですが、ブランドとして私が万一購入するならエプソンです。ベアは見た目からはサッパリ判りませんが、仲良しのASUSでしょう。品質にも期待できます。


フロンティア 「FRNU1101/M」


春辺りから長期保証が激高くなってネタにさえしていませんでしたが、これは安い。保証はハナから「3年は無いぞ」と書かれています。潔い(のか?)

フロンティアのミニノート

OS:Microsoft Windows XP Home Edition SP3(OEM版)
CPU:インテル Atom プロセッサー N270 (1.60GHz)
メモリ:1GB PC2-5300(DDR2-667) (1GB x1)
HDD:160GB Serial-ATA
マザー:Intel 945GSE + Intel ICH7M
LCD:10.2インチワイド液晶(1024x600)

エプソンダイレクトと同じ仕様。
マイクロソフト様の規制があるため、このスペックなのでしょう。


細かいところは違いますが価格は大して変わらない。 自分が決めた好きなメーカーで買えばよろしいということです。

先にもリンクしましたが、ネットブック(ミニノート)が良く判らない自称初心者ならば、先にこちらを適度に読んでおくことをおすすめします。

ミニノート(ネットブック)と普通のA4ノートの違いとは? | BTOパソコン.com
https://btopc.jp/select/bto-pc-317.html

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメント(1)

ネットブック29800円は、すごいですね。
ネットブック市場もWinodows7に切り替わることを懸念しての安売りなのでしょうか。Windows7が、Vistaに比べて軽いのは確かのようですが、XPと比べればやはり7の方が重くなってしまうらしいという現状のなかで、7発売後各社どういった動きをするのか、
今後の動向が気になります。

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

パソコン工房

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

初心者や実用重視のPCユーザー向け。デスクトップ以外にノートも多数有り価格と性能のバランスが良く選びやすい。全国に実店舗が多数有るBTO PCメーカー。

マウスコンピューター

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ★★

部品選: ★★★☆☆

パソコン工房と同様に機種が多くノートの取扱も有りゲーム用やクリエイター向けPCも有り。送料が比較的高額なので総額注意。知名度は国内トップクラス。

ドスパラ

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★★ 安保証: ☆☆

部品選: ★★★☆☆

デスクトップPCならパソコン工房とマウス以外にドスパラも見る価値有り。秋葉原に本拠地を構える昔ながらのBTOパソコンメーカーで知名度はマウス並に高い。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆

部品選: ☆☆☆☆

2011年頃から安く無くDELLを選択肢に入れる理由が薄く回線抱き合わせ販売の価格がまぎらわしい。ゲームPCのAlienwareは見た目重視コスパ最悪なので要注意。

日本HP

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安保証: ★★

部品選: ☆☆☆☆

高性能ノート以外は見る価値が薄く高額なLenovoという感じ。早々にWindows 7を捨て8に切り替えたので7が必要なら行っても無駄。2012年後半から迷走中。

TSUKUMO

高性能: ★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★

部品選: ★★☆☆☆

ヤマダ電機による買収後はマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。BTO PCは機種が少なくやや割高。ツクモファンなら選択肢へ。

FRONTIER

高性能: ★★★☆☆ 長保証: ☆☆☆

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ☆☆☆

部品選: ★★☆☆☆

2013年7月に(株)KOUZIROが倒産しヤマダ電機子会社インバースネットが続投。長期保証が消滅。これと言った特徴が無く難点は有れど利点が見当たらない。

サイコム

高性能: ★★★★★ 長保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安保証: ★★★

部品選: ★★★★★

自作しない中~上級者のPCユーザ向け。初心者にはカスタマイズが難しく動かない構成でも購入できるので注意。パーツへのこだわりや知識が有るなら。

※並びはBTOメーカーの知名度の順。大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
ESETセキュリティを勝手に評価

お知らせ


Windows 7サポート終了は2020年1月14日

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。