Google Chrome OSに、中堅PCメーカーが潰される

2009年7月10日

グーグルがChrome(クローム)ブラウザの拡張でOSを発表しました。

Androidをパソコン版にするのかと思いましたが、別モノのようです。
一見、BTOパソコンとは無関係のようですが、これはヤバイ。

Google Japan Blog: Google Chrome OS のご紹介
http://googlejapan.blogspot.com/2009/07/google-chrome-os.html

  • Google Chrome ブラウザを発表してから 9 ヶ月が経過
  • オープンソースの軽量オペレーティング・システム
  • 2010 年後半には Google Chrome OS 搭載ネットブックが市場に登場
  • 非常に高速で軽量の OS を設計中
  • ユーザーエクスペリエンスのほとんどはウェブ上で提供
  • x86 とARM 両方のチップで作動する予定
  • Android とは別の新しいプロジェクト
そんなことはどうでも良いのですが、Googleと言えば無料です。メールやスケジュール、何でも無料で使えますが、これは広告収入によるもの。確かGoogleの収益の90%以上は、さりげない広告です。

どう収益化するのか気になりますが、2行目を見て下さい。オープンソースと書いてあります。ということは、Google Chrome OSを基に技術者達が好き勝手に開発できる環境になるということ。

Windows(Microsoft)は、ドライバを信頼や承認しているだの制限をかけまくり、色んな所から金を取りますが、Googleにはそれがありません。これは、私達が良く使う検索エンジンからも見て取れます。


検索シェア1位と言われているYahooは、検索がYahooの中の一部であり、本体はYahoo.co.jpそのもの。ヤフオクやニュースやメールがはっきりと分かれており、広告も検索以外に枠を買うものがあります。Yahooは検索だけではなく、全体で売っています。

検索シェア2位と言われるGoogleは、検索がGoogleで有り、ニュースや画像検索はその一部。使い易さを追求する技術者集団とも言えます。APIなどを積極的に公開したり、敷居を下げて誰にでも使える技術も提供する「収益は後」の考え方。

シェア1割に満たないと言われるMicrosoftも、最近Live SearchからBingという検索に変わりました。日本ではベータ状態ですが、海外では徐々に利用者が増えている様子。マイクロソフトのやり方は、自社が主役でお前らは付いて来い。


Yahooは一旦無関係としますが、Microsoft(Windows)がGoogle(Chrome OS)にシェアを奪われることで、NEC台頭の終焉を思い出します。PC98様規格で殿様商売していたものが、自由なPC、IBM互換機(DOS/V)に取って代わられました。

これがなぜBTOメーカーがヤバイに繋がるのかは、OEMのうまみです。

OEM(Original Equipment Manufacturer)は、そのメーカー用に作られたOSという名目で格安に仕入れることができます。普通のパッケージが3万するならば、私の予想ですが1万円を切るのでは無いかと。ネットブック(ミニノート)や、中古PC専用のXP(Home)は更に安いと思われます。

私の空想ですが、3万円が1万円としても2万円の差額。DSPがいくら安いと言っても差額1万円以上はあるはずです。この辺りはメーカーの生産数や契約内容によって違うのでしょうけれど、自作より安くなる要因として、この差額が大きいはずです。

インテルやAMDとの契約、パーツなどをバルクで大量に仕入れることも安くなる理由ですが、OEM OSの利益は大きいはずです。2万円の差額として10万円のPCならば20%。そこまでは無いと思いますが、これが事実上の「OS無し」となるわけです。

つづく

今月のオススメBTOパソコン

リンク用ソース

コメントする ※要ユーザ登録&ログイン

BTOパソコンメーカー比較

マウスコンピューター

高性能: ★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★★

初心者: ★★★★★

令和時代の鉄板スタンダードなPC初心者向けメーカー。標準構成のバランス感覚が突出しており、私でさえケチを付けることが滅多にできない。性能の下から上まで幅広く実用的。

パソコン工房

高性能: ★★★★ 保証: ★★

コスパ: ★★★★★ 安定: ★★

初心者: ★★★★

性能とパーツの相場がある程度わかる人なら標準構成が多いのでコスパ重視で選びやすい。同じに見える同じ価格でも仕様の違いがどうなのか判る人には最適。

ドスパラ

高性能: ★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★★

昔はドスパラ=BTOだったけれど最近は普通のパソコンに力を入れておらず、2018-2019年の偽インテルチップ中華SSDの件が未解決なので信用問題的に何とも言えない。

DELL

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★☆☆☆ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

10年以上前まではDELL=初心者向けの安いパソコン、それはもう通用しておりません。クーポン適用後が適正価格だと見抜けるパソコン詳しい人向け、または大人買いで割安になる法人向け。

日本HP

高性能: ★★★☆☆ 保証: ★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★

初心者: ★★★☆☆

コスパと性能以外にも見た目も重視したいならHPのノートも選択肢としてアリ。自社製造状態なのでBTO=ダサい印象は払拭されるかと。デスクトップは法人用、ゲーミングは海外向け。

TSUKUMO

高性能: ★★★★★ 保証: ☆☆

コスパ: ★★★★ 安定: ☆☆

初心者: ☆☆☆☆

昔のマニアックな感は無くなり家電通販のような普通のパソコン屋に。機種が少なく特徴的な少数精鋭状態なので選べる人を選ぶが、それにしても選びにくい。

FRONTIER

高性能: ★★☆☆☆ 保証: ☆☆☆

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ☆☆☆

初心者: ★★★☆☆

フロンティア神代の解散後、現所長のパワハラがひどいとタレコミが複数あり、私から内情を運営会社へ伝えると逆ギレされて私を訴えるぞと謎すぎる返しがあり困惑中。

サイコム

高性能: ★★★★★ 保証: ★★★

コスパ: ★★★☆☆ 安定: ★★★

初心者: ☆☆☆☆☆

PC自作しない中~上級者向け、昔ながらの2chおっさん御用達な鉄板メーカー。動かない構成でも購入できるので初心者にはおすすめ不能。量産系BTOのようにコスパ悪くならないのでサイコムだけは自由なカスタマイズを激しくおすすめ。

※並びはBTOメーカーの知名度の順(暫定)で、大小関わらず信用できない要素があるメーカーは未掲載。

勝手に評価シリーズ

結果として宣伝になっていますが依頼されたわけでは無く、依頼されてもやりません。

データ復旧のIUECを勝手に評価
あなたの街の~を勝手に評価
格安SIMなb-mobileを勝手に評価
格安SIMなLinksMateを勝手に評価

カテゴリと更新通知

プロフィール

ヒツジ先輩

書いてる人:

BTOパソコンの元修理担当。ハードウェアに超詳しいワケではありませんが、どうしたら故障するのか何となく解るので壊れにくいパソコンを紹介します。